Q-pitch定期公演Vol.3 11/13Q-pitch 生誕祭 2nd Anniversary開催決定

q-pitch

7月9日月曜日は3回目のQ-pitch定期公演です。8日のアイドル横丁夏祭りからの連闘となると体力的な問題よりもブログに書く内容に困ってしまいます(;^ω^)

毎回そのときに伝えたいことは出し惜しみせず全部書いているので果たして今日書く内容が残っているのか心配だ(;^_^A

そしてClef Leafの坂下雅ちゃんがとってもかわいくて癒された定期公演となったことを先に伝えておきます(笑)

それでは今日の定期公演を振り返っていきましょう。

本日のセットリスト

本日のセットリストです。

Own
GGG

MC

絶対S
ダンスでも
お願いロジー
moment

MC

しゃらら
ハッピーエンドは夢じゃない

1曲目に持ってきたOwnは定期公演バージョンといいますか、前奏の前にアカペラの歌い出しでスタートしました。

1曲目のOwnからGGGへと流れるセトリはすごくよかったですね。OwnとGGGって系統としては同じロック系で同じだと思うので相性がいい曲だと思っています。OwnからGGG、MCを挟んで絶対Sへと流れるこの流れは美しいセットリストでした。

今後のQ-pitchのセットリストを考える上でもOwnとGGGがくっついててMCも挟んでいないというこの流れは見やすいというのは覚えておいたほうがよさそうです。

今回は楽曲ごとに気になった点をまとめていきます。

Own

Ownを8日9日と連続で聞いてなんとなくこの曲が分かってきました。

Ownという曲は強いメッセージ性がある曲なのでQ-pitchのメンバーの魂の叫びを表現する曲と思わせておいて、実際に感情をむき出しにした感じで歌うと歌詞が全然聞き取れないっていうのとファンとの一体感が出しにくい曲になってしまいます。この曲は強いメッセージ性をしっかりと伝えるためにも自分の感情はコントロールしながら少し抑えめに歌うぐらいでちょうどいいということです。

6月の定期公演のときと比べるとメンバーも慣れてきたこともあって、少しだけ心に余裕を持って歌えるようになった印象です。その分、見ていてメンバーからの想いが伝わってくる曲になった気がします。

絶対S

槙田あやの落ちサビにブレスは必要なのか?

ということを言ってきましたが、あれは必要ですね。今日聞いていて違和感なく聞けたので間違いない。問題はブレスどうこうの問題はなくてブレス以降が遅れるケースがあるってことです。要するにブレスを入れても遅れなければいいわけですよ。

実際に今日聞いた感じでは遅れていなかったので今日の感じを毎回安定してやってくれたいいんじゃないでしょうか。

moment

momentはQ-pitch唯一のバラード曲です。以前Q-pitchの楽曲で人気投票をしたときに上位2位以内に入ったファンにも人気の曲となっています。

バラード曲こそ伊藤りせの見せ場なんじゃないかと思うんですよ。もちろん伊藤りせの歌唱パートもあるんですが、もっと重要なパートを任せてみてもいいんじゃないかと思うんです。

伊藤りせの歌唱力が高いことは誰もが分かっていることです。だからこそ求める水準も高くなってしまいます。普通に歌がうまいよねって水準ではなく、聞いた瞬間に別格だなと思わせて印象付けるためには伊藤りせの歌唱パートを増やしてみてもいいのかなという気がします。

あとは榎本あやせの落ちサビも今回は先走ることなく、しっかりと歌えていました。フライングしがちな曲なので今日の感じを忘れずにいてほしいですね。

ハッピーエンドは夢じゃない

今日のハッピーエンドは夢じゃないはよかった。

何がよかったのかというとメンバーの表情がハッピーに見えたからです。曲中もところどころに遊びが入っていました。タイトルがハッピーエンドは夢じゃないと言ってるわけですから、この曲に関しては歌詞のメッセージ性とか、表現力とか細かいことよりもいかにハッピーに歌うかってことなんです。

メンバーが楽しそうにしているとファンも楽しくなります。その意味で、今回の定期公演のラストを締めくくる曲にふさわしい曲になったと思います。

Q-pitchからの重大発表

Q-pitchからの重大発表は2点です。

Q-pitch2周年記念ライブ開催決定

◇11月13日(火)
Q-pitchワンマンライブ
『Q-pitch 生誕祭
2nd Anniversary』
@TSUTAYA O-WEST

開催決定!

Q-pitchが誕生して2年。
記念の生誕祭をTSUYATA O-WESTで開催します!

【チケット】
前売り2,000円
当日券未定
別途ドリンク代

出演ライブの物販にて手売りチケットも販売

<オフィシャル先行>
チケットぴあ
7月14日(土)12:00
7月29日(日)23:59

注目ポイントは会場がO-WESTだということです。これまではO-Crestでの開催ということで地下アイドルがやるにはちょうどいいサイズのライブでした。O-Crestを満員にするのに苦労していたのが3月31日の旧メンバーの卒業ライブで、その半年後にはO-WESTでやるというのだから相当がんばらなければいけません。

Q-pitchはこの夏が勝負だ!とメンバーが口にしていた結果がここで表れるということです。現状の実力では厳しいことは承知のうえで挑むO-WESTでしょう。そのためにも脱退メンバーを出さないというのは絶対条件ですね。ただでさえ高いハードルを設定したのだから自滅することのないように気をつけてください。

