欅坂46『黒い羊』センターは平手友梨奈で決定!フォーメーションは鈴本美愉・長濱ねるが3列目

欅坂46

1月27日放送の『欅って、書けない?』で欅坂46の8枚目シングル『黒い羊』フォーメーションが公開されました。スタジオで一人ずつ発表される形ではなく番組後半にあっさり紹介となりましたね。センターは8作連続で平手友梨奈が担当。全体のフォーメーションも発表されて意外なメンバーが3列目に回っています。

それは『黒い羊』のフォーメーションについてお話ししていきます。

欅坂46『黒い羊』センターは8作連続で平手友梨奈

『黒い羊』のセンターは8作連続で平手友梨奈が担当することになりました。

やったねヽ(^o^)丿

こちらの記事でもセンターは平手友梨奈だろうと書いていたので、ひとまず安心しました。

欅坂46『黒い羊』歌詞の意味を表現できるセンターは平手友梨奈しかいない!

2019.01.25

『不協和音』の「僕は嫌だ」のように今回の『黒い羊』でも「全部僕のせいだ」というセリフがあるので、この言葉の意味を表現できるのは平手友梨奈しかいないと思っていました。

でも本当にセンターかどうかは実際に発表されるまでは希望的観測でしかないわけで、フォーメーションが発表されているときはドキドキしましたよ。

平手推しの方には本人の体調を心配して今の状態でセンターができるのかという声もあるようですが、ケガの状態さえ回復していれば欅坂46のセンターは平手友梨奈しか考えられないし、100%でなくても『黒い羊』はそこまで激しいダンスをする曲ではないと思います。

平手友梨奈にとってセンターはどういうポジションなのでしょう。

正直、自ら進んでセンターをやっているとは思えないですよね。欅坂46の曲は重い曲も多いし、繊細な彼女がもっとも批判の的になるセンターを望んでいるとも思わない。

それでも僕は欅坂46のセンターは平手友梨奈にやってほしいんです。それは彼女が最高のパフォーマンスを見せたときの欅坂46はアイドルグループという枠組みを超えて世界中のどのグループよりも刺激的でかっこいいグループだと思っているからです。

そしてもう一つは平手友梨奈はプライドの高い子だと思っているから。

日本ではプライドが高いというとマイナスイメージがありますが、韓国ではプライドを高く持つことはプラスイメージで受け取られるといいます。文化が違えば同じ言葉でも受け取られ方が違うということです。

映画『響』の鮎喰響じゃないですが平手友梨奈には自分を曲げずに貫いてほしいと思うんです。それがナマイキだとか、愛想が悪いとか叩かれたとしても平手は平手らしくいてほしい。新人女優が初めて読んだ脚本に対して「つまらなかった」というエピソードは自分に正直な平手らしいエピソードです。自分が自分らしくいようとするほどに反感を買ってしまって生きづらくなってしまうジレンマがあります。

センターを外されて傷つくぐらいならセンターの重圧で苦しむほうがいい。そう思っています。

『黒い羊』フォーメーションでは鈴本美愉と長濱ねるが3列目と発表

『黒い羊』のフォーメーションは以下の通りとなっています。

1列目:小林由依 / 石森虹花 / 平手友梨奈 / 小池美波 / 佐藤詩織
2列目:織田奈那 / 菅井友香 / 渡邉理佐 / 守屋茜 / 土生瑞穂
3列目:鈴本美愉 / 長沢菜々香 / 尾関梨香 / 長濱ねる / 渡辺梨加 / 上村莉菜 / 齋藤冬優花

放送を見ていて驚いたのは3列目でいきなり鈴本美愉と発表されたこと。そして3列目のゼロズレが長濱ねる。

おいおい、鈴本とねるが3列目ってマジかよっていうね(;^ω^)

『黒い羊』のMVは秋に撮影されたと言われています。平手不在のときの『サイレントマジョリティー』を鈴本に任せたり、年末のMステでも鈴本にセンターを任せています。当然のことながら運営の鈴本に対する評価は相当高いものです。

ねるに関してはなおさら運営としても推していきたいメンバーであることは明らかです。

こうやって考えていくと3列目だからといってそれがイコールでそのメンバーの評価というわけではないことが分かります。

どちらかというと主力メンバーも3列目を経験させることで、3列目から見える景色から何を感じるのかを考えさせる期間だと思っています。

BUBKAのインタビュー記事で守屋茜がこう語っていました。

守屋:例えば『アンビバレント』で3列目になったときも、考え方が変わったし。3列目にいた子たちの気持ちや悩みを本当に理解するには、そこにいかないと絶対にその気持ちは分からないと思うんですよ。それに、どこにいても何があっても、このグループのためにとにかく踊るんだって、そういう強い気持ちもそのときにより得られましたし。精神的にも強くなったのかな。

それ以前の守屋さんだったら、そういう状況に置かれたらどうなっていたと思いますか?

守屋:たぶんふてくされるかなぁ(笑)

BUBKA (ブブカ) 2019年 02月号より引用

はたして鈴本とねるは3列目から何を感じ取るのでしょうか。

続いて1列目と2列目を見ていくとゆいぽん(小林由依)が4作連続のフロント。3作続いていた土生ちゃんは2列目、同じく3作連続のフロントだった鈴本が3列目となっているのでセンター平手友梨奈を除けばゆいぽんの4作連続は過去最長のフロント記録になります。

そしてなんといってもしーちゃん(佐藤詩織)と虹花(石森虹花)のフロント抜擢。おめでとーヽ(^o^)丿

これは嬉しいですね。しかも虹花はセンター横ですよ。普通4作連続フロントのゆいぽんをセンター横に置きたくなるところです。『黒い羊』という重くメッセージ性の強い楽曲をセンターでどのように表現してくれるのか楽しみにしています。

衣装に関しては本日のゆうがたパラダイスで全員が黒い羊であると言っていました。

全員が黒い羊となって白い羊になんてならないと訴えるシーンは想像しただけで震えますね。
MVも早く公開してくれないかなぁと楽しみにしています。

まとめ

欅坂46のフォーメーションは曲中はかなり動くので実際のところはフロントも3列目も違いはないのですが、そうはいってもポジションが自分への評価だと受け止める部分は少なからずあるわけです。

フロントになったものは喜びと同時に責任を感じる。

3列目になったものは悔しさと同時に置かれた場所で咲く大切さを知る。

ファンとしては1期生全員が選抜落ちすることなく参加してくれたことにほっとしております。

本当にいい曲なのでMVやTAKAHIROさんの振付も含めて楽しみにしています。

欅坂46『黒い羊』歌詞の解釈と平手友梨奈ソロパート「全部僕のせいだ」に込められた意味

2019.01.22

欅坂46新曲8thシングル『黒い羊』を平手友梨奈出演「SCHOOL OF LOCK!」で初公開

2019.01.21
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。