日向坂46『日向坂で会いましょう』利きエミール対決で齊藤京子がミラクル!小坂菜緒のツッコミ炸裂

日向坂46

5月12日放送の日向坂46『日向坂で会いましょう』は松田好花プレゼンツひらがな楽曲運動会でのご褒美が「春日さんから奢ってもらえる」だったことが始まりです。

乃木坂工事中では日村さんが奢ってるし、けやかけでは澤部さんが奢ってるという流れもあるし、そもそも芸人の世界って先輩が奢るっていうのが慣習です。それぐらい奢るってよくある話なのに、聞いてないから奢りたくないとか春日さんが言い始めているというとにかく器が小さい話なんですよ。

丹生明里のレトロブーイング

そんな器の小さい男に対してブーイングをする丹生ちゃんかわいすぎな(*´▽`*)

「そうだ、そうだー(゚Д゚)ノ」

と周りに賛同する丹生ちゃんにブラック要素がなさすぎて天然記念物として認定したいぐらいです。

【春日からの条件】
対決内容は春日が得意なモノに限る

これ一回運動会で勝ってるのに再度春日と対決というのも分からない話ですよ。

そもそも、だーこのからの事前申請がなかったとしてもポンと出しなさいよっていう、とにかく器の小さい男を露呈している企画です。

それでいて富田に「器が小さいですよ」って言われるキレるあたりも小さい(´・ω・`)

ひらチームが一番ほしい物を発表

高本彩花「生肉」

丹生ちゃんみたいに焼肉って書くのが一般的な回答の中で、生肉という普通はなかなか食べられないものを要求してくるあたりがさすがおたけ。

丹生ちゃんは田舎っぽくてダサい感じが魅力ですが、おたけの場合はちょいちょいセレブ要素を発揮してきます。しかも、すでに生肉のおいしい店を知っていて、さらにもっとおいしい店に連れて行ってくれって絶対高いお店じゃないですか。

生肉なんて普通食べられないことを考えるとおたけの生活水準が見えますね。

あ、なんか丹生ちゃんdisりみたいになってますが、丹生は都会に染まらないでほしいという意味ね(;^ω^)

高瀬愛奈「トレーニンググッズ」

高瀬はなんで腹筋を割りたいんだよ(笑)

運動神経はよくないイメージだし、筋トレやるイメージもないけどなぁ。

春日が筋トレ好きだからそれに寄せていったという乙女心からの答えならかわいいですが。

富田鈴花「スーパービューおどりこ箱根旅行」

若林さんの「春日と?」の聞き方はたしかに富田と二人で行くような聞き方ですよね。

でもちょっと冷静になって考えれば春日と二人で旅行に行きたいって富田が要望してるわけもなく、結局春日がフラれたみたいな展開なに?ww

スタッフさんも含めた慰安旅行はだいぶパンチ効いてますが、1人2万で50人連れていったとしても100万円なわけで、それぐらい出す男気を見せてみろよって感じですが、奢りたくないを連発してる人に言ってもムダだったw

加藤史帆「一発ギャグ」→「遊園地ロケ」

一発ギャグをほしいって言う相手間違ってるだろ!

鬼瓦とかもらってもしょうがないわけで・・・

その後の遊園地ロケに切り替えてからの「本当に嫌じゃないメンバーと行きたい」って言った直後のスタジオの空気ね(;^ω^)

あの言い方は完全に私の嫌いなメンバーとは行きたくないとしか捉えることしかできない言い方でした。

言い間違えたことを必死に訂正するかとしもかわいい(*^▽^*)富士急に行きたくないメンバーは無理に誘わないよというかとしなりの優しさが完全に裏目に出てしまった瞬間で笑いましたw

井口眞緒 目をかきすぎ

相変わらず井口は奇行が目立つな(;^ω^)

あれなんなん?目をかくことはあっても収録中にあんなにガッツリやるかね。

ただ勝者のひらチームがメインで、がなチームの空気感が強い構成の番組でもしっかり爪痕残してくるあたりはさすが。それにしてもやっぱり変なやつだw

第一競技 利きエミール対決 高瀬愛奈・齊藤京子

そもそも利きエミール対決ってなんだよっていう対決ですが、要するに利きシュークリーム対決ってことです。

こういう対決で高瀬が普通に出てくるあたりが本当にくじで引いてるんだなって感じがしますね。ぶっちゃけ、くじなんて人気メンバーしか入れておかなくてもバレないわけじゃないですか。でもやっぱりそれだとおもしろくない。

そしてもう一人は京子。

京子はなんでシュークリーム食ってないんだよ(´・ω・`)

差し入れで出ていたら普通食べるでしょうに。何の手掛かりも持たないまま利きエミールって言われてもエミールを知らないという罠ww

あたふたする京子がおもしろかった点と、膝っぽいシュークリームというエミールの営業妨害のような発言をして、結果当ててしまうというミラクルを起こすあたりが京子らしいですね。

日向坂46メンバーからのクレーム続出!