4か月連続定期公演で新曲発表

定期公演の度に新曲が見られるというのは嬉しい発表です。新体制一発目の曲がかわいい系の『しゃらら』、次がアイドルロックを打ち出した『Own』。この次にどういった曲を持ってくるのか注目しています。

コンセプトからアイドルロックを打ち出したのであればもう何曲かはロック系でまとめてみてもいいと思います。

そしてどれだけファンを巻き込んで盛り上がれる曲を持ってくるのか。この点に注目しています。

Ownミュージックビデオ公開

Ownのミュージックビデオが解禁されました。カット割りもかなり多くてOwnの世界観を表現できているかっこいい仕上がりになっていると思います。

まだOwnを聞いていない人もぜひ視聴してみてください。

工夫が見られたステージ

今日はステージ前方に台があって歌唱担当のメンバーはその台に乗って歌っていました(前回もあったかもしれませんが)。僕はアイドルが台に乗って歌うことを勝手に「あゆみくりかまきスタイル」と呼んでいるんですが、視覚的に高くなって見やすくするというのは基本的なことのようで大切なことです。

あゆみくりかまきというのはアイドルグループの名前で彼女たちのステージには見習うべき点がいっぱいあります。登場シーンから旗を持って出てきて注目をさせる。台に乗って視線を集めることでステージを立体的に使う。うまく煽りを入れることでファンの一体感を作り出す。こういったことの1つ1つができているからあゆみくりかまきのライブは強烈な一体感があります。

芸人をやっているときに挙手をして指してもらいたいなら立て!って言われてたんですよ。視覚的に変化させると自然と目がいくだろってことです。あと単純に見やすいっていうのと、ファンの視線をすべて総取りできるのでアイドルとしても気分がいいと思います。

本日の注目メンバー

本日の注目メンバーについての紹介です。

菅谷あかね

先月までの定期公演では、まだ新メンバー感が強かった菅谷あかねですが今回の定期公演では顔つきが変わってきましたね。Q-pitchというグループに溶け込んで楽曲に気持ちを込めて歌っているのが伝わってきます。

加入してすぐに勝負の夏って言われてもピンと来ないのかなと思っていましたが、意識の面では先輩メンバーと共有できてる感じがします。

榎本あやせ

榎本あやせはmomentの落ちサビを担当しています。ただmomentってライブであんまりやらない曲なんですよね(;^_^A

持ち時間が長いライブか、定期公演ぐらいでしか見ることができないmomentの落ちサビをどう歌うか注目していたところちゃんと歌えていました。先ほども言ったようにサビに入るタイミングが1テンポ速く入りがちな曲なので、焦らず待ってから入らないといけない曲で難しい曲です。

あとMCを担当すると気持ちを伝えたいのはいいとしても話が長くなりがちなんですが、今回は比較的コンパクトにまとまっていたので次の曲への流れがスムーズだったと思います。

槙田あや

曲中のダンス、表情、歌唱力どれをとっても高い水準で安定しています。アイドルとしての完成度が高くなっているといっても過言ではないでしょう。

髪を染めたのも覚えやすくていいと思うんですよ。実際初めて見たアイドルって髪型か、髪の色か、衣装の色ぐらいしか覚えられないじゃないですか。髪型はしょっちゅう変えたいタイプのようなので色をつけたほうがインパクトがあっていい。でも染めるのはケアが大変なんですよね。2週間に1回ぐらいのペースで美容院に行かないとすぐ色が落ちてしまいます。

ヘアモデルっていう新たな仕事も始まったことですし、いろいろ髪の色も試してみてもおもしろいんじゃないでしょうか。

榎本あやせ握手会レポート


予約特典である2ショット写メ券を利用して撮影

ハヤケン
|ω・`)ノ ヤァ
榎本あやせ
ありがとう(*^▽^*)
ハヤケン
今日はmomentの落ちサビもしっかり決まっていたし、MCも話が短くてよかったんじゃない。
榎本あやせ
(;^ω^)
ハヤケン
別に言ってもいいんだけど話が長いんだよ。MCでテンポ悪くしてどうすんだっていうね。
榎本あやせ
私のこと褒めたことないよね。せかいとかはいっつも褒めてるくせに。
ハヤケン
よう言うわ。むしろ褒めたことしかないだろ(笑)
榎本あやせ
さっき褒めてたか。
ハヤケン
そうやろ。ブログも時間かかってるのよ。ブログに生活かかってるからね。
榎本あやせ
ほんとそうだね。
ハヤケン
夏休みも終わってまた明日から仕事も再開ですよ。
榎本あやせ
がんばってね。
ハヤケン
ほんじゃまた。

まとめ

Q-pitch定期公演は前回といい、今回といいライブの質はかなりよくなっていると思います。定期を始めるって聞いたときは人が集まるのか心配でしたが、満員とまではいかなくても動員もちゃんと入ってるしライブも盛りあがっているしメンバーもやっていて楽しいんじゃないでしょうか。

2周年ライブという大箱が決まって明確な目標が決まりました。動員が大変なのは承知の上でしょう。1人のファンとしてできる範囲のことしかできませんが一緒に夢を叶える瞬間を共有出来たら嬉しいなと思っています。

では15日にまた会いましょ(*^▽^*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。