日向坂46『キュン』5/6個別握手会レポートひーひー兄弟 河田陽菜・丹生明里in幕張メッセ

日向坂46

5月6日は日向坂46デビューシングル『キュン』発売記念個別握手会に参戦してきました。このGWはやたら幕張メッセに来ますね。

今回当選したのは河田陽菜&丹生明里というひーひー兄弟コンビ。当然申し込んだときは『HINABINGO』はやっていなかったのでたまたまなんですが、なんか当たったような感覚があって嬉しいですね。

念願の河田陽菜ちゃんに会えるのを心待ちにしていました(*^▽^*)

河田陽菜 1部1枚

ハヤケン
陽菜ちゃん料理作るのうまくなったね。
河田陽菜
ほんとに!ありがとう(*^▽^*)
ハヤケン
がんばってね。

ブース内に入ると普段着のような陽菜ちゃんでした。基本的に握手会のときは顔しか見てないので服装は重視してないのですが、陽菜ちゃんの部屋着ってきっとこんな感じなんだろうなと思うような紺のトレーナーだった気がします。

身長は想像よりも低かったかな。小柄な印象。

1枚出しでの会話は無理をしないようにしているので『日向坂で会いましょう』のデコ弁企画について触れて終了。以前のがな推しのときにやった料理企画で悲惨な結果だったので料理ができないイメージしかなかったのですが、あの企画以降料理道具を揃えて料理をできるようにがんばっているって言ってましたね。

デコ弁も色味や味については微妙でしたけど、それでも以前に比べたら成長していますよ。

ということで、料理の腕前が上がっていることを褒めたくなって伝えてみました。

正直、会話の内容はおまけみたいなもんで河田陽菜ちゃんと握手しながら直接話してるってすごくないですか!いま思い返しただけでも(・∀・)ニヤニヤが止まらん(笑)

ありがとうって言ってくれたときの目がなくなる陽菜ちゃん独特の笑い方とかマジ天使だから!!

あと女の子の手って冷たいことが多いのですが、陽菜ちゃんの手は温かかったです。むしろちょっと眠いんじゃないかっていうぐらいポカポカな手をしていました。

陽菜ちゃんが笑顔で「ありがとう」って言ってくれるだけで十分元は取れました。

ちなみに「ポッポ チュセヨ」は全国握手会で言われまくってるらしいので自粛しましたw

丹生明里 2部1枚

ハヤケン
生誕祭は行けなかったけど誕生日おめでとう
丹生明里
うん、ありがとう
ハヤケン
じゃまたね (゚Д゚)ノ
丹生明里
またね(゚Д゚)ノ

『日向坂で会いましょう』のデコ弁の話か、翔んで埼玉の話をしようと思っていたんですが、ブースのところに「喉の調子が悪く小声になってしまいます」と書いてあったので、会話を前提にした話は無理だなと判断。

井口のブログで生誕祭をやってもらった丹生ちゃんが泣いてしまったということが書いてあったので、お誕生日おめでとうというシンプルすぎることでも嬉しいのかなと思って伝えてみました。これなら一方的に話して終われますからね。

2月15日生まれの子に対して5月におめでとうと伝えるのもどうかと思いましたが、生誕祭も先日やったわけだしそこはいいかなと思って強行しました。

まったく声が出ないわけじゃなくて小声でも話はできるようなので会話ができないわけじゃなさそうです。

丹生ちゃんはシンプルに美少女よね。

日向坂46にいるから際立ってかわいいとは思わないだけで、街中にこんな子いないもの。それでいてビュアの極みでしょ。表裏なさそうだもん。

1部の陽菜ちゃん、2部の丹生ちゃんと癒される2人に心を浄化してもらった気分です。

1枚出しでの会話だと伝えられることには限界があるにしても本人に会って想いを一方的に伝えているだけでも元気になれます。

日向坂のハッピーオーラをもっとも体現しているのは丹生ちゃんて言われるのもなんか分かる気がするなぁ。次は2枚出しでちゃんと話をしてみたいと思いました。

まとめ

とにかく今回は河田陽菜ちゃんに会えたことが何もよりも収穫だった握手会です。2枚しか持ってないとなると幕張まで早起きしていくモチベも微妙になりがちですが、河田陽菜ちゃんに会うためなら1枚でも行きますよ。

これまで日向坂のイベントは全国握手会や欅坂46個別握手会だったので今日の日向坂46単独握手会となると人の数がだいぶ減っていいですね。とはいっても完売出してるぐらいなんで人は多いですけど、人の総数が減っただけでも居心地がよくなります。

握手会での対応っていう意味では欅坂46より日向坂46なのかもしれませんね。

欅坂46

5/4欅坂46『黒い羊』個別握手会レポート 上村莉菜・齋藤冬優花・宮田愛萌・尾関梨香

2019.05.04
日向坂46

日向坂46『キュン』4/30全国握手会 加藤史帆握手会レポートとミニライブセトリin幕張メッセ

2019.04.30
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。