日向坂46ワンマンライブinSSAレポート『期待していない自分』センター佐々木美玲の全力ダッシュと富田鈴花のラップに注目

日向坂46

9月26日(木)さいたまスーパーアリーナで行われた日向坂46ワンマンLIVEを観に行ってきました。

SSAといえば地元埼玉が誇るライブ会場ですから地元に日向坂46が来てくれるのは嬉しいですね。埼玉組である金村美玖・丹生明里・渡邉美穂の3名にとっては凱旋ライブとなります。SSAでのワンマンが夢だったと語る彼女たちの夢が叶うLIVEでもあります。

1週前に東京ドームで欅坂46のコンサートを見ているだけに会場内に入った瞬間に狭く感じるから不思議なものです。

席はスタンド席200レベル中段という高さもあって下手なアリーナ席よりよっぽど見やすい席でした。

それではライブの注目ポイントをレポートします。

日向坂46『3rdシングル発売記念ワンマンライブ』セットリスト

01. ドレミソラシド
02. ひらがなで恋したい
03. ときめき草
04. 期待していない自分
05. 抱きしめてやる
06. My god
07. やさしさが邪魔をする
08. Cage
09. Dash&Rush
10. 君に話しておきたいこと
11. こんなに好きになっちゃっていいの?
12. キツネ
13. キュン
14. ハッピーオーラ
15. NO WAR in the future
16. JOYFUL LOVE
【アンコール】
17. 誰よりも高く跳べ!
18. 半分の記憶
19. 約束の卵

オープニングは『ドレミソラシド』からスタート。今回も振り付けはこさかなを指揮者としたオーケストラバージョン。これからはこっちの振付がメインになっていきそうです。

1~3曲目のドレミ→がな恋→ときめき草あたりは会場を温める曲というか沸ける曲です。

そこから期待していない自分あたりから流れが変わってCageまではメッセージ性の強い楽曲が続きます。

今回が初披露となった『こんなに好きになっちゃっていいの?』はMV衣装に着替えての披露。これまでの表題曲とは違ってバラード調であることや初披露ということもあってセトリの中でもポイントになる部分でした。

そっから先のキツネからJOYFUL LOVEまではラストスパートで素直に沸ける曲でたたみかけてきます。

冒頭の掴みの曲、世界観を見せる曲、盛り上がる曲という強弱がはっきりしたセトリで見やすい構成でした。

本編最後のJOYFUL LOVEでは会場がカラフルに染まってキレイな景色をファンが演出していました。

埼玉組のMCに注目

地元埼玉に凱旋した3人がどんなご当地ネタを入れてくるのかを注目していました。自分も埼玉に住んでいるので分かりますが、ぶっちゃけ埼玉ってこれといった特徴はほとんどないですからね(;^ω^)

十万石まんじゅうとか、吉見の百穴とか、誰でも知ってるようなことを話題にしそうな気もしますがいかに・・・

金:埼玉県のシンボルの木はけやきなんです。

おすしがけやきについて触れてきました。日向坂46の改名前の名称であるけやき坂46との接点をアピールするあたりはさすがおすしですね。頭がいい。

渡:実は意外と知られていないんですけど、さいたまって日本一快晴が多い県なんですよ

美穂は快晴が多いということでおひさま繋がりできました。どっちもうまいですね。埼玉県民として感心してしまいます。
途中、食パンの袋を留めるクリップの生産量とか、小松菜の生産量とか小ネタを挟みながら埼玉県の魅力をアピール。

そんな中で山口県出身の河田陽菜ちゃんに埼玉県のイメージついて聞かれると

河:自然が豊かで鹿がいるイメージでした

と笑顔で語ってくれたのですが、なになにどういうイメージですか(-_-;)

それは完全に奈良でしょ。埼玉と鹿のイメージって全く結びつかないし、埼玉で鹿を見たことないよと言いたいところですがそんなところも含めてKAWADAワールドといったところでしょうか(笑)

