【Q-pitch】海老原みきの脱退を受けてのメンバーの反応

卒業

アイドルグループQ-pitchの海老原みきが9月15日のライブを持って脱退することが発表されました。卒業ではなく脱退と表現されていることに、ただならぬ事態であることを察することができます。

11月に控えたワンマンライブに向けて進んでいたところに突然の脱退発表。メンバーはそれぞれどのような反応をしているのでしょうか。

海老原みきの反応

脱退に関する海老原みき本人からのツイートはこのツイートのみです。なるべく普段と変わらなずにいようという考え方なのかもしれません。

運営からは卒業ではなく、あえて脱退という言葉を使っていると表現していることや本来であればワンマンまで引っ張って、そこで卒業させるほうが運営的にも動員が見込めると判断しそうなところを突然の脱退発表としていることからも実質解雇であることは想像がつきます。

しかし、その理由が何であるかは憶測で判断することはできないのでここでは控えることとします。

【あわせて読みたい記事はこちら】

他のメンバーの反応

海老原みき以外のメンバーはどのような反応をしているのでしょうか。それぞれの思いをツイートしてくれています。

榎本あやせ


榎本あやせらしい熱い思いを語ってくれました。脱退発表によりネガティブな印象を持たれることは避けられないわけですが、だからといって残ったメンバーはそのことを理由に立ち止まっている暇はないということです。

もちろん今回のことは海老原みき個人のことではありますが、世間的な見方としてはどうしてもグループ全体の印象として捉えられてしまいます。そう考えるとQ-pitchというグループが11月のワンマンに向けて、さらなる結束を強めていかなければいくための試練を与えられているのかもしれません。

田山せかい

槙田あや

伊藤りせ

菅谷あかね

まとめ

ファンもメンバーもそれぞれが思うところはあるでしょう。でもここで立ち止まるわけにはいかないという思いだけは共通で発表されてしまった事実は事実として徐々に受け止めてきています。

2017年の1周年記念ライブを見ているときに、すごくいいライブをしていたからこの7人が誰も卒業せずにこのまま続いてほしいなと思っていた直後に半年後に卒業メンバーがいると発表されました。

そしてまた最近のQ-pitchのライブはいいライブをしているし、徐々に動員も増えてきたなと思った矢先に脱退発表です。

前回の卒業発表と今回の脱退を同列に語るべきではないのかもしれませんが、加速してきた勢いを自分たちでブレーキをかけてどうすると思ってしまいます。

さらなる卒業メンバーを出さないためにも誤解を受けるようなことをしないとか、体調管理をしっかりするとか、基本的なことの徹底を意識してほしいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。