スリジエ候補生 椎名真暉と吉乃苺香のプロフィールを紹介!アイドルになったきっかけも告白

スリジエ

6月21日パームス2部公演で行われたスリジエ定期公演を観に行ってきました。

今週は今の仕事のテレビCMが始まった影響で1日中電話が鳴りっぱなしという状況だったので疲労困憊でしたが、そういうときだからこそ金曜日の仕事終わりにアイドルを見て癒されたいものです。

パームスに着くと知り合いから「あれ?今日はなんでいるんですか?」の声。いや、別に普通に来てええやろ(笑)

先週の制服公演に対する異常なモチベの高さを示したことの反動かもしれません。

今週は普通にまったりと楽しもうと思っていたら19時頃に日向坂46の柿崎芽実卒業の一報を受けてテンションがダダ下がり(´・ω・`)これはスリジエ公演を見て癒されたいところです。

スリジエ候補生 吉乃苺香(よしの いちか)

プロフィール

誕生日:平成11年1月3日

年齢:20歳

星座:やぎ座

血液型:O型

身長:168㎝

体重:秘密

出身地:兵庫県加古川市

趣味:おかし作り、野球観戦(元甲子園の売り子)

特技:ドラム、サックス

ステージを見ての印象

最近DJからスリジエ候補生に昇格したのは吉乃苺香、椎名真暉、山下陽莉の3名。

うっかり「最近の子は読み方難しいわぁ」とオッサンな発言をしたくなっちゃいますね(;^ω^)

先週の制服公演に続きステージを観るのは2回目なんですが、ステージデビューしたばかりの頃は1週間でも大きな成長を見せてくれる子もいます。

3名のパフォーマンスに注目して見ていた中で一番印象的だったのが吉乃さん。

曲中ずっと笑顔で「いい表情をする子だなぁ」と思って見ていたんですが、途中から「いや、これはニヤけてるだけなんじゃないか」と思うようになってきました(笑)

なんというか笑顔がこらえきれなくて笑顔になってしまうような感じで「何がそんなにおもしろいねん(笑)」て感じ。

どうなんでしょうね、曲中にどういう心境で踊っているのか機会があれば聞いてみたいなと思います。

ブログに関しては全部読みました。

野球が好きで売り子さんもやっていたんですね。売り子さんて重いビールサーバー背負いながら走り回ってて大変な仕事ですよ。僕みたいなお気に入りの売り子さんからしか絶対買わない人も結構いると思うんで、売り子さんを通じてコミュニケーション能力を養ってきたのかもしれません。

先日も大学野球を観に神宮にいったり、プレボに入ったほうがよかったんじゃないかぐらいに思ってしまいます(笑)

ダンスが苦手でひよりちゃん(not濱岸)に教えてもらってようやくステージデビューにこぎつけたという過程があったということもブログに書かれていました。

もちろん技術的にはまだまだで先輩候補生メンバーと比べると実力差は歴然としていますが、1年半以上のキャリアの違いがあるのだから当然です。それでも吉乃さんのステージを楽しんでいる表情は見ている者の心を動かす何かがあるように思います。

高身長でステージ映えするタイプだと思うので今後も注目して見ていますねヽ(^o^)丿

スリジエ候補生 椎名真暉(しいな まき)

出身地:千葉県

年齢:20歳

血液型:AB型

長所:よく笑う、真面目、向上心が強い、継続力がある、様々なことに興味や関心を持つことができる

好きなもの:
・ロボットアニメ&少年漫画:ガンダム、攻殻機動隊、少年ジャンプ作品
・動物:カエル、ヘビ、鳥
・食べ物:ブロッコリー、エビチリ
・植物:ドウダンツツジ、トルコキキョウ、曼珠沙華
(華道経験者草月流)

苦手なもの:英語、油断しているときに突然出会った虫、晴れている日

好きな声優:
1位 保志総一朗
2位 鈴村健一
3位 桑島法子
4位 石田彰
5位 柿原徹也

スリジエの推しメン:仲瀬カナタ、加音綾那

ニックネーム:まき、まきちー、まきちゃんぬ、しーな、娘1号

好きな芸能人:橋本環奈、水樹奈々、西川貴教、TOKIO、岡田准一、乃木坂46、カミヤサキ

ガンダムで好きなキャラクターランキング
1 ステラ・ルーシェ(SEED DESTINY)
2 ラウ・ル・クルーゼ(SEED)
3 ロックオン・ストラトス(OO)
(ニール・ディランディ)
4 フォウ・ムラサメ(Z)
5 プルトゥエルブ(UC

好きな機体:ビグ・ザム、ヒルドルブ、ビグラング、デストロイ

スリジエの好きな曲ランキング
1 クジラの眠る星空に
2 get over
3 叩き上げガール
4 憧憬れロマンチック
5 春風プリエール

ステージを見ての印象

最近仕事終わりの夕方あたりに昔に撮影した写真をTwitterにアップしています。

あまり深い意味もないんですが、一回撮影してTwitterにアップしただけで終わりにしてしまうのももったいないなという思いがあって、その日の気分でアップしています。

そのツイートに翌日午前4時ぐらいにいいね!が付いて携帯が鳴ってるなと思って通知を見ると椎名さんです。どういう生活サイクルなんでしょう(;^ω^)

