NGT48山口真帆が卒業を発表!運営の対応は欅坂46のイメージまで下げる最悪の対応だった

欅坂46

4月21日NGT48の山口真帆、長谷川玲奈、菅原りこの3名が卒業を発表しました。

想像しうる最悪の結末ともいえる卒業発表にHKT48指原莉乃や総監督向井地美音も山口真帆を擁護する言葉を発信しています。なぜ山口真帆は卒業しなければいけなくなったのでしょうか。

欅坂46も文春報道の渦中にある中でNGT48の事件が欅坂46の報道までも信ぴょう性を高めてしまっているような気がしてなりません。NGT48事件が与えた影響について考えます。

NGT48山口真帆が卒業を発表

まずこれからお話するすべてのことの前提として最初にお伝えしておきたいのは、現在メディアに出ている情報しか見ていない以上真実が何であるのかは分かりません。

山口さんが嘘を言っているとは思いませんが、やはり100%真実を語っているのかは分からない。可能性の問題として運営の言っていることが真実である可能性もあるということは頭に入れながら考えないといけないと思っています。

その前提を考えた上でもやはり今回の山口真帆さんの卒業は残念でした。

山口さんの発言が真実だとするならば本来辞めるべきは加害者側のはずです。それなのに社長は「不起訴になった。ということは事件じゃないってことだ」と語ったといいます。「目をそらしてはいけない問題に対して、そらさないならやめろ、新生NGT48を始められないというのが、このグループの答えでした」と山口さんは続けています。

この言葉を聞いたときに、にわかには信じられませんでした。

被害者であるはずの山口さんは本来守られるべき存在であるはずなのに、むしろやめろと言われたのは彼女のほうだったわけです。そんなことあってはならないことじゃないですか。

内部告発した人間に対して「お前なに本当のことばらしてんだ。お前が黙ってればこんな大事にはなってないんだぞ」って言ってるのと同義です。実際に暴行されていて命の危険を感じるほどの事件にあっていて、運営に相談しても対応してくれないから最後の手段として暴露しただけなのに「そらさないならやめろ」が答えというのは考えられない答えです。

ただどうしても引っかかったのは山口さんは事件を暴露して以降、運営の記者会見をTwitterで反論するなど運営としても彼女に何かを言えば全部暴露されることは分かっていたはずでしょう。それなのにそんなこと言うかなと思いました。だって発言がアウトなのは当然として不用意すぎませんか。そんなこと言ったらバラされて印象悪くなるのが見えてるじゃないですか。

でも今は1周回ってきてそういうこと言っちゃうのがAKSなのかなとも思っています。

被害者であるはずの山口さんと山口派といわれる子たちの居場所がなくなっての卒業。本来卒業させるべきはそっちじゃないでしょう。

ただSNSでは誰が加害者なのかという話題になっていて名指しで批判している方もいますが、確証がない以上は冤罪の可能性が否定ができないのでやりすぎだと思っています。しかし、ファンと繋がっていたとされる子はそのままに、被害者である子が卒業するというのは絶対に間違っています。

HKT48指原莉乃&AKB48総監督向井地美音が卒業について言及

指原はAKBグループにとどまらず芸能界全体として見ても影響力の高い子なので彼女の発言は常に注目されています。4月より総監督となった向井地みーおんも就任早々に大変な状況になっていますね。どちらも本音で語ってくれていると思います。

ですが、指原のこのツイートのリプ欄を見るとこんなものを見つけました。

こんなリプに対して2000以上のいいねがついていることが理解できません。

まずガス抜きであったとしていったい何が悪いのでしょう。暴行されても事件をもみ消して火消しに走る事務所にいることの不安をガス抜きするぐらいいいでしょう。

さらに秋元さんに言えばいいとか、他のリプでは具体的に行動を起こせばいいとか言ってる人がいます。この手の事件やスキャンダルになると影響力の大きい指原や役職のついている総監督は何かと具体的な行動だとか説明責任だとかを求められるのですが、指原も総監督もどちらも一人のメンバーにすぎないということです。

総監督という役職も責任の重さに対して内部での権限までは与えられていないのが現状だと思います。

NGT48の件が全て本当だとするなら内部で戦うよりも外に発信して世論を味方につけていくほうが賢い戦略といえます。

何事も変な解釈をする人はいるんだなというのが率直な感想です。指原の発言は正論だし、みーおんの発言もいいコメントだと思いました。

NGT48運営の対応は欅坂46のイメージも下げる最悪の対応だった

NGT48と欅坂46はアイドルファンであれば同じ秋元康プロデュースのアイドルグループとはいえ全く別のグループであると知っています。48グループと坂道グループという違いもありますし、楽曲のコンセプトも全然違う。

しかし、それはあくまでアイドルファンを前提にした話であって一般人にとってはどちらも秋元康プロデュースアイドルと一括りにされてしまいます。

ましてや欅坂46も週刊文春によるいわゆる文春砲の渦中にいる状態なのでタイミングとしては最悪です。

NGT48の件も欅坂46の件も報道されている内容としては加害者側が守られて被害者側がはぶかれるという構図は同じなんです。そうなるとNGT48の運営の対応のまずさがイコール欅坂46の報道の信ぴょう性を高めてしまうという流れを生んでしまっています。

同じ秋元さんプロデュースのグループとはいえ秋元さんは総合プロデューサーであって現場のことは支配人が担当しています。だからマネージメントの面に関しては秋元さんに全く責任がないとは言いませんが、実権は支配人にあると考えたほうがいいでしょう。

48グループの中でも各グループによって全く違うのだから48グループでもない欅坂46とは全然違うということです。

もちろん欅坂46の件は事実無根であると断言できるほど情報を持ち合わせていません。48グループと坂道グループも似たような運営体質である可能性を否定することはできませんが、少なくとも違うグループであるということだけははっきりさせておきたい部分です。

NGT48問題の対応が最悪な理由は、運営は自分のことを守ってくれないんだ!という印象をメンバーが持ってしまっていることです。それは指原が言うように会社としておかしいと言わざるをえません。

国民的アイドルグループを運営する会社としての責任というものはないのでしょうか。NGT48運営の対応はあらゆる意味で最悪でした。このことで欅坂46のイメージまで下げてしまうのは欅坂46ファンとしては残念でなりません。NGT48運営の罪は大きい。

まとめ

NGT48の山口真帆さんは今回の件で初めて知りました。

動画で暴行されたことをカミングアウトしたときは内容が衝撃的だったことへの驚きと同時になんて綺麗な子なんだという驚きがありました。

本人はまだ芸能活動への意欲はあるようです。意図しない形だったとはいえ知名度は今回の件で上がったわけで、ある意味一つのチャンスと捉えて芸能活動に繋げていってほしいなと思います。

まずは彼女が安心して眠れる日が一日も早く来ることを願っています。

ske48

SKE48須田亜香里TBS『サンデージャポン』出演!今村悦郎&戸賀崎智信について発言

2019.03.10
ske48

SKE48須田亜香里がNGT48山口真帆の事件についてTwitterで言及!ファンから賛否の声

2019.01.13
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。