欅坂46「ベストヒット歌謡祭 2018」でけやき坂46とのコラボ披露!鈴本美愉のダンスにも注目

欅坂46

「ベストヒット歌謡祭」に欅坂46が「アンビバレント」で出演しました。欅坂46の楽曲「アンビバレント」にけやき坂46のメンバーが出演するコラボ企画として出演することでも話題になっていたんです。

欅坂46とけやき坂46の初のコラボ企画となり、「アンビバレント」自体もテレビ番組初披露となったベストヒット歌謡祭を振り返ります。

けやき坂46とのコラボで「アンビバレント」披露

そもそもこのコラボ企画が実現したのは『ザンビ』という舞台に出演しているメンバーがいるためにベストヒット歌謡祭に出演することができないメンバーのアンダーとしてけやき坂46のメンバーが入ったという背景があります。

ポジション的には

欅:小林由依→け:渡邉美穂

欅:土生瑞穂→け:佐々木久美

欅:菅井友香→け:東村芽依

欅:守屋茜→け:高本彩花

という構成です。

率直な感想として、けやき坂のメンバーは代役として十分機能してくれたしパフォーマンスそのものは素晴らしいものでした。特に渡邉美穂のような負けず嫌いなタイプはけやき坂の明るい楽曲よりも欅坂の闇を抱えた楽曲のほうがストレートに表現ができてやりやすいのかなと思えるほどハマっていました。

先輩グループの欅坂の楽曲を生放送で披露するというのは相当なプレッシャーもあったはずです。そんな中で彼女たち4人が見せたパフォーマンスは圧巻で、けやき坂46の代表として絶対に失敗はできないという覚悟が伝わってきました。

SNSを見ても総じて評価するコメントが多かったです。

ただパフォーマンス的には文句はないものの、せっかくコラボ企画をやっているのに全く違和感がないのは逆にどうなんだろうと思ってしまいます。

衣装も同じで、どのメンバーがけやき坂のメンバーなのかも紹介されないままでのパフォーマンスでは、欅坂46やけやき坂46のヲタクでもなければ見分けるのは困難です。演出的にもう少し配慮がある見せ方はなかったのだろうかと感じました。

鈴本美愉のキレのあるダンスが抜群だった

欅坂46随一のダンサーといえば鈴本美愉です。そのダンス力はメンバー内でももっとも評価が高く、ダンスの振り入れに戸惑うメンバーも鈴本が率先して教えてくれることに救われているという声をよく聞きます。

しかし、こういうメンバー内評価が高い子や一部コア層に評価が高いパフォーマンス面て実はなかなか魅力が伝わらないというのも事実です。SKE48でパフォーマンスの評価が高かった木下有希子や斉藤真木子も運営からの評価は低かった。

それはもう単純にダンスのすごさって分かりにくいんですよ。

一般人から見れば鈴本も他のメンバーも違いが分からない。そのためダンスパフォーマンスだけで成り上がっていくのは結構難しいという現実が待っています。

欅坂46を知るようになってダンスといえば鈴本という声は本当によく聞きました。でも多くのライト層にとっては鈴本といえば「欅って、書けない?」で見せるオダナナ大好きキャラという印象のほうが強いはずです。

そこで欅坂46を見るときは従来は平手友梨奈ばかりを見ていた自分も今回は鈴本のパフォーマンスに注目して見てみようと思っていたんです。

そして実際に見てみると、なるほど!これがみんなが評価する鈴本のダンスか!と納得のパフォーマンスを見せてくれました。ヘドバンをするところから他のメンバーとは違う激しさを見せ、ダンスも小柄な身長を感じさせないダイナミックさを感じるキレを見せてくれます。

ダンスをしているときの鈴本は別人のようですね。これから特番での出演も増えてくる季節なので鈴本のダンスには注目していきますね。

欅坂46平手友梨奈は病気なのか?「アンビバレント」の歌詞から元気がない表情の理由を読み解く

2018.11.11

欅坂46「二人セゾン」の歌詞の意味を考察&MVでは平手友梨奈と佐藤詩織に注目

2018.11.17

欅坂46センター平手友梨奈の存在感

欅坂46のセンターは1作目の「サイレントマジョリティー」から最新曲「アンビバレント」まで全曲を平手友梨奈が担当しています。しかし、自身の体調不良もあり出演の予定が入っていたとしても始まってみないことには出演してくれるのか分からないところがあります。

また、実際に出演したとしても気持ちが乗らないとパフォーマンスにムラが出てしまうタイプで、SNSでアンチの標的にされてしまうことがあるなど平手友梨奈を応援している身としてはハラハラしながら見ることになります(;^ω^)

観客が多い会場でのパフォーマンスは緊張するようで目線はうつむいていましたが、それも彼女らしいってところかな。前髪で視線を隠すのも平手友梨奈らしさだと思ってみてます。今はだいぶ髪が短いので隠れてなかったですけどねw

あれが平手友梨奈の100%ではないにしても生放送に出演できて元気な姿が見られただけでもホッとします。

それでも

「押しつけの理性なんて信じない」

のところは、さすが平手と思わせる表現で感動しました。

まとめ

コラボ企画ってぶっちゃけ本番よりもメイキングシーンのほうが見どころ多いんですよ。

けやき坂のメンバーが何を思って、この企画に挑んだのか。欅坂のメンバーとどうやってコミュニケーションをとっていったのかという過程を見るのがおもしろい。どっかで見せてくれないですかねぇ。撮影はしてると思うので読売テレビには期待しています。

けやき坂46の4名はおつかれさまでした。

欅坂46平手友梨奈が考えるSNSの存在と「風に吹かれても」収録曲「避雷針」に込められた意味

2018.11.10

秋元康が語る欅坂46平手友梨奈が抱える不安と病んでると言われる性格の正体

2018.11.09
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。