11/24欅坂46『欅って、書けない?』坂道企画後半戦!副キャプテン守屋茜が限界に挑み澤部賞を獲得

欅坂46

11月24日放送の欅坂46『欅って、書けない?』は「2期生が失敗したら1期生がプールに飛び込んだ!」の後半戦です。

あれだけ大掛かりなセット組んだら2週ぐらいは放送したいですよね。お金もかかっているようですし制作陣の気持ちは分かります。

前半戦では1期生を1人も救えなかった2期生が後半では救えるのか注目です。

渡辺梨加 わかって当然1期生クイズ

【梨加の好きなもの】

2期生の回答:パン・お城・ディズニー・旅行・猫

残りの回答:ヨーロッパ・絶景・星・夕焼け・カメラ

梨加クイズで初めての救出成功。

パン、お城、ディズニーぐらいまでは簡単。猫もぺーちゃん飼ってるから出てくるとして旅行がキーになった答えだったかな。でもヨーロッパが好きなことは有名なので旅行かヨーロッパあたりは想像できるワードでした。

よしよし、まずは2期生が1つ仕事をしましたヽ(^o^)丿

と思っていたら耐えきれず落下(@ ̄□ ̄@;)!!

MC二人の坂が止まっても2期生いじりで放置するというコントにハマった結果でした。ここらへんはバラエティのお約束なのでいいとして、いいなと思うのは梨加にしてはテンションが高いところ。

相変わらずコメントするのに時間がかかるタイプですが、ちょっと待てばしっかり答えています。他のメンバーの様子を見てるときの笑い方もすごく企画を楽しんでいる様子。

前回のクイズ企画のときも早押しクイズがんばっていましたし、最近の梨加は彼女なりに変化が見えてきたんじゃないでしょうか。

上村莉菜 1期生の誕生日並び替え

上村莉菜 1月4日

原田葵 5月7日

渡辺梨加 5月17日

土生瑞穂 7月7日

渡邉理佐 7月27日

小林由依 10月23日

守屋茜 11月12日

佐藤詩織 11月16日

菅井友香 11月29日

誕生日は難しい(´・ω・`)

これが出た段階で上村は厳しかった。

全然分からなかったなぁ(;^_^A

11月のメンバーは最近なのでなんとなく分かりましたが具体的な日付までは出てこなかった。

原田は誕生日を迎えた段階ではまだ復帰してなかったのでしょうがないとして理佐の誕生日は答えたいところでした。2期生が傷つかないように気遣う理佐の表情もめっちゃかわいかった(*^▽^*)

上村が坂道に耐えられないのは予定通りなのでこれは落ちるべくして落ちた感じ。でも坂道で震えている姿が小動物みたいでかわいかったのでOKかな。

渡邉理佐 タピオカ酸っぱいティー飲みきり

誕生日を認知されていなかった理佐は坂道でも落下して踏んだり蹴ったり(^-^;

普段そういう立ち位置じゃないだけになんか新鮮。

あとやっぱり理佐ってめちゃめちゃ美人ね(坂道関係ないけどw)

坂道に行く前に2期生に謝罪される流れがあって、そこから坂道に行ったので理佐のアップが続きます。テレビではアップで映ることが多いので気づきにくいですが、坂道で全身が映ったときに感じたのは手足の長さに対して顔が小さすぎね。

さすがモデルだなと思ってしまいます。

理佐ってクールなイメージで見られがちですが、尾関とのアスレチック企画のときも追い込まれる企画をやったときおもしろかったじゃないですか。

今回の坂道企画も坂が上がったときのほうが理佐の魅力が見られた気がしました。表面的にはSだけど、精神的にはMなタイプだと思うな(笑)

土生瑞穂 わかって当然!1期生クイズ

1.have 親近感がある

2.organic この文字を見ると手に取ってしまう

3.rock’n’roll いい男って感じ

4.japan なんだか落ち着く

5.white 何色にも染まっていない感じ

6.ice coffee 大人な感じ

7.dragon 強いものの象徴

8.Hollywood 英単語を代表するカッコいい言葉

このハーブさんの企画はさ、完全に自分から落ちにいってるよね(笑)

