欅坂46長沢菜々香は多才なアイドル?漫画雑誌『りぼん』での4コマまんがで話題に!

欅坂46

欅坂46の不思議キャラといえば長沢くんこと長沢菜々香です。

独特の喋り方で予想外の発想をしてくるキャラは『欅って、書けない?』でもMCの土田さんと澤部さんにたびたびいじられて注目されています。一度ハマると抜け出せない「なーこワールド」に魅了されている人が増えていると聞き、今回は漫画雑誌『りぼん』のことやブログについてなど長沢菜々香の特集をしたいと思います。

欅坂46長沢菜々香のプロフィール

名前:長沢菜々香(ながさわななこ)

生年月日:1997年4月23日

身長:158㎝

血液型:A型

星座:おうし座

出身地:山形県

趣味・特技:アイドル鑑賞、料理、バイオリン

『欅って、書けない?』放送当初の自己紹介動画でバイオリンを弾いているシーンを披露したことでお嬢様キャラが登場したと思いきや、本格派お嬢様菅井様にお嬢様キャラ争奪戦を敗北。徐々に不思議なキャラのイメージのほうが強くなってきます。

織田奈那には毎日1時間電話をしていたことで通話時間を1日1回5分に限定されたこと、視力が1.0もあるのに使い捨てコンタクトレンズを1週間もつけていたこと、成人式の振袖が自分の希望のものじゃなかったことにキレて近くにあった布団をハサミで切り刻んだことなど、エピソードだけを見るとサイコパスな印象しか残らないヤバいやつって感じなりますね。

その他にも大食いキャラを自負していたにも関わらず、けやき坂46の井口眞緒に負けたことで泣き出したり、アイスを毎日5個食べていることからアイス評論家になりたいというなど、いわゆるテレビ的にはおもしろいエピソードの宝庫であるのも事実。それが狙ってやっているのではなく天然でやれてしまうのだからけやかけで特集されるのも自然な成り行きだったりします。

SKE48の5期生オーディションに落選。

のちにTIFで共演したSKE48のメンバーと一緒に撮った写真がこちらです。SKE48の5期生といえば古畑奈和、菅なな子、北川綾巴などSKE48新時代を担う黄金世代とも言われる期なので、もしも長沢くんがSKE48の5期生に入っていたらと思うとそれはそれでおもしろかったかもしれません。

また、チーム8の山形代表にも応募して落選していて、欅坂46の1期生オーディションでようやく合格を果たすことになります。合格してからは親との確執が表面化し「出てけ!」と言われてケンカしていたことを明かしてくれましたが現在は欅坂46の活動を応援してくれているといいます。不思議なキャラに見えて意志は強いところがある一面がある子なんです。

漫画雑誌『りぼん』掲載の4コマまんががすごい

『欅って、書けない?』の番組企画で抜き打ち荷物チェックのコーナーがありました。その際に長沢くんのリュックからは漫画雑誌『りぼん』が出てきたんです。りぼんて結構な厚さと重量感がある雑誌ですし、小学生が読む雑誌という印象もあったのでリュックから出てきたときは意外でした。

さらに話には続きがあって、りぼんの編集者がこの放送を見ていて絵を描くのが得意な長沢くんに4コマ漫画の執筆を依頼することになります。どこにチャンスが転がっているか分かりませんね。

ただ忘れてはいけないのは、りぼんをリュックに入れていたということよりもブログに4コマ漫画をアップしていたということです。現在の欅坂46の発信ツールはブログだけなので本来はブログをガンガン更新するべきなんですが、欅坂46のメンバーって結構更新が滞りがちなんです。

いろんなアイドルを見てきましたが、こういう更新作業はスタッフがいくらやれって言ってもやらない子はやらないし、やれる子は勝手にどんどん更新していきます。性格的なものが大きいんでしょう。1回2回は出来ても継続するとなるとやっぱり自主性に委ねられることになります。

長沢くんはブログにスクリーントーンを使う本格的な4コマ漫画をアップしていていたことから掴んだチャンスだったわけです。

この点に関しては他のメンバーも見習ってほしいところです。

欅坂46鈴本美愉のwikiとセンターを務めた「サイレントマジョリティー」でのダンス&眼差しに注目!

2018.11.17

ブログの更新頻度は欅坂46トップ

『欅って、書けない?』のブログ特集企画で更新率No1として紹介されたのが長沢くんです。

4コマ漫画のアップに加えて、なーこクッキングというお料理企画を展開して料理の作り方から出来上がるまでの工程を見せてくれる企画などとにかく頻繁に更新してくれるので飽きないんです。

写真の使い方、文章の構成能力などを見ても同じブログを書いている身としては「うまいな」と思わせてくれる部分がいっぱいあります。先日発売された欅坂46ファースト写真集『21人の未完成』に関してのブログに関しても未公開写真をブログにアップしてくれました。けして文章が長いわけでも、捻った文体を使っているわけでもなく、アイドルファンが見たいと思うポイントを的確に突いてくるのは長沢くん自身がアイドルヲタクというのも影響していると思うんです。

アイドルの発信で貴重なのは、いわゆる裏話です。

関係者以外立ち入り禁止な領域の話というのはファンにとっては貴重な話です。でもアイドルにとっては日常の1コマにすぎないので全部が表にしか見えてない。だから裏話が聞きたいって言われてもアイドルは何を書けばいいのか分からないと言っているのはよく見る光景なんです。

こういうのって裏話っていうのはこういうことでね・・・と説明しても、その場では理解しても実際に行動する子って本当に少ない。結局のところは、ファンが求めているものが何かを察知する能力というのは自主的に考える能力がある子じゃないと裏話を実践することはできません。

その点で長沢くんは意識してやっているのか、天然なのかは分かりませんが、アイドルファンが欲しているポイントを突きながら継続的にブログを更新してくれていて、欅坂46で一番発信力があるメンバーということを忘れてはいけません。

欅坂46「二人セゾン」の歌詞の意味を考察&MVでは平手友梨奈と佐藤詩織に注目

2018.11.17

独特な世界観を持つなーこワールド

長沢菜々香といえばポンコツキャラというのが一般的なイメージでしょう。さすがにバイオリンを弾く可憐なお嬢様キャラとは思っていないはずです(もちろんバイオリンをやっているのでお嬢様であることはたしかなんでしょうが)。そして次に出てくる織田奈那に「私のこと嫌い」と聞いたり、布団を切り刻んだりするサイコパスな印象。ここは狂気の世界に思えます。

さらに深堀すると大食いキャラ、アイス大好きキャラ、絵を描くのがうまいキャラ、料理がうまいキャラなどが出てきます。

ここらへんまでくるとすでにあなたもなーこワールドに引き込まれています。こんなにも多くの魅力があることを分かってしまうとそれはもうたんなるポンコツキャラで終わらせることはできないでしょう。

ポンコツというと下に見たような言葉ですが、実はなーこワールドに引き込まれているあなたは長沢くんの手の上で転がされているだけなのかもしれません。そう考えると恐ろしいですね(笑)

欅坂46平手友梨奈が考えるSNSの存在と「風に吹かれても」収録曲「避雷針」に込められた意味

2018.11.10
スポンサーリンク
スポンサーリンク