欅坂46『黒い羊』MV解禁!ストーリーの意味の考察とセンター平手友梨奈演じる僕について

欅坂46

欅坂46の8枚目シングル『黒い羊』のMVが2月1日に公開されました。

メンバーがMVを見て泣いたと言っていたことやとにかく早く見てほしいと自信を見せていたことからファンも期待して待っていたわけですが、歌詞の世界観同様に重厚なストーリーに仕上がっていますね。Twitterでもそれぞれの解釈があるように何度も見返しながらMVに込められた意味を考察していくのも楽しいものです。

解釈に正解はありませんが、自分もMVから感じ取った意味をまとめていきたいと思います。

欅坂46『黒い羊』MVの意味を考察する

0:13~自殺の現場に群がるマスコミと野次馬

ピアノのイントロから始まりMV0:13~始まる飛び降り自殺と思われる現場。

遺体があった場所には体の形のままマーキングされており周りには赤い花らしきものが見えます。そしてその直後に彼岸花を持ちながら現場を見つめる僕(=平手友梨奈)の姿が映されます。

MVを最後まで見ると分かりますが、冒頭のシーンは僕はもうすでに死んでいてMVで繰り広げられるストーリーは僕の死後の世界と見てとることができます。

アイドルのMVの始まりが死を表現していることも斬新ですが、それ以上にただ単純に死を表現するだけでなく僕の死もマスコミにとっては話題性のあるいいネタの一つでしかなく、周りに群がってきた人もなんだか楽しそうに見えます。

結局僕の死などその程度のものだったのか・・・と眺める僕。

ある意味、マスコミによって成り立っているともいえるアイドルがマスコミを皮肉も込めながら表現してくるあたりに欅坂46のアイドルらしからぬロックを感じる始まりです。

0:25~社会の常識に染まれない黒い羊

0:25~はケンカをしたり、警察に捕まったり、いじめられたり、無気力になっていたり、そんな感情の振れ幅が表現されているシーンです。

親に勉強しろとばかり言われて「もうそういうのウンザリなんだよ」って言っているように見えるのは尾関かな。

しーちゃん(佐藤詩織)が警察とやりあっているのは街中でケンカでもしたのか補導されたのか。「やめろって言ってんだよ。触んなよ」と叫ぶしーちゃんに「うるさい。黙って座ってろ」と強引にねじ伏せられているようにも見える。

1つずつは数秒のカットでもそこから想像される物語はいくらでも浮かんできます。

ただこれは1つずつの細かい意味を紐解いていくよりも全体を見て黒い羊になってしまった者を表現していると捉えてほうがよさそうです。「黒い羊」とは「はみだしもの、のけ者」といった意味で、優等生であることが求められる社会からはみ出してしまった黒い羊たちが登場します。

1:08~他人を干渉する僕

1:08~僕は彼岸花を片手に病院で今まさに大切な人が亡くなってしまった家族に対して手を差し伸べます。ここはゆっかーかな(菅井友香)。次にスカジャンを着ているしーちゃん。

どちらも最後には突き放されています。

見ていて「そりゃそうだ」と思ったんですよ。僕は救いの手を差し伸べたつもりなのかもしれませんが、いったいあなたに何が分かると言うの。分かったような顔しないでよって思われるのがオチだと思ったからです。

次にゆいぽんのところではいじめている女たちを突きとばしたり、オッサンに絡まれている理佐を助けたり、より積極的に干渉していきます。

この僕が苦しんでいる子たちを積極的に助けようと干渉していくのは『黒い羊』の歌詞からすると意外に感じました。

反対が僕だけならいっそ無視すればいいんだ

みんなから説得される方が居心地悪くなる

と歌っているのだから僕は他人の人生に介入していくようなタイプではないと思っていたんです。それがむしろ僕が苦しむ子たちから「私のことなんかほっといてよ」と突き放されているような表現をしています。

僕のことなんか無視してくれていいんだ!と言いながら僕は苦しむ子を抱きしめる。そうか、無視すればいいなんて言ってたけど本当は抱きしめてほしかったんだね。愛してほしかったんだね。そんな気持ちにさせてくれるシーンです。

1:55~社会のヒエラルキーを表現

階段をゆっくりと降りてくるねる。スーツ姿の女性が片手に持った紙を見つめている姿はそれだけで絶望を感じさせます。封筒と紙を持った右手は力が入っているせいか曲がってしまっていることから憎しみや怒りといった感情も伝わってくるシーンです。

そして階段の左側には腕組みをして見下す男とうつむきながらも並んでいる男女。資本主義社会の成功者と脱落者といったようなものを見せることで「社会的弱者=黒い羊」といった表現になっています。

ねるは比較的分かりやすいんですが、長沢君と鈴本の無感情な表現というのはちょっと分かりにくかったところです。

あと階段の一番上にいるのはぺーちゃん(渡辺梨加)ですよね。エキストラ並にあっさり通り過ぎたので最初分かりませんでした(;^ω^)

2:23~幸せな家族と不幸な家族との対比

誕生日かクリスマスを楽しそうにお祝いする幸せな家族を映した直後に見えるのは、写真の前にたたずむ若い夫婦と見られる二人。おそらくこの夫婦の子供は幼くして亡くなってしまったんでしょう。

このシーンを初めて見たときに、この不幸の象徴のように映される夫婦を表現するのは物語の世界観からして理解できるとして、あえてその前に幸せそうな家庭を見せることで不幸の象徴というよりも残酷さのほうが痛烈に伝わってきます。