だってこんなもん分かるわけないでしょ。

武元ちゃんが最初にクリアしたホワイトは自分も分かりましたが、それ以外は分かりませんでした。

haveは言われてみれば土生ちゃんだからなるほどといった感じとしても「なんだか落ち着く」でジャパンとか、「英単語を代表するカッコいい言葉」でハリウッドとか土生ちゃんワールド全開すぎて答えを見てもよく分からないやつ・・・

どこが分かって当然クイズだよ!と思わず言ってしまった土生ちゃんクイズでした。

守屋茜 卓球マト当て

ここまで救出に成功したのは0人。梨加は惜しかったですね。

最後は守屋に根性で粘ってもらいましょう。

卓球経験を問われるとひかるんはやったことがないらしい・・・そんな人っているの(・_・;)一回ぐらいありそうなもんですが、そういう子もいるのか。

実際にゲームがスタートすると、ひかるんはぶっちぎりでヘタ(笑)関ちゃんとかもどんくさい感じ出てたなぁ。反面、まつりちゃんとか保乃ちゃんあたりがセンスを見せていました。

3枚倒してもボタンを押していないために坂道は上昇を続けます。ようやくボタンに気づいて止まると守屋は余裕の表情。

成功が確定した後にどこまでいけるかチャレンジしたらほぼ直角になるぐらいまで粘ってましたね。あれはすごかった。澤部賞獲得も納得です。

こういう体を使う企画に物凄い気合いで臨む姿っていいですね。欅坂46のメンバーって性格的に控えめな子が多いじゃないですか。そういう子たちが欅坂46の楽曲を歌うからファンに刺さる部分もあるのでそこも魅力ではあるんですが、バラエティという面ではそういう控えめなところがマイナスに出てしまうケースもあります。

そんな中で守屋のように率先して企画をがんばってくれる人がいるとその勢いに釣られて他のメンバーもがんばるという相乗効果も出て制作陣から見てもありがたい存在ではないでしょうか。

ただがんばりすぎて最後は危ない高さになっていたので早く下ろしてあげて!って思ってました。守屋の根性が全面に見えた坂道企画でした。

まとめ

王道バラエティ企画の坂道もおもしろかったですね。

来週はエピソードトーク企画かな。年内にもう一度平手が見たいところですけどそれは叶うのでしょうか。

1期生も2期生もがんばってくれました。今週も20回ぐらい見てしまいそうです(笑)

『欅って、書けない?』欅坂46が王道バラエティ企画に挑戦!菅井友香が思う自分の長所10を2期生は答えられるか!

2019.11.18

レコード大賞優秀作品賞を乃木坂46・欅坂46・日向坂46が受賞!レコ大にジャニーズが出ない理由はなに??

2019.11.17
スポンサーリンク
スポンサーリンク

10 件のコメント

  • 最初期からずっと気になってたんですが、今ではすっかりぺーちゃんは喋らないキャラとして確立されてるじゃないですか?
    喋らないことをキャラにしてしまうのって実際どうなんでしょうね?1期メンが消極的になって行ったのは、ぺーちゃんのこの部分が1つのキャラとして認められたから、こんなに楽なことはないという感じで真似してしまうメンバーもいるんじゃないかと1つの要因として考えてます。確かに喋らないキャラというのは今までになく斬新ですが、それさえも認めてしまうのかとずっと思ってます。自由というより、何でもあり的な。

    • バラエティにおいては積極的なことが常に正解ですよ。それは性格的におとなしい子であっても同じで喋られなくていいわけではなく、もっと前に出なければダメ。

      というのが前提にあった上で、アイドルが芸人みたいに積極的になれないのはしょうがないよねと思う部分もあります。もっと話せるに超したことはないですが、グループに何人かいてもいいのかなと思います。

