欅坂46写真集『21人の未完成』(集英社)志田愛佳・今泉佑唯・米谷奈々未や原田葵も参加

欅坂46

欅坂46ファースト写真集『21人の未完成』が家に送られてきました。卒業を発表した志田愛佳、今泉佑唯、米谷奈々未の3名と学業により休養中の原田葵も参加している正真正銘21人での最後の作品です。

重量も1.1キロとかなりの重さがあるので見るのも大変な写真集ですが重さに耐えながらじっくり楽しんだので一人ずつ振り返りたいと思います。

石森虹花×青山裕企

青山裕企さんといえば10代の制服女子のエロさを表現するのが得意な方で『SCHOOLGIRL COMPLEX』という作品で有名ですね。

そんな青山さんが石森虹花をどう撮影するのか興味がありました。

青山さんが撮影する写真はいつも中学生、高校生の男子が密かに思いを寄せる女の子の何気ない仕草にドキっとさせる感覚があります。普段の虹花にセクシーさを感じるタイプじゃないんだけど、青山さんが撮影するとやっぱりドキドキさせられる。

田舎で見つけたやんちゃな美少女って感じが出ていて僕の好きな虹花を見せてくれました。

今泉佑唯×佐藤佑一

布団にくるまってる今泉のセクシーさは表現しようとするとブログに書けないワードになりそうです(笑)

今泉らしい笑顔と大人の階段を上っていくセクシーさを同時に表現するあたりはさすがですね。

上村莉菜×奥本昭久

もう妖精だよね。織田奈那も「お人形さんにしか見えない」と言っていたのには納得してしまいました。

欅坂46ってクールなイメージが浸透しずぎてるのとメンバーも人見知りなので、アイドルらしいアイドルを演じる子って意外と少ない印象です。でも上村莉菜に関しては渡辺麻友を思わせるようなアイドルのど真ん中を行ってくれるアイドルらしいかわいさを持ってくれる子です。

都会の住宅街という現実感で撮ることで上村の妖精感が強調されています。そして、スタジオに入ってからはメルヘンな上村な印象をそのまま反映した美しさがあって素晴らしい写真の仕上がりですね。

尾関梨香×唐木貴央

尾関は綺麗に撮れてますね。もともと自撮りの写真とかは綺麗に撮るタイプだったので驚きはなかったのですが、プロのカメラマンさんに撮ってもらうと美しい。いつもの元気な尾関と違った表情が見られるのは写真集の見どころですね。

カメラマンさんのコメントに「場の空気を感じながら美しく変化していく」と書いてあったのも分かります。あの表情は撮影していく中でどんどん綺麗になっていって撮影して楽しくなるのが伝わってきました。

織田奈那×佐藤裕之

正直、織田奈那の世界観が一番よく分からなかったなぁ。かっこいい感じに仕上げてはいるんですが、それが織田奈那の良さを引き出しているかと言われると疑問です。

もう少し織田奈那の優しい感じを出した方がおもしろかったのでは??と思ってしまいます。

小池美波×阿部ちづる

みぃちゃんのかわいさ全開って感じのかわいい表情から始まる1枚が最高ですね。変化球を狙わず、かわいさをそのまま表現した写真が好きです。1枚目の写真なんて飛び出してきそうな迫力があります。

ただ風呂場でブラウン系の服で濡れているのはどういう意図があるのでしょう。かわいい服には見えないし、どういう意図があるのか聞いてみたいところです。

小林由依×鈴木心

ゆいぽんを盗撮してるような印象がある作品が並びます。現在ではモデルもやっている子なのでカメラを向ければ表情を作ってくれるのは分かっています。でも逆にカメラに表情を作れてしまうことで自然な表情が撮りづらいって部分もあります。

カメラを意識していない自然な表情を撮るためには勝手に撮っちゃうのが一番。カメラ目線でばっちり決めてるのもいいですが、食事をしたり人力舎で笑っているゆいぽんもいいですね。

齋藤冬優花×LUCKMAN

原色でガンガン攻めてくるのは次に出てくるしーちゃんとは対照的です。

70年代ぐらいの古い印象と逆にそこがオシャレなセンスっていうなんともいえない感覚がいったり来たりします。守屋やふーちゃんを原色の強いカラーで大人っぽさを表現したのは二人の個性からカメラマンが行きついた表情方法なんでしょうね。

緑の三角にハマっている三角ふーちゃんはメンバーにも好評のようです。独特すぎて笑っちゃうんだけど、それはバカにしてるんじゃなくて根底にはかわいくて綺麗で美しいっていうのがあるのは分かってほしいところです。