中盤から国会の政治家なみのヤジが飛び交う戦場のようなスタジオ。

エミールを前室で食べていたという不正が発覚した直後は修羅場でしたね。

渡邉美穂「恥ずかしくないんですか?」

こさかな「それでも食べるのはおかしいと思います」

高瀬愛奈「春日さんがそういう人だとは思っていませんでした」

ビジネスライバルを公言する美穂が切り出すところは分かるとして、その後に続いたこさかなが抜群だよね。

日向坂のすごいなと思うのは、センターのこさかなもバラエティのノリに乗っていけるところ。やっぱり井口が言うのと、こさかなが言うのとでは意味合いが変わってくるじゃないですか。

こさかながバッサリ切り捨ててるあたりが日向坂46のバラエティ層の厚さを感じたシーンでした。

第二競技 早泣き 丹生明里・富田鈴花・加藤史帆

早泣き対決は姪っ子の映像を見て泣く対決で、そもそも姪っ子ってなんだって感じなんですが、映像を映せないんならさすがに違う映像にしろよっていうね(;^ω^)

さすがにシュールすぎる映像に視聴者が着いてきてるのか心配になるレベルです。

かとしなんてデビュー当初もよく泣いていた印象なので、結構すぐに泣けるんじゃないかと思っていたらほとんど泣ける気配なし。ていうか、もう終盤は笑っちゃってました。

富田が意外といけそうかなと思いましたが、結局もう一押しがなく泣けず。

丹生ちゃんにいたっては絶対泣く気ないだろってレベルでした(-_-;)

そんな中で井口が泣くというミラクル。

井口はどんな状況に置かれてもねじ込んでくる強引なドリブルなんなんw

というか、丹生ちゃん、かとし、富田が泣けなすぎです。

歴史的にも類を見ない凡戦となった試合でした。

第三競技 5メートル走 潮紗理菜・高本彩花・東村芽依・井口眞緒

このメンバーなら潮とめいちゃんに期待。井口とおたけがめいちゃんより前にいるイメージはないですからね。

そして期待通り1位通過をするめいちゃんさすがすぎる。

いや~やっぱり日向坂46メンバーが圧勝で奢り券獲得と思いきや、またしても春日からクレーム。

美穂が切り出した座布団の障害に周りのメンバーも悪ノリしていくあたりが日向坂っぽい気がします。

そもそもバラエティの場合、勝負に勝つか負けるかよりもどういう展開になるかが重要なわけで、勝負なんてどっちでもいいんだってことに気づくとバラエティ番組も楽しめます。

欅坂46メンバーが2018年秋ぐらいからその感覚を掴んだのに対して、日向坂46のメンバーは始まった当初からそれを実行できちゃうんだから適性高いですよ。

さらに、こさかなの「さっきのエミールはどうなるんですか?」というダメ押しが決まったのが最高。

今回の収録では、がなチームで存在感を示すにはガヤで騒ぐしかなかったわけで、こさかな、美穂、井口は不利な状況でも存在感を示すあたりはさすがでした。

まとめ

オードリーの内輪ネタ感が強まってきている『日向坂で会いましょう』ですが、そこはオードリーと日向坂46が楽しければいいんじゃないですか。

あんまり視聴者を意識しすぎた構成の番組も好きじゃないというか、芸人は自分が一番面白いと思うことをやればいいんだと思います。それにしても姪っ子の映像が公開されなかったときは、使えるやつ持ってこいよって思いましたけどw

オードリーと日向坂の一体感も強まっておもしろいですね。

ただ今回は陽菜ちゃんが空気だったのだけがちょっと残念かな(;^ω^)来週に期待。

日向坂46

日向坂46『日向坂で会いましょう』丹生明里のデコ弁がかわいい!2期生「沈黙が愛なら」披露!

2019.05.08
日向坂46

日向坂46『キュン』5/6個別握手会レポートひーひー兄弟 河田陽菜・丹生明里in幕張メッセ

2019.05.06
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。