宮田愛萌 やっぱり高所恐怖症だった

さいたまスーパーアリーナは広いのでメンバーがアリーナ席の横をトロッコに乗って近づいて来てくれます。大箱ならではの演出ですね。

アリーナ前方民以外は結構な距離があるわけでスタンド席の自分たちのところはトロッコで近づいてきてくれるときぐらいしか近くで見ることはできません。

距離感だけで言えば握手会で見ているメンバーもいますが、コンサートで近づいてきてくれたときの感動って握手会ともまた違った感動があります。

1曲の間に会場の後方まで行って戻ってくる流れなのに行きをゆっくり行き過ぎたため帰りは超高速なのは笑いました。

その分、行きはすごいゆっくりだったのでメンバーが近くにいる時間が長かったので、おたけの顔めっちゃ小さいやん!とか、丹生ちゃんの笑顔に癒されたり楽しめました。

自分のちょうど正面には愛萌と好花が乗ったトロッコが止まっていたんですが、トロッコって結構高さあるじゃないですか。そのせいか愛萌は柵をしっかり握っていて曲中なのに全然踊れてない(笑)

その反面、好花はそんなのお構いなしでトロッコの上でも普通に踊っていました(笑)

愛萌はバンジー飛べなかったり階段恐怖症だったり乗り物酔したりとトロッコのような高さと乗り物の合体は相当怖かったはず。それを思えばよくがんばってくれました。

佐々木美玲 センターの苦悩を表現

日向坂46のセンターといえば現在は小坂菜緒が3曲連続で担当していますが、昨年リリースされたけやき坂46のアルバムリリース時のセンターは佐々木美玲でした。

ちょうど自分がけやき坂46を知ったときのセンターが美玲だったということもあって、どこかセンター美玲の面影を今でも引きづっているところがあります。

美玲センター曲の代表的な曲としてはやはり『期待していない自分』です。今回は3曲目『ときめき草』で花道のセンターステージに歩いていき、『期待していない自分』は花道のセンターステージからスタート。

全体のセンターとして踊る美玲

1人だけステージ横の階段からメインステージへ

メインステージで一人踊る美玲と花道で踊る他のメンバー

美玲が花道にいる他のメンバーにダッシュで合流

全員でメインステージにダッシュ

つまり美玲は1曲の中で1往復半を全力ダッシュしてるわけで相当なしんどかったと思います。『ひらがな推し』や『日向坂で会いましょう』を見ても運動能力だけを見ると平均以下ですが、ダッシュしている姿はスピード感があって曲のイメージにあった疾走感を表現できています。

日向坂46は今でこそど真ん中の王道アイドルとしてハッピーオーラを掲げていますが、ちょっと前までは欅坂46のアンダーという立場もなくなってしまった不遇なアイドルといった印象がありました。

『期待していない自分』は従来のけやき坂46のイメージに重なる曲で、思い描いていたものと違う現実にモヤモヤしたものを抱えながらもそれでも諦めきれないんだという理想と現実の間での鬱憤を感じる曲になっています。

演出の意味を考えていくと全体のセンターで一度踊ってからセンターの美玲一人がメインステージに立って踊る姿はセンターの孤独感や苦悩を表現します。

実際に一人で踊る美玲は苦しそうな表現をします。

しかし、苦しみがあっても夢を捨てるわけにはいかないと再びセンターに立つ決意をした美玲は全力ダッシュで花道を走ります。全力でダッシュしてギリギリ間に合って美玲のパートが始まるので本当に尺はギリギリに設定されているのがすごい。

そして全員で自分たちの本来のあるべき場所である前方メインステージに戻ります。

『期待していない自分』での美玲のかっこよさはかとしがブログでも触れていました。

やっぱりみーぱんのライブパフォーマンスってかっこいいなぁって改めて感じる曲です、みーぱんの動きとか表情って見ていてフォーーってなるっていうか私もみーぱんみたいにダンス上手くなりたいです!
みーぱんのダッシュも最高にカッコいい!みーぱんこの曲やる度に走り方かっこよくなってる気がします!

