日向坂46『日向坂で会いましょう』柿崎芽実ぶりっ子霊降臨!加藤史帆の場外ホームランも炸裂

日向坂46

6月16日放送の日向坂46『日向坂で会いましょう』はメンバーの意外な一面を発掘しよう後編です。

前回が加藤史帆・高本彩花・佐々木久美のホームラン3連発というめっちゃおもしろく仕上がっていたので今回の後半も楽しみにしていました。

渡邉美穂「怪談話」、潮紗理菜「クレーム対応」、丹生明里「替え歌」という特技を披露してくれています。

渡邉美穂「怪談話始めました」

美穂は番組に出るごとに特技が違う印象で最近では富田よりも迷走してるんじゃないかと言われ始めています。

最初はバスケキャラ始まって、負けず嫌いキャラとか、ウクレレが得意だと言ってみたり、なぞかけが得意と言ってみたりして、今度は怪談話でしょ。ブログでは映画好きキャラも展開しています。

この点についてはレコメンで富田に迷走していることをいじられていました。

先日のブログでは『フォートナイト』を100時間やることを明言しています。

好奇心旺盛な面と負けず嫌いな面が合わさって、いろいろ手を出しているみたいですが、僕は興味があることならいろいろやってみたらいいんじゃないかなと思います。最近はなぞかけの練習もしているみたいですし、どうにしか目立ってやろうという姿勢は素晴らしいじゃないですか。

今回の『日向坂で会いましょう』にしてもちゃんと怪談話を用意してあって、驚いたのはめみちゃんとの絡みの関係でもう1つ要求されたときも二つ返事で対応しました。

「もう1つある?」って言われて「あります」と即答できる子がチャンスを掴んでいくんだろうなと思っています。

ただ残念ながら今回はめみちゃんに全部持っていかれましたね。

現在は活動をお休みしているめみちゃんがぶりっ子霊として降臨。

もはや美穂の怪談に合わせてどれだけぶりっ子ができるかグランプリみたいなめみちゃんの表情しか記憶にありません。もう3回見ましたが、何度も見てもめみちゃんの表情ばかりが気になってしまって全然入ってこないんだな(;^ω^)

久しぶりにめみちゃんのぶりっ子を見た気がします。元気に戻ってきてほしいですね。

潮紗理菜「クレーム対応練習中」

潮紗理菜VSクレーマー春日

クレーム対応という設定の即興コントです。

この設定はだいぶ難しい設定なので、よくこれを番組スタッフも選んだなと思ってしまいました。

というのも、クレーム対応ってクレーマーが来て謝ってるだけだと笑いにならないじゃないですか。どこかでクレーム対応側がボケに転じないといけないわけですが、潮だとまともにクレーム対応やってしまう気がしたんです。これが井口なら黙っていても勝手にわけわからないこと言い始めて納まるんですけどね。

始まってみると案の定、押しに弱い潮が押され気味。そうするとたんなるクレーム対応になってしまって笑いにはならいんですよ。早めに若林さんがストップをかけたのもそこからの展開を感じなかったからでしょう。

ギャル系ショップ店員を演じてしまうとか、ピチピチのほうが似合ってますねと強引に褒めちぎるとか何か仕掛けてほしかったところ。

まぁ一夜漬けだということを考えればしょうがないのかな。

金村美玖VSクレーマー春日

潮がクレーマー春日に粉砕された流れで次に行くのは勇気がいるところ。美穂がやる気満々でしたが若林さんが指名したのは金村美玖ちゃん。

誰も挙手はしていなかったはずなのに指名された美玖ちゃんは笑顔で「やってみたいです」と言ってる姿を見て感動しました。

自分もライブの大喜利とか出たことありますけど、浮かんでないときって内心「絶対指すなよ・・・」と思っていたりするので、MCが指名してきたときは「うわ、マジかよ(´・ω・`)」と思っていたもんです。でもそんな表情をまったく見せずにチャンスをもらえたことに感謝する姿がかっこよくもあります。

途中「変な恰好」って言ってしまったのは普通ならこんな小さいサイズで売らないだろうというぐらい小さいサイズだったのでさすがに困ってしまいました。そこで若林さんの助け舟。うん、ここで一回止めたのは優しさです。

困ったときのレシート攻めは正当な対応なので間違いじゃないですよ。

潮・宮田・金村・上村VSクレーマー春日

クレーマーがあまりに強いということで4人で対応。ひなのが挙手するあたりが強心臓ですね。

コントが始まって春日さんが履いてても伸びないって言い始めたときに潮は実玖ちゃんを指さしてるんですよ。これはボケとして責任のなすりつけあいっていう方向性で展開しようとしたのかなと思います。