佐藤詩織×桑島智輝

タイトル「疑似夫婦」とありますが写真を見てると彼女って感じがほうがしっくりきます。

よく笑うしーちゃんらしい笑顔がいっぱい詰まっているのもいいですね。

モノクロの写真も複数載せられていて美大生のしーちゃんらしいおしゃれな写真が多いのも特徴です。実際に美大で撮影していることもあってさながら同じ学校に通っているかのような錯覚を感じることができます。

志田愛佳×細居幸次郎

笑顔の写真が多いですね。カメラマンの細田さんが志田の笑顔に恋してしまったということなのかな。

笑顔の写真が多いせいか雰囲気が活動していたときよりも優しくなった気がします。クールで反抗的な印象が強い志田ですが、それは自分が傷つきやすいことを知っているから防衛本能として警戒しているだけで、この人は攻撃して来ないと分かると話しやすい子だと思います。

そんな志田の親しみやすい部分が表現されている写真集です。これが最後だと思うと寂しくなってしまいますね。またどこかで会えるといいな。

欅坂46志田愛佳が活動休止からの復帰は叶わず卒業をブログで発表!写真集には参加する模様

2018.11.18

菅井友香×三宮幹史

VRという一番謎な世界観だなと思っていたんですが、お嬢様キャラが確立されている彼女の先入観をぶち壊したかったのかなと思います。

完全に犬の着ぐるみを着ていて顔が見えないところもありますね(笑)

着ぐるみのバイトとか絶対お嬢様はやらないだろうし、ハードロック系も彼女のお嬢様キャラとはかけ離れている。そういう普段は見せない一面が見られたという意味でまさにVRでした。

欅坂46菅井友香のwikiやいい人で優しいキャプテンとの評判は本当?ポンコツさも魅力で面白い!

2018.10.27

鈴本美愉×前康輔

鈴本はかっこよく撮ってもらってますね。

一人でたたずむ鈴本のかっこよさと鈴本らしいかわいい笑顔も載っていて鈴本の良さをストレートに表現していますね。「孤高」っていうタイトルもまさしく鈴本を表していてかっこいい。

鈴本に関しては語るよりも眼差しを見てほしいですね。

欅坂46鈴本美愉のwikiとセンターを務めた「サイレントマジョリティー」でのダンス&眼差しに注目!

2018.11.17

長沢菜々香×藤本和典

長沢くんは「ほうじ茶」は最高だよね(笑)

あれはカメラマンさんが「ほうじ茶の看板持って走って」って言ったのか、長沢くんが勝手にほうじ茶を持って走り出したのか気になる。

長沢くんのなーこワールド観が存分に味わえる感覚が最高です。

長沢くんてピカソの絵だったり、現代アートみたいになんかよくわからないけど、心に刺さってきて病みつきになってしまうっていう感覚が写真集からも伝わってきますね。ほんとほうじ茶最高(笑)

長濱ねる×新津保建秀

ねるは録音部の少女。

なぜ録音部なのだろうと考えていたのですが、そこを考えても答えは出なくてねるが持つ独特のこだわりある世界観を表現したかったのかなと思いました。

新津保さんが巻末のコメントで「きっと親御さんに大切に育てられたのだろう。だから彼女の食事の所作は美しい」と書いてるんですよ。

かわいい子だし壁を感じるような感じもない。どこか品格があって美しい。男としても安易に手を出せない感じがする。それはクラスにいる今すぐにでも手が届きそうな感覚を感じさせながらヘッドホンをして録音をしているという現実世界を拒絶している手の届かない存在を感じさせるというバランスが絶妙でした。

土生瑞穂×伊藤彰紀

一人だけ別世界というか、どこのファッション雑誌だよって言いたくなるぐらいのレベルの写真ばかりです。もともと綺麗な子なのは分かっていたしモデルとして活動しているのも知ってましたけど、土生ちゃんの本気を見せられた気がしました。

感想が「すげーな」っていう言葉しか出てこないですね。かつてフロントメンバーに選ばれたときに自信がないとうつむいていた子が、モデルという活動の場を見つけたことでこんなにも自信に満ち溢れて表情を見せられるようになるのかと、その成長に驚きました。とにかく色っぽいしセクシーだし、かっこいいです。

原田葵×熊木優

現在、大学受験のため欅坂46の活動をお休みしている原田葵も登場しています。原田葵といえば小学生にしか見えないといういじられ方をするぐらい幼く見えることでお馴染みですが、白いドレスで見上げる写真は「綺麗になったなぁ」と思ってしまいました。

ちょっと見ない間に大人になったなって親戚のオッサンかっていうね(笑)