      欅坂46の場合は全員喋れないという問題も最近は緩和されてきましたね。昔は酷かった(;^_^A

      • 加減が本当に難しいですよね、アイドルは( > < )
        バラエティを頑張ると言っても振り切ってやれば芸人からの評価は高くなりますが、ヲタ人気にマイナスな影響が出ます。でも、バラエティをやらなければ音楽活動(演じてる部分)は疎か、純粋なグループとして、アイドルとしてのパーソナルな部分が見えて来ない。特に欅坂の場合はパフォーマンス時とのギャップを強調するため、むしろパフォーマンスをより映えるものにするためにバラエティは欠かせない。
        アイドルがバラエティを頑張るとは具体的にどのくらいやれば良いんですかね?そこを是非掘り下げてほしいと思います。
        1つ極端な例を挙げるとしたら、以前ある番組でSKEの須田亜香里が鼻うがいや鼻毛脱毛ワックスをしてましたが、あれは芸人的には満点ですが、アイドル的にはアウトだと分かりました。
        あと、今回と前回、けやかけでバラエティのド定番である滑り台企画やりましたが、落ちた先にはスポンジのプールがあるだけで白い粉や墨、ローション、うなぎやカエル、ヘビと言った生き物があるわけではありませんでした。
        結構そこは残念だという声が挙がり、僕もてっきりプールというだけあって落ちたら罰ゲーム的な感じでグチャグチャになって笑いを取るんだと思ってたんで、肩透かしに合った感じです。
        あれはあれで良かったんでしょうか?アイドル的にはビジュアルは保たれましたが、バラエティ的にはちょっと…という風に思いました。

        • プールがスポンジだったのは気になりませんでした。プールが粉か水かスポンジかというのはオプションだと思っているのでどちらでもいいんではないでしょうか。

          今のけやかけに求められているのはバランスです。

          運営としては二期生を推していきたいでしょう。でも二期生だけでは数字的にも厳しいし、二期生が反感を買ってしまいます。そこで1期生の人気メンバーを中心に呼んで2期生をサポートするわけですが、今度は1期生の選抜落ちメンバーの処遇も気になるところで選抜落ちしてけやかけも呼ばれないんじゃ格差拡大です。それは欅坂らしくない。

          こんな感じでファンからの反感を買わないように気を遣いながらも二期生をプッシュしていくバランス感覚という意味で今回の企画は1期生も企画に参加していて全メンバーに配慮があったと思います。

          ちなみに須田亜香里についてはバラエティに寄りすぎてアイドルとしてマイナスというネガティブな面もありますが、彼女は不遇な時期が長かったところを握手会やライブパフォーマンスでファンを獲得して成り上がっていた苦労人です。

          アイドル王道ラインでは戦えないと見た彼女がなんでもやりきってがんばっているというバックグラウンドを知っているとバラエティアイドルとしてがんばる姿も悪くないなと思えてきます。

          • なるほど。必ずしもバラエティメンが不利になるというわけではないんですね。参考にさせていただきます。

  • ここ数日は特に欅坂界隈が荒れに荒れまくってるんですが、正直このまとめ記事のコメ欄で言われてるような要は今の欅坂をそもそも変えてしまえ論を唱える人達の意見はどう思いますか?
    僕は欅坂が欅坂であるためにそこは変えなくて良いのになと思いますし、長いヲタ人生の中で何回もこういうようなことはあったんでまたかという感じなんですが、欅坂きっかけで初めてヲタやる人とかにとっては全てが新鮮なんで、上手いこと言ってる側の人の意見に吸い寄せられてたりもして。
    成長するために変わるべきこと、欅坂が欅坂であるために変えなくて良いことがあると思いますが、全部を変えるのも成長のうちなんでしょうか?

