SKE48古畑奈和 2018年総選挙で神7入り宣言!ソロ曲『オルフェス』が神曲と話題

6月16日(土)にAKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙がナゴヤドームで開催されます。

地元名古屋を拠点に活動するSKE48はナゴヤドーム開催の今回の選挙で第1党を獲得できるのか注目されています。

松井珠理奈さんの1位争い、
それを追随する須田亜香里さん、
神7入りを狙う惣田紗莉渚さん
が上位争いをする中で
16位以内となる選抜入りを目指すのが古畑奈和さんです。

2017年の総選挙ですでに14位と選抜入りを果たしているのですが
過去の例を見ても前年14位あたりのメンバーは
翌年選抜落ちをする可能性も秘めており油断できないボーダーラインにいると見ています。

古畑奈和さんの選抜入りはSKE48にとっても大きなポイントになってくるので、今回は古畑奈和さんを特集します。

古畑奈和のプロフィール

ニックネーム:奈和ちゃん 5期生

生年月日:1996年9月15日

血液型:O型

出身地:愛知県

身長:160.3cm

キャッチフレーズ:私と素敵な笑顔の交換をしませんか?

5期生ということで江籠ちゃんとも同期ですね。

5期生も今ではだいぶ少なくなってしまいましたが
個性的なメンバーが揃っていてかなりの黄金期です。

加入当初から堀北真希さんに似ていると話題になるなど
5期生でも注目されてきたメンバーです。

握手会での神対応

古畑奈和さんを一躍有名にしたのが握手会での神対応です。

握手会のレーンにファンが入ると古畑奈和さん自身が
ファンのほうにジャンプしてくる姿がかわいいと話題になりました。

いわゆる「古畑ジャンプ」というやつですね。
(※現在は握手会のルールが変わったことと合わせて腰が痛くてできないと言っています(笑))

AKBグループ全体の中での神対応ランキングでは1位に推されることもありました。

SKE48の期待の新人が現れたなと思っていたわけですが
当時の古畑奈和さんの握手会に行っていた知り合いに聞くと
あるときから握手会での対応が悪くなったといいます。

すでに握手券を大量に買っていたにもかかわらず
古畑奈和さんと握手はしたくないと言って握手券を使わなかったんです。

もちろんアイドルとファンの間にはいろいろあります。

アイドル本人に落ち度がなくても対応が悪いと言われることはあるんです。

ファンが内心他の子に心変わりしてきているのを正当化するために
アイドル側に落ち度があるように語ることはよくあることです。

しかし、当時の古畑奈和さんのファンの中での評判は
やはり以前よりも対応が悪くなってきた
という声が大きくなってきていたのも事実です。

10代の女の子ですから精神的に不安定になったり
モチベーションが下がったりすることがあったのかもしれません。

そこらへんの真相は分かりませんが
完全に推されラインに乗ったと思われた古畑奈和さんが
伸び悩んだ時期もあったということなんです。

2017年古畑奈和さんは総選挙14位

第6回55位(14,634票)

第7回24位(25,650票)

第8回29位(28,553票)

第9回14位(40,202票)

2017年の第9回で総選挙14位を獲得して悲願であった選抜入りを果たした古畑奈和さん。

2018年はいよいよ神7入りを目標に掲げています。

ようやく本領発揮をしてきた印象がありますね。

ただ本来はもっと早く開花してもいい素材だと思われていたので
選抜入りをするのには時間がかかった印象ですが
今年も神7を目指すなど自分の思いをしっかり口にするようになってきたのは成長している証です。

ルックス的にもめちゃくちゃかわいいし
歌唱力も演技力も評価が高い子なので
持っているポテンシャルはとても高い子なんです。

でも自分の思いを口にするのが苦手な一面があって
それがここまで選抜入りに時間がかかった理由だと思っています。

2017年の選挙前の討論番組では
自分の思いをうまく言葉にできず
番組終了後に涙を見せるシーンが公開されました。

その後、ブログで当時の思いを語ってくれたのですが
思いを伝えようとしすぎてうまく言葉にできなかったといいます。

しかし、その思いを語ったブログを読むと
当時の思いや古畑奈和が選挙に賭ける気持ちがどれだけあるか
しっかりと伝わってきました。

討論番組というのは反射神経が求められて
即座に回答しなければいけないので言葉が出てこなかったようですが
文章にするとしっかりと思いが伝わってくるんです。

だから、反省するべきところは反省するとして
文章という自分の得意な表現方法で
気持ちを伝えてくれればファンには思いが伝わってきます。

その思いが伝わったからこその14位だったはずです。

ソロデビュー『オルフェス』

以前から歌唱力には定評のあった古畑奈和さんは
新世代シートマスク『オルフェス』のCMテーマソングを担当しています。

このテーマソングを担当することがきっかけでソロデビューを果たすことになりました。

楽曲もポップな女の子らしい曲に仕上がっており
AKBグループの曲とはまた違った曲に
ファンの中でも評価が高い曲になっています。

ソロデビューなんてやりたくてもなかなかできるものではありません。

SKE48の中からソロデビューができるメンバーが出てきたということ自体がとても嬉しく感じたニュースでした。

まとめ

控えめに感じる発言は、どこか自信のなさでもあり、強すぎる責任感でもあるように感じます。

そんな古畑奈和さんが神7入りをしたいと明言をしてくれたのは嬉しいですね。

SKE48のエースとしてSKE48を引っ張っていってほしいメンバーとして
ファンも運営も期待しているんです。

少しずつ自分らしさを発揮できるようになってきた古畑奈和さんが
何位を獲得してくれるのか楽しみにしながら16日の開票を待ちましょう。

SKE48松井珠理奈 AKB48世界選抜総選挙2018で宮脇咲良・荻野由佳を抑え1位獲得へ

2018.05.31

須田亜香里 コンプレックス力を武器に2018総選挙で躍進の予感!

2018.05.26

惣田紗莉渚の握手会は邪道って本当?総選挙8位の理由に迫る!

2018.05.20
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。