ただ放送上は宮田プロが滞りなく話を進めて行きます。

翌日のshowroomで愛萌は「レシート領収書は大事ですよ。箱も捨てちゃダメ」と実際にバイトでクレーム対応をした経験があるということでレシート問題を語ってくれました。

「返品や交換はできませんので」というお話をしたとおもうのですが・・・

と言った事実を作っていくのもさすが愛萌。23㎝の靴を売るわけないのに勝手に「このサイズでいいと言ってた」という設定にしてくるクレーマー春日に対しては、店員側も勝手に設定を追加してしまって追い込んでいけばいいわけです。

交換はできないけど29㎝に合う靴も他にもいっぱいありますという流れに持っていった宮田プロ。もちろん本物のクレーマーがそれで納得するわけないとしてもこれはコントなので、その流れに乗った春日さん。

たしかに愛萌マジックというかひなのへ誘導する流れが美しすぎてなんだかOKしたくなる展開でした。

そしてひなのに振ったところひなのが靴を作り始めます。

これを横で見ていた愛萌はshowroomで「本当にビックリした」と語っていました。そりゃあ、ビックリもするよね。ひなのの後の先輩店員のあたふたさがツボでした(笑)

齊藤京子VSクレーマー春日

京子の「お客様は常識を知っていますか」は最強だな。

この番組見てる人も大半は会社員じゃないですか。クレーム対応でこんなこと言ったらヤバいことぐらい誰でも分かります。でもその前提があるからこそ今回の京子のありえない発言はおもしろんですよ。これぐらい店員側から仕掛けてみるのもありですね。

そして最後に「お引き取りください」はかっこよかったわ。自分もムカつく客に言ってみたくなりました。

丹生明里「替え歌が得意」

丹生明里「JOYFUL LOVE」即興替え歌 テーマ「春日」

テーマ:春日

「春日さんのおでこは シワが3つあって素敵 筋肉ムキムキでゴリゴリマッチョです的な・・・」

禁断のシワいじりも丹生ちゃんの手にかかるとポップな曲に仕上がります。

では次に「若林で」と言ったときの丹生ちゃんの「ハッ(゚Д゚)」の表情が最高な(笑)

あんな漫画みたいな表情します?

嘘がつけない丹生ちゃんらしい表情でした。

松田好花「キュン」即興替え歌 テーマ「キン肉マン」

テーマ:キン肉マン

「ニンニン肉のカーテン ニンニン肉のカーテン アトランティスとウォーズマン」

指名された好花がまた丹生ちゃんを上回る完璧な替え歌を披露。

この替え歌めっちゃすごくないですか。すげーなと思ってしまいましたよ。指名されたときもやってみますとすぐに受けるのもすごいですが、しっかりと結果を出すあたりがただものじゃない。

加藤史帆「場外ホームラン」

場外ホームランを期待されて指名されたかとし。

なかなか狙って打てるもんじゃないのに高めに浮いた球の上から被せて再び場外ホームラン。

構えいいし、スイングスピードも相当速いですよ。さすがの運動神経を見せてくれたかとしのおかげで綺麗に締めることができました。

これは野球企画を見てみたいですね。ただ始球式の適性がないのがなんとも残念(;^ω^)

まとめ

今週も楽しい企画でした。今回は即興ネタが多かったので芸人でも難しいと思われる設定もありましたが、なんとか乗り切った彼女たちのレベルの高さを感じられた企画でした。

来週からは春日奢り企画ということで3週に渡ってロケのようですね。若林さんがいない中で収集できるのか心配ですが、あまりロケにもいかない番組なので楽しみにしています。

日向坂46『日向坂で会いましょう』加藤史帆・高本彩花・佐々木久美がホームラン3連発披露

2019.06.12

日向坂46『ドレミソラシド』PV解禁!フロント抜擢の丹生明里と河田陽菜など見どころを解説

2019.06.11
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 潮の結果出したいという気持ちは分かるけど、長かったですね。春日がもうちょっと何とかしてやれよとも思ったけど、あれが春日なんでしょうねw台本かどうかは分からないけど。
    好花は天才じゃないですかね。自分はひなののマニアックなセンスが好きですけどw

    • クレーム対応昨日から始めましたって
      言ってる時点でスキルないんだから
      あんなに追い込んじゃうと単なる謝罪になっちゃう。
      そもそもあんなモンスターきたら即店長に交代でいいのに(笑)
      コント的には京子みたいな強気な発言で正解。

      好花はいきなり考えてあのクオリティ出せるんだからすごいよね。
      自分だったら絶対に何も出てこないなと思ったら才能の違いを感じる(´・ω・`)

      ひなのはよく分からないけど想像の斜め上をいく感性はすごい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。