坂道研修生ツアーin東京セトリandライブレポート リーダー的存在の京都府出身弓木奈於と泣き虫美少女森本茉莉に注目!

初心者

11月13日(水)にZepp DiverCity(TOKYO)で行われた坂道研修生ツアーを見てきました。

情報といえば坂道研修生公式HPで公開されている動画、雑誌でのインタビュー記事、そして先日配信されたSHOWROOM配信ぐらいなものでメンバーの詳細についてはほとんど公開されていません。

そのため会場の多くの方がほぼ事前情報なしで彼女たちを見ることになります。

自分も雑誌『BRODY』で予習はしましたが、名前と顔が一致するのは数名しかいませんでした。

いったいどんな子たちなのか期待と少しの心配を抱えながら開演を待ちます。

坂道研修生とは

「坂道研修生」というワードを当たり前のように使ってきましたが、坂道グループに詳しくない方は「そもそも坂道研修生とはなんや??」と思われている方もいるかもしれません。

2018年に乃木坂46・欅坂46・けやき坂46(現 日向坂46)の3グループ合同で開催されたオーディション。応募者数129,182人という超難関オーディションとなりました。

すでに3グループに配属が決まっているメンバーは1年前から活動を開始していますが、いまだ配属先が決まっていない15名のメンバーがいます。

その配属先が決まっていない15名のことを坂道研修生という言い方をしているのです。

ライブの流れとセットリスト

ライブの流れとしては、乃木坂46のOvertureで始まり弓木さんセンターバージョンの『制服のマネキン』からスタート。

最初の3曲が終わると自己紹介を兼ねた自己PRタイムとなり、さながらお見立て会のような感じです。

MCでは弓木さんを中心にライブの感想を聞いたり、セクシーひとことコーナーなど企画物にも挑戦。

弓木:先輩たちも乗り越えてきたセクシーひとことに挑戦

なんて言ってましたが、日向坂46では恒例企画とはいえ他のグループは恒例ではないような(;^_^A

まぁ細かいことはいいか。

セクシーひとことのお題は「ゆりかもめ」とか用意されたものだったんですが、日向坂46の流れを汲むなら「タルタルチキン」「初ガツオ」、乃木坂46の流れでいえば「うっふん♪」でしょう。

お題は先輩たちが挑戦したもので見てみたい気もしました。

まだライブ経験も少ないということで、あまり連続して踊る体力がないという判断もあってか3曲やってMC、3曲やってMCという感じで進んでいきます。

ライブでは王道曲15曲をやって、お見立て会、そして企画物にも挑戦という詰め込んだ内容だっただけにメンバーも大変だったと思います。そんな中でよくがんばってくれました。

【セットリスト】

0.Overture

1.制服のマネキン(乃)
2.サイレントマジョリティー(欅)
3.キュン(日)
4.世界には愛しかない(欅)
5.ドレミソラシド(日)
6.キツネ(日)
7.裸足でSummer(乃)
8.命は美しい(乃)
9.アンビバレント(欅)
10.二人セゾン(欅)
11.風に吹かれても(欅)
12.インフルエンサー(乃)
13.誰よりも高く跳べ!(日)
14.NO WAR in the future(日)
15.ガールズルール(乃)

アンコール:二人セゾン(欅)

15名のメンバーが楽曲ごとにセンターを交代しながら15曲を披露してくれました。

メジャーな曲が多いこともあって、どのグループを推している人であっても知っている曲ばかりで沸きやすいですね。
特に後半の『風に吹かれても』から『ガールズルール』までの5曲は会場内爆沸でした。

見たい曲は全部やってくれた。そんな感じがする盛りだくさんなセトリとなりました。

【『BRODY』は坂道研修生についてもっと知りたい方は必読の書】

坂道研修生プロフィールと注目メンバーを紹介

弓木奈於(ゆみきなお)

生年月日:1999年2月3日

星座:みずがめ座

身長:165cm

出身地:京都府

血液型:A型

好きな食べ物:タコ、芋けんぴ

自分の好きなところ:ビックリされるぐらいよく笑うところ

特技:バスケットボール、水泳、料理

自分の嫌いなところ:嫌いなところがいっぱいあること

自分を動物に例えると:ミーアキャット

夢:親族に立派な姿を見せること

部活:バスケットボール

メンバー内では最年長となる20歳、京都府出身の弓木奈於ちゃんです。最年長ということもあってかMCでは常に進行役を務めていてリーダー的存在。

7人姉弟の次女という大家族に生まれた彼女は家族内でもお姉ちゃんなんですね。

人見知りでコミュニケーションを取ることが苦手ということもあって「アイドルなんて向いてない」と言われるのが怖くてずっとオーディションを受けられなかったといいます。そんなときにお母さんからオーディションを勧められて受けることを決断します。

