欅坂46センター平手友梨奈の好きなところはどこ?てちが人気の理由や魅力10選!

欅坂46

2018年も残りわずかとなってきました。年末ということで毎週末は忘年会に行かれる方も多いはず。昨日自分もアイドルヲタクとの忘年会に参加してきたのですが、そのときに欅坂46平手友梨奈の話題になってどんなところが好きなのかを語ろうとしたのですが意外とこれが難しい。

でも推してる子の魅力を語れないというのもどうかと思うので改めて平手友梨奈の魅力を考えていきましょう。

欅坂46平手友梨奈の魅力を語るのは難しい

忘年会をやったヲタク仲間と一緒に楽しんでいた現場に最近は行ってないもので「最近はヲタクしてないんですか?」と聞かれたときに「最近は欅坂46ばっかりですね」と答えて推している平手友梨奈の話をすると「この前の歌番組のパフォーマンスもキレが悪かったし、精神的にも不安定だし、人見知りで社交性はないし、応援する方も大変ですよ(笑)」といったマイナスな部分ばかり言ってしまいました。自分で言っておきながら言うのもなんですが、よくこれで推してるな(;^ω^)と思ってしまいます。

もともと僕はSKE48の須田亜香里という子が好きで、とにかく負けず嫌い。劇場公演も握手会も絶対に手を抜かないでファンの前では笑顔でいる。そんな姿が好きで応援していて2018年のAKB48選抜総選挙では2位にまで躍進しました。

次に先日卒業した仮面女子の立花あんなです。この子もいつも笑顔でファンの前で弱音を吐くことは絶対にありませんでした。パフォーマンスは常に安定していてファンを心配させるようなこともない。体調不良で休むこともない絶対的なセンターとして仮面女子を長年支えてきた鉄人アイドルです。

ルックス的に好みであるというのはもちろんですが、多くのファンに認められる人間性に惹かれて応援してきた2人です。

この2人に比べると平手友梨奈は真逆のタイプです。そもそも笑顔を見せることはあまりないし、体調も不安定。パフォーマンスだってその日によって仕上がりが全然違うほどムラがあるタイプです。だから、平手友梨奈を好きなことはたしかなんだけど、いざどこが好きなの?なんで人気なの?って聞かれるととっさには出てこない。それこそルックスだけを見るなら僕は理佐(渡邉理佐)のほうが好みですからね(;^ω^)

ただ前提として自分で平手のことを悪く言うのはありですが、他人に言われるのはアウトですよ。そりゃ当然。う~ん、でも推してる子の魅力をスラスラ言えないのもどうかと思うので考えてみました。

欅坂46平手友梨奈の好きなところはこれだ!てちが人気の理由や魅力10選

昔、付き合っていた彼女に「私の好きなところどこ?」って言われたので「全部ちゃう?」って答えたら「あ、1個もないってことね」って返ってきたもんで「そうは言ってないだろ。めんくせーこと言ってんなよ」とケンカを始めたことがあります(笑)

とっさに出てこないってことと好きじゃないってことは全然意味が違うですが、女の子は具体的にあげてほしいものらしいので10個考えてみました。

①不器用さ

いきなりそこから入る!?みたいなポイントですね。何から始めるか迷った末にやっぱりここだなと思って不器用さをあげてみました。

平手を見ているともうちょっと肩の力を抜いたほうが生きやすいのにと思ってしまいます。自分の考えた通りに行かなくても「そういうこともあるよね」と自分自身にOKを出していくとか、そこは周りに合わせて笑顔を見せておいたほうが印象もよくなるのにということはいっぱいある。それは妥協や屈服を意味するのではなく心の折り合いをつけていくという意味で必要なこともあります。

でもそれをやらない。っていうか、やれない。

欅坂46のセンターというアイドル界でもトップクラスの人気グループのセンターが、こういう生きづらさを抱えているというのは逆に自分の中では同じ人間なんだなと思えて共感できます。

