【欅坂46】尾関梨香の尾関スタイルを見た乃木坂46生田絵梨花の言葉に号泣!運動神経は意外といいって本当?

欅坂46

欅坂46イチの愛されキャラ尾関梨香。『欅って、書けない?』放送開始直後に行われた体力測定で見せた変な走り方で注目を集め、デビュー前の合宿では上村莉菜と並んで体が硬い一面を見せるなどポンコツ感がすごい出ている子なのですが、最近では個人での仕事も増えてきて運営からの信頼も厚くなってきました。

今回はメンバーからも尾関のことがかわいくて仕方がないと思わせるほど愛されている尾関梨香について特集します。

尾関梨香プロフィール

名前:尾関梨香(おぜきりか)

生年月日:1997年10月7日

身長:156㎝

血液型:O型

星座:てんびん座

出身地:神奈川県

特技:書道、器械体操

メンバーやファンからも「尾関」と呼ばれていて、以前収録現場で「リカさん」と言われたときに同じく名前が「リカ」の渡辺梨加のことかと思い気づかなかったというぐらい下の名前で呼ばれることよりも名字で呼ばれることがのほうが多い珍しいタイプです。

独特の走り方の印象が強すぎるので特技である書道の印象が霞んでしまっていますが、実は7歳から始めた硬筆・毛筆はともに特待生にまでなっている実力者なんです。尾関の普段のイメージからは想像もできないような達筆な文字を書いてくれるので文字を見ただけでも尾関の印象が変わってくるかもしれません。

フロントメンバーをローテーションする欅坂46において5thシングル『風に吹かれても』で初のフロントメンバーに選ばれることになります。これは石森虹花、土生瑞穂と並んでメンバー内最後のフロントメンバー入りでした。

欅坂46尾関梨香スタイルを見た乃木坂46生田絵梨花の言葉に号泣!

尾関梨香といえば変な走り方の印象が強烈ですね。初めて尾関スタイルといわれる走り方を見てからもう随分経っているのに頭から離れないほどのインパクトがあります。もちろん50メートル走を走らせても遅いのですが、けやき坂46との運動会企画のときには10秒00という狙っても出せないような記録だったことで自称「持ってる女」をアピールしていたのも懐かしい。

そんな尾関梨香の憧れの人といえば乃木坂46の生田絵梨花です。

乃木坂46は欅坂46のお姉さんグループです。その中心メンバーでもある生田絵梨花と2015年の12月に歌番組で出会い「走ってるの見たよ」と声をかけられて、その場で動画も見てくれたことに感動した尾関梨香は涙が止まらなかったといいます。

憧れの人が自分のことを見てくれたいた。そしてその感想をくれて動画まで一緒に見てくれた。

たしかにこれほど嬉しいことはありません。こういった経験を今度は新たに加入する欅坂46の二期生にもやってあげてほしいんです。不安な気持ちを抱えて入って来る二期生のメンバーにとって、尾関も立派な先輩メンバーです。テレビや雑誌でやったことを先輩が見てくれていたら嬉しいじゃないですか。特に尾関は欅坂46の中では珍しく後輩からも話しかけやすいタイプだと思うんです(ナメられやすいとも言えますがw)。

平手とか、理佐とか、土生ちゃんとかは最初は後輩にとってハードル高いと思うんで、尾関あたりで慣らしていくといいんじゃないでしょうか(笑)キャプテンのゆっかーも優しいんで大丈夫だと思いますけどね。自分が二期生の立場だったら平手先輩は怖いだろうな(;^ω^)

欅坂46写真集『21人の未完成』(集英社)志田愛佳・今泉佑唯・米谷奈々未や原田葵も参加

2018.11.22

欅坂46運動神経は意外といいって本当?