日向坂46加藤史帆公式ブログより引用

本当にその通りだなと思えるブログでした。

現場で見ていても感情が伝わってくるパフォーマンスで、こういう子がセンターではなく2列目にいるというのが今の日向坂46の層の厚さにも繋がっているところなんだなと感じました。

富田鈴花 Dash&Rushでラップに挑戦

最近はめっきりラップキャラのイメージがなくなってきた富田ですが、2期3期生曲の『Dash&Rush』が始まる前に一人でラップを披露してくれました。

めちゃめちゃかっこよかったですよ。

富田が迷走キャラになっているのって結局なんでも器用にこなせちゃうことが原因にあります。富田をきっかけにして周りに広まって、他のメンバーのほうがうまくなってくるとやめちゃう。

器用にこなせるけど、ある程度のレベルになると新しいものを求めてコロコロ変えちゃうのはもったいないなと思うんです。

他の誰かと比較して敵わないと思うから引いちゃうわけですが、根本的な部分で常に誰かと比較して劣等感を抱えているところがあって、それが要所でビビる彼女の性格の根幹になっているように思います。

ラップキャラに限界を感じても絶対続けたほうがいいんですよ。

誰もプロのラッパーと比較して富田のラップはヘタだなんて思わないじゃないですか。今でも日向坂46のライト層は富田をパリピキャラ、ラップキャラというイメージを持っている人はいます。

キャラ立ちできないと悩むメンバーからしたら富田のキャラは羨ましいはずです。実際に今回のLIVEでも本気でラップをやらせたらかっこよく決めてくれます。

おそらくアドリブでラップをやってとか、握手会でラップを振られて対応できないことで自信をなくしていったんじゃないかと思いますが、そんな即興ラップなんて普通できませんよ。

富田の器用さ絶対に武器になると思うので今後もラップをライブでも披露してほしいと思います。

小坂菜緒 『こんなに好きになっちゃっていいの?』

新曲『こんなに好きになっちゃっていいの?』はSSAで初披露となります。衣装もMVと同じ衣装です。

曲が始まる前にスクリーンにはMVとは違う映像が流れます。海岸のテトラポットがあるような場所にポツンと置かれた公衆電話。そこで「深読みしてもしょうがないよね」といったセリフを言った後に、雨が降る中を傘をさしながら走るこさかな。

空は晴れているのに雨が降っているのはこさかなの複雑な心理状態を表現しているのでしょうか。

最後、アップになったこさかなは「好きです」と語り会場からは沸きます。

ザッとまとめるとこんな流れの映像でしたが、どうも言ってることがうまく伝わってこない映像でした。

・なぜ公衆電話?
・なぜそこの場所に電話ボックス?
・なぜ晴れているのに雨?

なのかが分からない。

『こんなに好きになっちゃっていいの?』は好きになってはいけないという理性に反して心はどんどんあなたのことを好きになってしまうといった素直に好きを表現できないなんらかの理由を感じる曲です。

そういった曲の世界観を補足する意味で作られた映像なのかもしれませんが、それならもっと分かりやすい表現方法はあったと思います。

曲が始まり後半に差し掛かるとステージ上の2階部分で苦しみに耐えながらも好きな気持ちを抑えきれないこさかなの表情は圧巻。

こさかなはこの曲で間違いなく表現者としてのレベルが1つ上がったなと思います。

もともと本を良く読む子で感受性の高さを感じていたので自分の中で咀嚼して自分なりの主人公を演じるというのは得意なのかもしれません。

今後の歌番組でも披露されることで日向坂46の小坂菜緒が今まで以上に評価されることを期待します。

年末の歌番組の特番はおそらくキュンかドレミだと思いますが、紅白やレコード大賞に関しては『こんなに好きになっちゃっていいの?』でもおもしろい気もしますね。楽しみです。

まとめ

欅坂46のライブは世界観を重視しています。

日向坂46のライブももちろん世界観はありますが、欅坂46に比べると純粋に楽しく盛り上がる曲が多いのでアイドルらしいアイドルのコンサートを見ることができたなという印象です。

クリスマスライブの発表もあり年末も忙しくなりそうですね。

今度は幕張ですか。仕事も調整してもちろん参戦予定です。

また年末の楽しみが増えました。

9/16日向坂46『ドレミソラシド』全国握手会ミニライブ&加藤史帆レポート!上村ひなのは運動神経が悪くてもダンスメン?

2019.09.16

日向坂46最新曲3rdシングル『こんなに好きになっちゃっていいの?』MV考察!センター小坂菜緒のソロダンスに注目!

2019.09.04
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。