    • コメントありがとうございます。

      結論からお伝えすると全部を変える必要はないと思います。

      この手の意見が出ることはグループが成熟してくると必ず起こることです。勢いがあって上昇していた時期から比べると、その後に訪れる停滞期はうっ憤が溜まるものです。

      欅坂46で言えば、メンバーの卒業、新メンバーの加入、選抜制の導入、新曲リリースの遅れ、スキャンダルのスルー、主力メンバーの休養など、ざっと挙げただけでもこれだけ出てきますからね。

      しかし、だからといって全部をぶっ壊して構築し直すというのは要するに今の欅坂46の否定です。そんなに今を否定するならその人はオタクを止めたほうがいい。

      では全部を変えろ!論者が何を言ってるのかというと、全員選抜制&卒業生が出ていなかった理想の欅坂46との比較をして変化してしまう欅坂46を受け入れることができなくて悲しいってことです。

      自分の理想像ではない欅坂46など見たくないから壊したほういいんだとグループに責任があるように言っていますが、結局のところグループというのは常に変わるもので、その変化に着いていけない自分自身の問題をなすりつけているんです。

      サイマジョで大人になんてなりたくないという強烈なメッセージを発した欅坂46も徐々にメンバー自身が20歳を迎えて大人になるにつれて、大人には大人の事情があって「大人=悪、若者=正義」といった単純なロジックでは語れないんだなと感じることも増えてきたと思うんです。

      欅坂46は1期生だけでいいんだ、全員選抜制じゃなきゃ欅坂じゃない!というのは誰もが内面に抱えながら、それでも受け止めて前に進んでいかなければいけないと消化させていく。こういうステージに入ってきた欅坂46に対してファンである自分自身も受け止めて成長しなければいけないなと思わされます。

      そんなわけで全部変わる必要なんてなくて、変化に着いていけないオタクの論理が多く含まれているのではないかと思います。

      • なるほど。ゆっかーの役柄はそういう役柄でしたか。

        推しではない自分であっても現場で濃厚なシーンがあったらいい気分はしないだろうなというのは分かります。ですから、本当に耐えられない人は見に言っちゃダメですね。

        今回の役をやるにあたってこういう役柄であることはゆっかーにも相談はあったはずです。となると、ゆっかー自身もアイドル生命を賭けた勝負の舞台になると思うので見応えのある舞台になりそうです。たしかに現役のアイドルがやるべき舞台なのかと言われたら難しいところですが、ゆっかーが挑戦してみたいと思ったことであればそれが答えなんでしょうね。

        共演者が煽るのは論外で殺害予告もやりすぎなのでそれ以上語ることもありません。

        ここではっきりさせておかなければいけないのは、オタクとして過激なシーンを見たくないというのは気持ちとして分かるということと、ゆっかーの舞台出演を否定してもいいというのは別物だということです。

        そりゃあ舞台とはいえ目の前で見せられたら嫌ですよ。でもそれを承知で役に徹する覚悟を決めた彼女の意思は無視するんですかと聞きたくなります。

        だから自分もゆっかーが好きな身として素直に喜べないところもありながら、彼女の想いも尊重したいみたいなところがせめぎあっています。
        ちなみにガチ恋は冗談のタイプもいますが、本気で好きになってるタイプ結構な割合でいて、なんなら繋がりたいと思っています。具体的な数字は出せませんが文字通りのガチに恋してる人だと思ったほうがいいと思います。