写真集とはいえ元気な姿が見られるだけで嬉しいもんです。大学受験もいよいよ追い込みの時期に迫ってきているので、勉強がんばってください。

平手友梨奈×神藤剛

平手を撮影しようと考えたときに彼女の持つミステリアスな部分を表現したいと思いますよね。無理やり作ったような笑顔よりもどこか寂しそうで孤独を感じているようなせつない表情の魅力を表現したい。

撮影した場所は渋谷。

欅坂46のデビュー曲『サイレントマジョリティー』のMVも渋谷ということもあって欅坂46にとって渋谷は特別な場所です。都会のど真ん中で17歳の女の子がいっぱい集まっている場所なのにどこか浮いている。不思議ですね。

欅坂46のセンターとしてはその浮いた感じが独特の味を感じさせるわけですが、17歳の女の子が渋谷の街で孤独を感じるって違和感がおもしろいなと思って見てしまいました。

そして海に入って濡れているのもいいですね。

自分がカメラマンだとしたときに平手友梨奈が心を開いてくれるか分からないなと思うじゃないですか。そういうときは海とか、高いところから落ちるとか、そういう不安定なところで撮ることで自然な表情を引き出したいと考えます。

結果的にそんなに意外性のあるものは採用されてないですけどね。濡れてる女の子って妙にセクシーなので僕は好きな写真でした。

映画『響』主演の欅坂46平手友梨奈は鮎喰響に改名?欠落こそが物語をおもしろくする

2018.10.28

欅坂46平手友梨奈は神経質で笑わない?『欅って、書けない?』復帰収録で見せた小林由依の優しさ

2018.10.28

守屋茜×中村昇

守屋を撮るなら大人っぽい写真を撮りたいですね。赤リップだったり、原色の派手な服も似合いそうだという見る前までの自分の予想でした。

中村昇さんも大人っぽい守屋の魅力を引き出したいっていう思いは一緒だったようですね。

守屋のことだからシャッターを切ってれば勝手にいろんなポーズや表情を見せてくれると思うので撮ること自体は難しくないと思います。あとは彼女がその気になれる雰囲気を作ってあげて、カメラマンがいろいろやろうとしすぎて邪魔しないってことぐらいじゃないかな。セクシーな路線で撮るだろうなと思っていたので期待通りの写真が見られて満足です。

米谷奈々未×寺田茉布

21人の写真集の中で米さんの写真が一番好きです。米さんのいいところが詰まってます。

まず白い世界で統一されているところの清楚感と美しい。

そして米さんの純朴な感じが表現されているところがすごい。というのも、米さんて誰もが認める超絶美少女ってタイプじゃない。でも「俺は好きだけどね」って言いたい男もいるタイプのかわいさがあって、「もしかしてこのかわいさに気づいてるのって俺だけじゃね」みたいに勘違いしたくなるタイプです。

そんな素朴な感じがある米さんが見せる露出多めの服装とか、メガネ越しに見つめる瞳とか、ドキっとさせられる瞬間があって、え!これが米さん!て言いたくなる感覚があります。

もう卒業してしまうので握手会で会うことはできませんが、写真集が抜群によかったという感想だけはどこかで届けたいなと思います。

渡辺梨加×中村和孝

梨加の写真集といえば『饒舌な眼差し』です。

梨加はけやかけでも全然喋られない無口なキャラでお馴染みですが、カメラを見つめる眼差しを見ていると何かを語るのに言葉なんていらないんだなと思ってしまいます。見つめられただけで参りましたと言いたくなるメデューサのような力があります。

後半に出てくる赤い服の写真は一瞬まゆゆに見えました。髪をアップにするのも結構合いますね。

渡邉理佐×マチェイ・クーチャ

理佐を担当したのは外国人カメラマン。撮影現場でも英語が飛び交っていたといいます。

外国人だからなのか他のカメラマンさんと写真の仕上がりが全然違います。フィルムカメラで撮ったような味がありますね。どうやって撮ってるのか気になる。

モデルもやっている理佐なので美しく撮れるのは当然として、1枚目の見開きのページのように思いっきり引いて撮ったり、めっちゃ顔のアップにしたり迷いがない思いっきりの良さがすごい。

あのオシャレさは、美人を撮るときはこうやって撮るんだよって教えられたような感覚があって勉強になりました。

まとめ

長らく21人で活動してきた欅坂46に卒業メンバーが出てきた中で、21人体制の最後に21人で写真集を出せることには大きな意味があります。

休養していた志田愛佳と原田葵もよく参加してくれました。その中の誰が欠けても21人の欅坂46ではなかったことを考えると永久保存版ですね。

21人はけして記憶から消えることはありませんが、写真集という形で残せたことに感謝して大切にしていきたいと思います。志田も参加してくれてありがとう(*^▽^*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。