一度もアイドルになりたいなんて言っていなくても親はお見通しだったようです。

大家族ということもあってか家計を心配して中学生では特待生になれるようにがんばっていたというので頭もよさそうです。たしかに振る舞いや存在感からも品格を感じます。

あまり人前で話すのが得意ではないことに加えて緊張感もあったので言葉に詰まるシーンは多々ありましたが、最初はそんなもんでしょ。経験さえ積めば自然と解消されると思います。

最年長だからリーダーというよりも人間的な魅力があったからこそリーダー的なポジションを任されているのでしょう。

この子ならどのグループに配属されたとしてもがんばれる気がしました。

森本茉莉(もりもとまりぃ)

生年月日:2004年2月23日

星座:うお座

身長:160cm

出身地:東京都

血液型:A型

自分を動物に例えると:コアラ

好きな食べ物:スイカ、牛タン、ソフトクリーム

自分の好きなところは:苦手意識を持たないこと

自分の嫌いなところは:几帳面すぎるところ

特技:料理、犬の遠吠え

夢:モデル、声を使った仕事

最近のマイブーム:ペットショップのホームページを見ること(特に見るのはボーダーコリーと柴犬)

部活:チアリーディング

推しメン:齋藤飛鳥、向井葉月、与田祐希

名前は「まりぃ」で最後の文字は小文字です。

お母さんのお腹にいるときにお父さんがパリに転勤することになって海外でも呼びやすい名前にしたということです。乃木坂46での推しメンは向井葉月、与田祐希、齋藤飛鳥ということで乃木坂志望ですね。

今回のメンバーは全体的に乃木坂推しの子が多いようです。

個人的には欅坂46か日向坂46に来てくれると助かるんですが(;^_^A

縦撮り動画や写真ではそこまでピンとくるものがなかった子なのに現場で見たらめっちゃ美少女ですよ。たまたま後ろで見ていた人も同じ印象を持ったようで「この子はかわいい!」と言っていたので、勝手に共感してしました(笑)

MCでは、言葉に詰まり泣き出してしまうシーンもありました。

また泣き顔が美しい子なんですよ。アイドルとして1年もしたら垢抜けて相当な美人になっている可能性を感じる子でした。

ど真ん中の美少女となると乃木坂っぽい印象もありますが、欅か日向に来てくれることを願っています。

佐藤璃果(さとうりか)

生年月日:2001年8月9日

星座:しし座

身長:158cm

出身地:岩手県

血液型:B型

自分の好きなところ:負けず嫌いなところ

自分の嫌いなところ:ネガティブなところ

チャームポイント:ほっぺた、小さすぎる口

自分をモノに例えると:風

特技:トランペット、ピアノ

夢:100年後も誰かの記憶に残っていられる人になること

推しメン:島崎遥香(元AKB48)、西野七瀬(元乃木坂46)、久保史緒里(乃木坂46)、渡辺梨加(欅坂46)、長濱ねる(元欅坂46)、河田陽菜(日向坂46)、金村美玖(日向坂46)

長濱ねると元SKE48の松村香織を足して割ったような顔立ちの佐藤さん。ねるはいいとして香織は爆弾娘なのでちょっと心配(;^ω^)

実際にMCで話したところを見るとねるのようなおっとりした感じでも、香織のような甘ったるい感じでもなく結構ハッキリ喋るのが印象的。

自己PRではピアノでの弾き語りを披露してくれました。緊張していると手が震えるので指先の繊細な動きは難しそうですが、見事に弾いてくれました。

感想を求められると「ステージに立てることは当たり前なことじゃない」と研修生期間を経て、ようやくチャンスをもらえたことへの感謝と価値をちゃんと認識しているところからも知性を感じます。

夢が「100年後も誰かの記憶に残っていられる人になること」というのもおもしろいですね。

運動神経が悪く50m12秒という圧倒的な鈍足ぶりなので、加入後の体力測定企画が楽しみになってしまうタイプです。

BRODYの表紙でもフロントセンターで写っていることからも運営の期待値は高い子だと思います。

林瑠奈(はやしるな)