尾:走り方が変だから運動神経悪いみたいに思われてますけど器械体操もやってたんで運動神経悪くないんですよ。

と語り、跳び箱の台上前転を披露してくれた尾関。運動神経が悪くないところを見せてくれました。走り方が変で運動神経が悪いとはいえダンスは踊れているわけで練習すればできる能力はあるってことです。

ただ器械体操やダンスは反復練習によって上達したというだけであって、運動神経が悪いメンバー調査を行ったときもメンバー内評価が「とにかく変」という回答で尾関が一番票数を集めていました。結果的に、上村莉菜が最後までシュートを決めることができずに残りましたが、気持ち悪いぐらいに変なフォームでシュートをしていたので上村莉菜より尾関の印象のほうが強く残っている人も多いのではないでしょうか。

運動神経が悪いのではなく「変」なんだというのが尾関の評価なんです。これぞ尾関スタイルというやつですね。

欅坂46尾関梨香が愛される理由

多くのメンバーに一度は訪れるのが「尾関ブーム」。尾関のことがかわいくて仕方がない期間のことで平手にも尾関ブームが到来したというのだからかなり感染力が強い伝染病のようなものでしょうか。

ファンからの人気が高いメンバーであれば外見的なかわいさや知名度によるものが多いのでしょうが、メンバー内人気がこれほどまでに高いということは単純に性格がいいというです。尾関梨香や齋藤冬優花といった一般的な知名度はまだまだかもしれませんが、メンバー内での人望が厚いのは人間性を見るうえで重要な指標だと思っています。

最近ではラジオ番組に一人で呼ばれるケースも増えてきました。正直、尾関より人気があるメンバーはいるので尾関に個人での仕事が回されるのは運営や制作スタッフからの評判もいいのでしょう。

それが分かるシーンが2018年11月26日放送の『欅って、書けない?』で澤部賞としてドライヤーを買ってもらったときに尾関が「ありがとうございます。これからもよろしくお願いします」って自然に言ってるんですよ。

本当に何気ない一言で番組中も特別ピックアップされた部分でもないのですが、こういう一言がサラッと出てくると買ったほうも気持ちよくお金を出せますよね。ああやって感謝の気持ちをちゃんと伝えるってできそうでできないものです。例えば、尾関に出演オファーを出した番組制作スタッフだとして番組終了後に一言感謝の気持ちを伝えてくれるだけで、また機会があったら尾関に出演してほしいなと思いますよ。

そうやって人に好かれるポイントっていうのをしっかり押さえている子だなという印象です。

シングルのフォーメーションの立ち位置や握手会の売れ行きがどうとかっていうのがアイドルの評価基準になってしまいがちですが、人から愛される能力が評価されて仕事が増えていく姿を見るのも嬉しいものです。

まとめ

以前『欅って、書けない?』にお姉ちゃんが電話出演した際にはブログの更新をもっとがんばれ!と言われていましたね。お姉ちゃんもアイドルが好きということもあって的確なアドバイスで妹の尾関梨香よりしっかりしてます。

家族も巻き込んで『欅って、書けない?』では尾関梨香と上村莉菜のスキー企画や理佐とのペアロケ企画などよく尾関を使われているのを見ると制作スタッフからも尾関の評価は上がっているようです。そうじゃなきゃ企画の段階でボツになっているでしょう。

第一印象から尾関が好きという人よりは徐々に知っていくうちに尾関のかわいさに気づいてしまう。そんなスルメ的な味を持っているメンバーです。たしかに最近気がついたら尾関のことを気にしてしまう自分がいますね。これを徐々にこじらせると尾関ブームってことでしょうか。

ラジオ番組を中心にゲスト出演することも増えてきました。2019年は尾関梨香が躍進する年になるかもしれませんね。

欅坂46長沢菜々香は多才なアイドル?漫画雑誌『りぼん』での4コマまんがで話題に!

2018.11.24

欅坂46渡邉理佐を講談社の新ビジュアル雑誌『WHITE graph』創刊号裏表紙に起用!

2018.11.24
スポンサーリンク
スポンサーリンク