        • これらを見れば、今起きてることの全貌やゆっかーが今回やる舞台の詳細が分かると思います。(ちなみに多くの人達が勘違いしてるんですが、ゆっかーの役どころに決して濡れ場はないです。濡れ場だっていうヲタがいるんですが、それはさすがに現役アイドルにさせませんし、それを分かってるからこそ、僕はこの事態にヲタに危機感を抱いてますし、ゆっかーの舞台仕事を普通に応援できてます。キスシーンと(服の上から)胸を揉まれるシーンがあるみたいなんです。でも、あくまで芝居なんだし、文化祭などでやる何々をするフリのなんちゃって演技じゃないんだから、本格的にやるのは当たり前じゃんというのが僕の意見です。こういうのが阻害され過剰に制限や自粛があるから、今のテレビ業界がつまらないと言われる原因の1つですし、舞台は見に行ったことないですが、ドラマや映画好きな側としては本当にやめてもらいたいです。過剰な表現の自由の阻害は。)
          とにかく僕も秋元グループ関連で初めて見るくらい異常なほど今なお大炎上していて、(一部と言いたいですが、今回は大多数の)ヲタの間違った正義感で抗議するというより、ただただ暴れまくってしまってて、逆にゆっかーの足を引っ張る形になってしまってます。
          この仕事がポシャる、さらに言うとグループがアンチからの煽りなしでも本当に転覆してしまうんじゃないかってくらいにちょっと今ヤバいです。
          http://toriizaka46.jp/keyakizaka46/243529/
          http://keyakizaka46ch.jp/sugaiyuka/post-119837/
          http://keyakizaka46ch.jp/sugaiyuka/post-119808/
          http://keyakizaka46ch.jp/event/post-119719/
          http://keyakizaka46matomemory.net/archives/39209943.html
          http://keyakizaka46matomemory.net/lite/archives/39199149/comments/2186642/
          お手数をおかけしますが、全てに目を通していただきたいです。
          セクハラ発言をツイートした共演者のWikipediaも荒らされてます。編集者や時間を見たところ、荒らすためにわざわざアカウント取得してまでやったようです。須藤公一という俳優のWikipediaを見てみてください。
          ハヤケンさんももちろんそういうケースがあるというのは知ってると思いますが、ヲタの中にはただネット上でだけ暴れる人もいれば、実際に行動に起こしてしまう人も一定数います。
          直近ではNGT事件がそうでしょう。観劇しに行くヲタの中にタイミングを見計らって、舞台上に駆け上がり対象者を~…なんていう非現実的なこともヲタ界隈では無きにしも非ずの可能性があります。
          僕は一応すぐに欅坂の運営にゆっかーと須藤公一の身の危険に関して、とりあえず何か行動しなくてはと思い、問い合わせフォームからメールしておきました。

  • あと、今ゆっかーの舞台出演決定でその内容に関して炎上してるのは知ってますか?
    何か、ここまでヲタに嫌悪感出されると、せっかく取ってきた仕事もゆっかーはやりづらくなるんじゃないかと思うんですよね。別にAV出演強要されたわけではないのに。
    仕事がなかったらなかったで騒いで、あったらあったで騒ぐってよく分からないんですよね。
    ゆっかーに応援の声をかけるヲタはいないんか?っていう。
    あと、共演者の俳優がセクハラ発言をTwitterでしててそれも炎上してますが、それについてはないなぁと思いました。単なる煽りなのは分かりますが、度が過ぎてるというか。そのせいで今Twitterのリプ欄がめちゃくちゃ荒れてて、殺害予告までしちゃってるヲタがいるんです。
    あと、こういう演出がある舞台に出演するのは、女優目指してるならまだしも~…みたいな意見があるんですが、それ言ったら何もできないじゃんって思うんですよね。歌だってやってるなら卒業後は絶対に歌手になるのか?といえばそうではないですし、写真集出して水着やランジェリーになるならグラドルにでもなるのか?といえばそうでもないですから。
    あと、ガチ恋ヲタの気持ちを考えろみたいなことも言われたんですが、上手く言えませんが、ガチ恋というのは本気のガチ恋なんでしょうか?それともただ言ってるだけの擬似的なガチ恋なんでしょうか?本気のガチ恋だったら、本当に好きなメンバーを自分のものにしようと考えてるってことですよね?それってストーカーなどになる予備軍だと思うんですが、どうですか?
    僕もガチ恋だと言いますが、あくまでアイドルとしてであって1女性としてではないんですよね。
    あと、現役アイドルが知ってるかぎりでは濡れ場まではやらなくても、性的なことを彷彿とさせる演技はやってますが、こういうのはヲタ的にはアウトなんでしょうか?
    (例えば、乃木坂のまいやんが映画のウシジマくんで本郷奏多と性交渉後を匂わせる下着姿でベッドから起きるシーンがあります。)
    あと、単純にアイドルとしての品格を保つために仕事を選べみたいなことを言う人もいるんですが、今の欅坂の状況で仕事選んでられる場合なの?って思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。