そしてその後の「全部僕のせいだ」の直前に警備員らしき男たちを通り抜ける僕は、罵声を浴びせられて頭を抱えてしまっています。

実際に何か叱責されるようなことをしてしまったわけでもないでしょう。でも自分とは関係ないことまで全部僕のせいだと受け止めてしまって苦しんでいる僕。胸が締め付けられるような苦しさを感じました。

2:57~光に向かう先には何があるのか

2:41~始まるサビの部分では、それまでの登場人物と僕が一緒に踊ります。

そして2:57~光に向かっていく僕を理佐とみぃちゃんが止めています。ここだけを見ると僕は「そっちに行っちゃダメだ。」と誰かを救うために必死になっているところを、余計なことをするなと止められているようにも見えます。

でもその数秒後にはみんなが光に向かって走り出して、途中で転んでしまったゆいぽんを僕は助けてあげます。そうするとやっぱり光の先にあるのは希望なのか。見方によっては光に向かって逃げているようにも見えて、みんなが先に行ってしまった後の僕は苦しさ、寂しさ、孤独といった感情を表現しているように見えます。

ちょっとここは解釈が難しいシーンでした。

3:23~子供から渡される彼岸花

ここで気になるのは、僕と子供が同じ格好をしているんですよ。これって幼少期の僕が今の僕に救いの花を差し出しているようにも見えます。しかし、さすがにいくら平手がボーイッシュとはいえ女性である平手の幼少期を男の子で表現するだろうかと思ってしまうところもあって「僕=子供」なのかは迷うところです。

そしてもう一つは、僕と子供が同一人物だとするならば、この子供ってさっき幸せそうに家族と一緒にケーキを囲んでいたいた子です。あのときの子供と僕に花を渡している子供がリンクしているとするならば、亡くなってしまった僕の理想がケーキを囲んで幸せにすごす家庭だったということでしょう。

3:56~僕と抱き合うメンバー

僕に抱きしめられることを拒んでいた子たちが次々と僕からの愛を受け止め始めます。

特にしーちゃんと抱き合っているシーンは感情が伝わる映像に仕上がっています。しーちゃんの表情を見ても本当は抱きしめられたかったわけでしょ。なんでももっと早く来てくれなかったのって言ってるような表情にも見えてきて、結局足りないものは愛だったのだと分かります。

おせっかいにも見える僕の干渉もここまで来ると必要なことだと気づきます。

4:44~白い羊の中で悪目立ちする黒い羊

自らの真実を捨て 白い羊のふりをするものよ

から始まる部分は平手友梨奈オンステージといったところ。2017年のFNS歌謡祭で平井堅と共演したときの『ノンフィクション』を思い出させるシーンです。

感情を失ったような目で見つめる白い羊たちの中でもがき苦しむ僕。

彼岸花を胸に抱き、うずくまりながら見つめる先は飛び降り自殺へと繋がるのでしょうか。

もしそうだとするならばこの物語はエンドレスにループすることになります。

白い羊の中で黒い羊でいようとすることの行き先には死が待っているのでしょうか。

いや、僕はこの先には死が待っていると分かっていながら悪目立ちしてでも苦しむ者を救おうとしたからこそ、あんなにも他人に干渉したのでしょうか。

僕は愛されたかったんだ

おそらく僕はすでに死んでいて、僕である平手は亡霊のような存在です。

僕は苦しむ人を救うための方法として強く抱きしめるという行動をとっています。抱きしめるという行動は愛の表現ですから僕は生きているときにもっと愛してほしかった。抱きしめてほしかった。言葉では無視してくれたほうがいいなんて言っても本当はもっと愛されたかった。

僕が感じることができなかった愛をもって苦しむ子を救おうとした姿は、切なくもあり、どこかかっこよくもあり、一つの感情では表現しきれない複雑な感情が入り乱れます。

全部僕のせいじゃない

最後に、僕はなぜ「全部僕のせいだ」と背負い込んでしまったのかと考えました。

はっきりいってMVに流れている出来事は僕一人の力ではどうすることもできないことばかりです。むしろ全部僕のせいじゃないとも言えます。黒い羊になってしまっているメンバーを救えないのは僕のせいじゃないんだと訴えたくなります。

でも平手友梨奈って子は、自分の力が及ばないものであっても全部僕のせいだと受け取ってしまうような子なのかもしれないなと思ったら少し腑に落ちてきました。豊かすぎる感受性があるからこそ天才的な表現ができる反面、脆さも表裏一体で兼ね備えている。

そんなに抱え込んだら疲れちゃうだろと言いたくなりますが、気にしないってことができないタイプでしょうからそれこそ余計な言葉になってしまいそうです。

『黒い羊』が表現しているものが絶望ではなく愛であるのならば、それがこのMVが見せた救いなのかもしれません。

↓↓考察の続編はこちらです。

欅坂46『黒い羊』MV考察Vol.2 センター平手友梨奈は生きている?意味を徹底解釈

2019.02.03

欅坂46『黒い羊』MV考察Vol.3 齋藤冬優花と小池美波がブログで明かした役柄の裏設定!

2019.02.03

欅坂46『黒い羊』MV考察Vol.6 小林由依がブログで解説!キャプテン菅井友香は白い羊?

2019.02.10
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2 件のコメント

  • はじめまして。欅坂46はふだんあまり聞かないのですが今回の新曲で少し興味を持ちました。

    長沢さん、鈴本さんはたぶん児童虐待かネグレクトかと思います。
    後ろに赤ちゃんの人形と鎖があったので育児に縛られて感情を失ってしまった女性かなと思いました。

    • コメントありがとうございます。

      なるほど!子供の人形と一緒に二人が出てくるので虐待の線は納得です(^-^)/

      ストーリー性があるMVなのでそれぞれの解釈があっておもしろいですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。