②才能

僕が平手友梨奈を好きになったきっかけは映画『響』を見て感動したからなんです。2時間程度の作品の中であそこまで心に突き刺さってくる作品を見たのは初めてです。

それまでは世間で言われているような平手のマイナスイメージのほうが強かったのですが、あそこまですごいものを見せられるともう魅力を感じないわけにはいかないというか、この子のことをもっと知りたいという思いが湧いてきました。

「平手友梨奈っていう子はこんなにも天才的な才能を持った子だったのか!」と驚くと同時に彼女がどれだけ病んでいると言われようともそんなものは関係ないなと割り切れた瞬間でもありました。

③繊細な感情

平手はよく「病んでる」と言われます。まぁ見るからにそう見えることもあるので表立って否定することはしませんが、この表現はあまり好きではありません。

平手を見ていると、まるでガラス細工のように繊細で触れたら今にも壊れてしまいそうな危うさを感じます。それでもなぜか守ってあげたいという気にさせる。繊細な感性があるからこそ響での強烈な存在感が出せるし不協和音で見せる「僕は嫌だ」があるのだと思えば悪いことばかりではありません。

日本人は特に他と同じでいることを求めます。どれだけ長所があってもはみ出してるやつはダメなんです。プロ野球の外国人選手なんてバッティングには積極的ですが、守備なんて全然やる気ない選手も結構いるものです。だから平手は元気がなくてもいいんだとは言わないにしても1つの欠点を見つけて一発退場をさせてしまうような狭い視野でいると有能な才能を殺してしまいます。

④多重人格

平手友梨奈といえば笑わないというイメージが強いと思います。

そういう人にはぜひ1回ラジオでの平手を聞いてほしいんです。ラジオでの平手はテレビや雑誌で見るクールな印象とは全然違ってよく笑い、同世代のリスナーと生電話をしているときは喜びが声から伝わってくるほど感情表現が豊かな子に変身します。

これが本当にあの平手なのかと思ってしまいます。

ラジオを聞くと正直混乱するかもしれません。どれが本当の平手なのか分からなくなるからです。だから平手を見るときは多重人格者ぐらいに思って見ていた方がいいんです。一人の人間として整合性を考えるから分からなくなるのであって、そのときどきでいろんな感情が表れてくるのが平手友梨奈なのです。

⑤眼力

デビュー曲『サイレントマジョリティー』のMVが公開されたときに楽曲がかっこいいと話題になっていましたね。地上アイドルともなると朝の情報番組でも取り上げられるので欅坂46の存在は知っていましたが当時はサイレントマジョリティーが特別にかっこいいとまでは思わなかったんです。

そんな中で惹かれたのは平手で「センターのショートカットの子はいい目をしてるな」と思ったのを覚えています。

眼力って先天的なもので努力でどうにかなるものではないと思っています。けして睨みつけるわけでもなく見つめられただけで心を見透かされたような気にさせられる。それが当時14歳で最年少だと言うのだから驚きました。

その目はイチロー、中田英寿、羽生結弦といったトップアスリートにも似た眼光です。

これだけのセンターを獲得できた時点で欅坂46はもう勝ったも同然だなと感じてサイレントマジョリティーを見ていました。

欅坂46FNS歌謡祭で『アンビバレント』新衣装披露!平手友梨奈のダンスと二期生武元唯衣に注目

2018.12.05

⑥魂を揺さぶるダンス

クラシックバレエ経験者というと優雅に踊るのが得意なように思いますが、平手から優雅さやダンスのうまさというのを感じるタイプじゃなくて全身を使って大きくダイナミックなダンスをするのが平手友梨奈といった印象です。

うまく見せよう、かっこよく見せようといった取り繕ったダンスではなく感情の赴くままに訴えかけてくる。だから見ている者の心に届く表現ができるです、

『二人セゾン』で見せるソロダンスなんか最高じゃないですか。あのダンスを見るだけでも価値があります。

⑦センターとしての存在感

ラジオ番組で欅坂46のふーちゃん(齋藤冬優花)と出演した際にふーちゃんが「サイレントマジョリティーのときにあんなにも注目されたのは平手の存在があったから」と言ったときに平手は「全然そんなことない。みんながいてくれたから」と否定していました。

