NHK『坂道テレビ』第2弾 乃木坂46・欅坂46・日向坂46が出演『アンビバレント』で平手友梨奈がキレのあるダンスを披露

欅坂46

12月30日放送のNHK『坂道テレビ~乃木と欅と日向』が放送されました。

春に放送された乃木坂46・欅坂46・日向坂46の3グループが出演する『坂道テレビ』の第2弾です。

坂道グループでの交流ってありそうでなかなかないので、貴重な映像満載です。

また楽曲についてはフルサイズでやってくれることってなかなかないですよ。

坂道合同でロケに行っている3組の内容をそれぞれ見ていきましょう。

ホームセンター 秋元・堀・菅井・松田里・佐々木久・松田好

オープニングトーク

松田里奈(欅)と松田好花(日)という自分が好きなダブル松田の共演というのが熱い人選になったホームセンターチーム。

最初に気になったのは横に並んだときに久美がそんなに大きく見えなかったこと。ゆっかーと久美が同じぐらいの身長に見えます。

ゆっかーってこんなに身長高かったかなと一瞬思いましたが、そのわけはゆっかーがヒールを履いていただけでした(;^_^A

そして冬のロケなのに生足で収録に臨む真夏・・・やってんなw

松田里奈&松田好花

ホームセンター内に入ると好花が積極的に会話に参加しているのに対してまつりちゃんの沈黙が目立ちます。

欅坂46内ではコミュニケーション能力では1,2を争うほど高いまつりちゃんなので、ここでもコミュ力を発揮してくれるかと思いきや他グループの先輩となると勝手が違ったようです。

むしろ好花が自然に絡みすぎてるぐらい。

玄関ドアを自室のドアにしようとしたり、1人キャンプセットに興味をもったり、感性が独特なのもおもしろいところ。

しかもキャプテンのイニシャルを「K」だと勘違いしてしまうあたりも撮れ高があった収録になったんじゃないでしょうか。笑顔も印象的だし積極的なのは好花の魅力ですね。

ちなみに番組で購入していたイニシャルタンブラーはこちら。

本当はまつりちゃんと好花の絡みをもっと見たいところでしたが、今回の収録をきっかけに連絡先の交換ぐらいはしておいてくれたら今後の展開があるかもしれません。

佐々木久美

久美はドライヤーで腕の筋肉がムキムキになったというのはボケじゃないんですか(笑)

誰かツッコんでやれよと思ってしまいましたが、真夏は受け止めてあげてましたね(;^_^A

久美は大人メンバーということもあって乃木坂46の先輩とも自然な会話になっているように見えていたら実は堀未央奈の握手会に行っていたことをカミングアウト。しかもレスをもらったことがあるとオタク時代のエピソードを話していました。

未央奈も乃木坂46ではベテラン組になってきているので久美が一般人時代にはバリバリ選抜メンバーとして活動していたわけですが、そんな憧れの人と一緒に仕事をしているというのがすごいじゃないですか。

秋元真夏

奢る代わりに私のことを褒めてほしいってパターン最近よく見かけるやつ。

後輩とのコミュニケーションを金で解決しようとするのはやめなさいww

4期生との富士登山でも褒めてほしいと言っていたし、真夏さんクイズ企画でも褒められたらめっちゃ嬉しそうでした。

そして今回の褒めてほしいとのリクエスト。

もうさぁ真夏さんリスペクト軍団は何をやってるのよ。キャプテンをもっと褒めてあげないと。

ピクニック 岩本・与田・土生・原田・加藤・渡邉

オープニング

土生ちゃんめっちゃデカいなw

一緒にいるメンバーが与田ちゃん、蓮加、原田という小柄な子が多いというのもあるんですが、それにしても土生ちゃんがひと際大きく見えます。

乃木坂46メンバーが与田ちゃんと蓮加ということもあって大人メンバーであるかとしがMCの回しを担当しています。

たしかに土生ちゃんに回しは無理だし、原田も回していくタイプじゃないのは分かりますよ。そうなったときにかとしか、美穂ってなってお姉さんのかとしが担当したっていう流れだと思いますが、そこは美穂でいいでしょ。