実は先週の制服公演のときに初めて見て、なんとなく気になる子だなぁと思っていました。

単純にかわいい子だと思うのもありますが、何か気になるところがあったんです。ここらへんの感覚はなぜそう感じているのかを言語化するのはまだ難しくて、今後少しずつ記事にまとめていきたいと思います。

そんな椎名さんのブログも全部読みました。

以前、ガンダムの好きなキャラのブログがアップされたときに、ガンダムに詳しい桃花じゃないほうの青葉さんに聞いたら結構マニアックな選択をしていると言ってました。

プロフィール欄にまとめた内容もほとんど何を言ってるか分からないぐらいなんで、よくいうと個性的、ストレートにいうと変態なんだなというのは分かります(笑)

そういった印象的な記事もありますが、全体を通して感じるのはスリジエというグループが本当に好きなんだなということです。

その答えが彼女のブログにありました。

◯アイドルになったきっかけは?◯

わたしがアイドルになったきっかけは、、
どうまとめたらいいでしょう、、

小さい頃からアイドルになりたいと思っていました!

ずっとアイドルというものに憧れていて、歌うのも踊るのも大好きでした!

でも親に大反対されてたり、いろいろとブログに書くべきではないようなこともあったりして、、

なんども諦めようとは思いましたが、どうしても諦めきれなくて、、

でももう20歳で親の同意なしになんでもできる年齢だということもあり、わたしの人生なんだからわたしが決めようと思いました!

アイドルというものに対して「血縁者にそんなものがいるのは恥ずかしい」だとか、わたしに対しても「お前のことは恥でしかない」と言われたこともあり、

オーディションを受けるときも、

縁を切られても構わない、理解されないのであれば仕方ない、という思いが強くなったというか、、考えがまとまった?というか、、覚悟ができたというか、、

このまま一生後悔するのは嫌だなと思いました、、

たくさん考えた結果でしたし、説明するのは難しいですけど、、
一言でいうとアイドルが好きで、どうしても諦めきれないくらいの夢だったからです!

スリジエ椎名真暉オフィシャルブログ『まきちーだよ!全員集合!』タイトル:【椎名真暉】違いますからね! より引用

現在アイドルとして活動している子も親の反対を押し切ってきた子がたくさんいます。10代の頃は親の協力がないと活動することは難しいわけで活動できなかったようですが、20歳になったことをきっかけにアイドルを始めたという椎名さんと同じタイプの子を知っています。

その子も後悔のない人生を送るために親の反対を押し切ってオーディションを受けてアイドル活動をしているわけですが、アイドルにとって20歳という年齢は若くありません。そう考えるとスタートラインに立てる年齢であると同時にアイドルグループによっては年齢制限で応募すらできない可能性もあるわけでチャンスは10代より狭くなっています。

当然アイドルになりたいと思ってきた子であればそんなことは分かっているでしょうから今こうして毎日をアイドルとして活動している日々に充実感を感じているように見えるのも分かる気がします。

ブログの記事からも親族には相当な反対を受けていたことが分かります。

僕の場合は芸人だったのでそんなに年齢的な焦りというのもなかったので、大学時代にお金を貯めて養成所に勝手に通い始めました。親には活動していることを報告はしないでやれたことを考えると椎名さんに比べると都合のいい環境だったのかもしれません。

それでも似たような経験として小学生とか、中学生のときに将来の夢って書くじゃないですか。

将来の夢を書くときに必ず「お笑い芸人」て書いていたんですが、そうやって書くと必ず笑われるんですよ。大学生のときに将来の夢を聞かれたときに同じくお笑い芸人だと言ったら「ちゃんと将来のことを考えたほうがいいよ」とか余計なことを言ってくれるわけですよ。

学生のときは人の夢を聞いて笑うっていう神経が信じられなかったし、お前の夢はどんだけすごいんだよって思っていました。将来のことなんて言わなくても考えますよ。

でもね、この先の人生死ぬまで「あ~あのとき挑戦しておけばよかった」と後悔しながら生きていくのかって考えたら、そんな死んだような人生送ることを想像しただけでうんざりします。

自分の人生なんだから自分の生きたいように生きていい。

そういう自分への許可を出せる人って実は少ないんですよ。

芸人なんていう安定の対極にいる仕事をしてると正社員として働いている人を見るとうらやましく感じます。でも中学生のときの同窓会に参加したときに正社員として働いているやつらが「自分の好きなことに挑戦できてうらやましい」と言ってきたんです。

自分としては信じられない言葉だったわけですが、仕事がつまんなくて辞めようか迷ってるみたいなこと言うわけですよ。

挑戦することが怖くて挑戦できない人は、挑戦している人を肯定してしまうとイコール自分を否定してしまうことになります。だから、その同窓会以降は他人に反対されるぐらい自分は勇気を持って挑戦できる人間なんだと思うようにしました。

椎名さんの話から逸れてしまったので自分の話はこれぐらいにしておきましょう。なにか椎名さんの言葉に昔の自分を思い出すようでした。

一つだけ言えることは、あなたの人生はあなた自身のものなんだから好きなように生きていいということです。

よくアイドルになると決断しましたね。スリジエとしてこれからがんばってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。