平手は本心から言っているのでしょうが、ふーちゃんの言うとおり欅坂46のセンターが平手友梨奈じゃなかったらここまで欅坂46は注目されていなかったでしょう。もちろん平手が目立つのも周りのメンバーの支えがあってからこそですがやっぱり平手ほどの存在感を発揮できる子はいません。いくら2周年ライブで代理センターを務めたとはいえ平手不在の穴を埋めただけであって平手からセンターを奪い取ったわけではないんです。

センターを固定すると必ず出る批判が「秋元康にひいきにされているから」「特別扱いされている。もっと公平にしろ。」といったものです。

むしろそういう人に言いたいのはグループの重責を担うセンターを他のメンバーと平等に扱うなんて不公平じゃないかということです。

人気グループのセンターを務めるというのは大きなプレッシャーがかかります。それこそ周りを黙らせるだけのものを見せられなければ批判の対象になるわけです。

欅坂46のダンスフォーメーションは『サイレントマジョリティー』のモーセの十戒や『二人セゾン』のソロダンスのようにセンターだけ違う動きをするように作られています。その部分がアクセントになって一番の見どころにもなっています。平等すぎるのってつまんないですよね。

欅坂46のセンターは平手友梨奈しか考えられません。

それだけの存在感を彼女はセンターというポジションで示してくれています。

⑧スター性

平手が『サイレントマジョリティー』でデビューしたときに山口百恵の再来と言われました。それは言い方を換えれば、スーパースターの誕生だということです。

そんなスターの表情や行動は常に周りから注目されています。

平手が元気そうにしているだけでファンもメンバーも安心するんです。平手が笑ってくれるだけで嬉しくなっちゃうのだから、ある意味ギャップ萌えって感じですかね。

⑨子どもっぽさ

ラジオ番組とかで「このセリフ言ってみて」みたいな流れになることがあるわけですよ。そんなんサラっと言ってしまえばいいのに「ヤダ!言いたくない!」と始まると、もう絶対に言わないですね。

あるときは学校の校長と三者面談という設定のときに「そんなんだと成績下げるぞ」って言ったら「下げられてもいいもん」とか言うわけですよ。まぁかわいくない(笑)

その融通の利かなさなんなん??みたいに思うときもあるわけですが、そういう子どもっぽさも魅力なのかなと思っています。

⑩全部

平手がもし「好きなところどこ?」って聞いてきたときに「全部」なんて回答しようものなら「そういうのいらないから」って却下されるのが目に見えてますがあえて全部としてみます。

これまで挙げてきた9個にしても不器用さとかそれって魅力ですかって思うような点もあるじゃないですか。それに平手推しとはいえ調子が悪そうなパフォーマンスをしてしまっているのを見るとやっぱり心配になってしまいます。

だから短所だと思う部分も当然あるわけですが、そういったところも含めて平手友梨奈っていう人間なんだなと思って受け入れています。病んでると言われようが、そういう人間だと分かって好きになったわけだから全部織り込み済みなんです。

欅坂46二期生がうたコンで「アンビバレント」披露!SNSでは平手友梨奈の体調を心配する声が多数!

2018.12.04

まとめ

いや~10個って結構大変でしたね(;^ω^)

別に魅力が10個ないってわけじゃなく改めて言葉にするって難しいんですよ。特に平手の場合は一見すると短所に見えるところも含めて応援している子なので、そこが好きなポイントかって言われるとまた難しい判断となりました。

まだ本人と直接話したことはないので握手会で会ったときに伝えられるようにこの記事は大切にしておこう。

欅坂46平手友梨奈 映画『響』で石原裕次郎新人賞受賞&エランドール賞新人賞ノミネート

2018.12.07
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。