生年月日:2003年10月2日

星座:てんびん座

身長:163cm

出身地:神奈川県

血液型:O型

チャームポイント:ほっぺた

好きな食べ物:トマト、オムライス

自分をモノに例えると:電子レンジ

特技:白目

自分の好きなところ:誰にでも同じ態度で話せるところ

推しメン:松村沙友里(乃木坂46)

趣味:ボーイスカウト

部活:美術部(あまり出席せず、競技かるたをがんばっていた)

緊張しているのか雑誌の写真は表情が硬く、パフォーマンス中の表情においても課題になってきそうです。

そんな林さんですが自己PRタイムになると歌いながら積分を解くというすごい特技を披露。答えが884(はやし)で終わる問題であったことが分かってさらに驚いたわけですが、そもそも中間の計算式が全く分からないので合ってるのか分からない(;^ω^)

まぁ事前に用意していた問題でしょうから答えは合ってるんでしょうね。答えはともかくとして頭がいい子であることは伝わってきました。

そして歌いながら解く必要ってあるのか??と思いながら聞いていたら歌声がまた透明感があっていいんですよ。

歌唱力の面でも魅力を感じる子でした。あの歌声は早い段階から戦力になってくれそうです。

MCでは「感謝を伝えたい人がいるんです」と語り、メンバー14人全員に感謝の言葉を伝えてくれました。泣き出してしまうメンバーがいるほど感動的なシーンであると同時に、個々のメンバーに違うコメントをできるだけの知性も感じた瞬間でした。

松尾美佑(まつおみゆ)

生年月日:2004年1月3日

星座:やぎ座

身長:165cm

出身地:千葉県

血液型:O型

好きな食べ物:梨

自分の好きなところ:コツコツ努力できるところ

特技:タンブリング

自分をモノに例えると:木

最近のマイブーム:日記を書くこと

部活:チアリーディング

欅坂46の松田里奈に似ているなというのが第一印象でした。松田里奈も明るくて人望のある子なので似ているというだけで好印象なのですが、ライブでのパフォーマンスを見ると表情が明るくて体を動かしているときのほうが輝くタイプということでさらに印象はよくなりました。

ステージでの表情がいいのはチアリーディング部で週6日練習していたということで人前に立つという経験が多いからなのかもしれません。

体育会系でがんばってきたというだけあってオーディション同期のメンバーがステージに立つ姿を見て負けず嫌いな気持ちに火がついたというのだから気持ちが強い子ですね。

自己PRでも見せてくれたタンブリングというバク転などの連続技はすごい特技です。

明るくて根性があってルックス的にもかわいい子だと思うのでアイドルは向いてるタイプだと思います。

増本綺良(ますもときら)

生年月日:2002年1月12日

星座:やぎ座

身長:157cm

出身地:兵庫県

血液型:A型

好きな食べ物:塩コショウ、カレーライス

嫌いな食べ物:なすび

特技:ルービックキューブ

自分の好きなところ:ポジティブなところ

自分をモノに例えると:草むらで一本だけ激しく揺れている草

夢:人の支えになるような人になること

推しメン:大園桃子(乃木坂46)

趣味:YouTubeで修理系の動画やゲーム実況を見ること

部活:吹奏楽部

この子は佐藤璃果さん、森本茉莉さんと並ぶ全体のセンター候補の1人だと思います。

自己PRで披露したルービックキューブを時間内に完成させたり、セクシーひとこと企画でも自ら率先してやるなど観衆の前でも動じない度胸を感じる子です。

当然経験が浅いので緊張感は伝わってきますが、ステージ経験を積めば自然と解消されるタイプだと思うのでグループとしても重宝したい子です。

兵庫県出身ということでインタビュー記事でもしっかり話にオチを用意してくるあたりも頭がいいですよ。ルックス的にもかわいい子なのでドラフトなら1位で消えるタイプの子であることは間違いありません。

課題をあげるとすればダンスでしょうか。でもデビューライブとすればよくがんばったほうだと思います。

アイドルとしてのポテンシャルは高い子なので期待しています。

遠藤光莉(えんどうひかり)

生年月日:1999年4月17日

星座:おひつじ座

身長:164cm

出身地:神奈川県

血液型:A型

好きな食べ物:稲庭うどん

自分を動物に例えると:キリン

特技:ダンス

マイブーム:和菓子屋さんを巡ること

自分の嫌いなところ:考えすぎるところ

自分の好きなところ:直感力

自分をモノに例えると:えんぴつ

夢:モデル

推しメン:生駒里奈(元乃木坂46)、桜井玲香(元乃木坂46)、伊藤万理華(元乃木坂46)

ダンスが特技ということで自己PRタイムでもダンスを披露してくれたのが遠藤さん。

印象的なのはダンスになると表情が一変するところです。曲が始まってダンスを始めるとスイッチが入った感じが分かります。やっぱりダンスには自信があるというだけあって見ていても自信が伝わってくるんです。

ダンスではチームが日本3位以内に入り世界大会に出場したということですが本人は補欠だったとか。ただ補欠とはいえダンスチームのレベルは相当なものでしょうから、その一員でいたということ自体がすごいこと。

反対に喋るのは苦手と語っています。

たしかにMCで感想を求められると詰まってしまうシーンもありましたが、しっかりと自分の言葉で伝えてくれたのでそれほど気になりませんでした。

ダンスといえば遠藤光莉と覚えておきましょう。

アイドルの原点を見たライブ

ライブを見ながら「この子たちは1年間何を思って過ごしてきたのだろう」と考えながら見ていました。多くのメンバーが語った「ステージに立てることは当たり前じゃない」という言葉。

1年前、合格という通知をもらいながらも配属することができず、一切メディアに出るチャンスを与えられずレッスンばかりの日々。

同期の配属されたメンバーがステージ上で輝く姿を見ていたら不安や悔しさといった感情を持ったことも一度や二度ではないでしょう。

それでも腐らずにがんばってようやく掴んだツアーというチャンス。活動の場所をもらえることのありがたさを誰もが分かっているようでした。

けしてダンスが抜群にうまいという感じではありませんが、ヘタな子もがんばって練習してきたのは伝わってきます。だから全体の調和を乱すようなヘタさを感じる子はいません。

普通の女の子が努力を重ねて必死になってがんばる姿を見せて観客の心に届けるって本当にアイドルの原点だと思うんです。ダンスレベルとか、表現力とかは配属されてから考えればいいことであって今は一生懸命やるだけじゃないですか。

緊張しながらも途中に笑顔が見えるときがあります。その表情は意識的に笑顔にしようと思って見せているわけではなく、楽しくて笑顔がこぼれてしまうような自然と溢れた笑顔なんです。

夢に見ていたアイドルになって大観衆の前でステージに立てていることの喜びを感じている。曲を重ねるごとにメンバーの表情が明るくなっていくのは見ている私たちも嬉しくなりました。

クオリティだけが全てではない。一生懸命頑張ることの素晴らしさを教えてくれたライブでした。

まとめ

もし彼女たちも意中のグループに配属させるとなるとほとんどが乃木坂46になってしまうので今回は必ずしも意中のグループとはならない気がします。しかし研修生として1年間メディアにも出られずにがんばってきた彼女たちにとってはどのグループに配属されても嬉しいと思うんですよ。

だから欅坂46や日向坂46への配属も彼女たちなら受け入れるのではないでしょうか。

研修生で第4の坂道(吉本坂46を除く)結成という展開もあるのかもしれませんが、それは秋元さんしか分からないわけでなんとも言えません。

少なくとも今回のライブを通して坂道研修生ツアーは最高のライブだったと感じられたことは収穫でした。セトリも激熱でしたし、自己PRを含めて個性も見える構成になっていて研修生を印象付けるには十分なイベントとなりました。

弓木ちゃんをリーダー的な存在として15名がまとまっていました。この研修生だけで新たなグループを作ってもいいんじゃないかと思えるような一体感を感じたんです。

このグループが離れ離れになってしまうのも寂しいなぁなんて思ってしまうほど研修生15人に愛着がわいてしまうのだから彼女たちの勝ちですね。

研修生のライブと聞いて仕上がりに疑問を感じながらの参戦でしたが大満足のイベントとなりました。

初心者

坂道研修生ツアーin東京プロフィール&ライブレポートVol.2 幸阪茉里乃は欅坂46森田ひかるに似てる?

2019.11.26
坂道研修生

坂道研修生の配属先が決定!乃木坂46・欅坂46・日向坂46加入メンバーをレポート

2020.02.16
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。