いつにも増してこの日は喋り方がへにょへにょしていたので随分とまったりしたトークになっていました。

スワンボート 与田祐希&原田葵

女子独特の名前の呼び方を決めるところからコミュニケーションを取っていくやり方。

自分なんかは初対面なら与田さん、原田さんでいいような気もしますが、距離感を詰めるためにはまず呼び方から変えていこうってことなんですね。

その後、出前の話になって与田ちゃんが出前をしているのはそばだったことが判明。

てっきりピザとか若い子が好きな食べ物なんだろうなと思っていたら意外と渋いのねw

以前もネットで誤って高額な買い物をしてしまい焦ったとか言ってるし、基本的に家を出ないといいますから通販の延長で出前を取っているといった感じでしょうか。

二人が一緒に食事会をしたら報告してほしい(*^▽^*)

スワンボート 岩本蓮加&加藤史帆

話は久美がれんたんのことばかり話をする件について。

加藤:どこが好きなの?

と聞いてるのがひどいww

そういうかとしも久美とは仲がいいでしょ。

やっぱりグループが違っても舞台で共演すると一気に距離感が縮まりますよね。

あとかとしがぺーちゃんのことを「ぺーさん」て言ってるの気になる。

それでは林家になってしまうような・・・

スワンボート 土生瑞穂&渡邉美穂

この2人はもはや男女カップルにしか見えないw

美穂が街中で土生ちゃんを見かけた話なんかはいいですね。

土生ちゃんてかなり天然キャラですが、話はかなり噛み合っている印象。

会話の受け答えもしっかりしていて積極的に話しかけているのも好感しました。

コミュニケーションにおいて相手に警戒心を与えないってかなり重要なポイントで、土生ちゃんと話をしていても「嫌われてるんじゃないか」みたいな詮索をする必要がないのはいいですね。

それでいて聞き上手なので、みいちゃんが土生ちゃん大好きな理由が分かった気がしました。

ピクニック

土生ちゃんの「リハーサルのときに失敗しておく」というありがたい言葉はかとしにだいぶ染みたんじゃないでしょうか。

たしかに土生ちゃんて私生活はだいぶ抜けてそうですけど、ライブ中に失敗しているイメージないです。先日のけやかけでもハーブさんの収録前に何度も練習しているように、覚えがよくない分を何度も練習してリハーサルで失敗しておくというプロ意識を感じる言葉でした。

そして日向坂46の二人は日向坂が大喜利ばっかりやる異常な集団だということにとうとう気づいてしまいました(笑)

たしかに乃木坂46や欅坂46では大喜利みたいですし、乃木坂4期生で大喜利をやったときもMCがだいぶ苦労していました。

そんな中で突如始まった大喜利大会「こんなアイドルは嫌だ!」

加藤:メンバー全員ヒゲが生えている

ツッコミメンバーがいないからボケが流れてましたが、おもしろいじゃないですか(笑)

フリップがないと答えづらいというのももはやお笑い中毒の末期症状だと思うので、これからも大喜利がんばってください( ゚Д゚)

浅草ぶらり散歩 賀喜・遠藤・田村保・森田・上村

オープニング

立ち止まってのオープニングは余程盛り上がらなかったのか歩き始めたところからスタート。

気になったのは合同オーディション同期組での会話は敬語なんですね。

もちろんこれまであまり接点がなかったことは分かってましたが、そこは年の差関係なくタメ口だと思っていました。

しかも

森田:ロケはやるんですか?

とか

賀喜:乃木坂さんや欅さんの番組も見てますよ

とか、だいぶ距離感ある会話だったのが意外でした。

金魚すくい 森田ひかる

るんちゃんは金魚すくいのやり方が分からない模様。

お祭りで一回ぐらいやったりするもんですけどね。

ホットケーキの食べ方も分からないというし、コタツにネズミがいたとかいうと、いったいどんだけ田舎に住んでいたんだと思っていまします。ポツンと一軒家みたいな感じだと思うので、るんちゃんも与田ちゃんと同じような都会に染まっていないキャラでこのまま成長してほしいものです。

瓦割り 田村保乃

保乃ちゃんは瓦割りには参加していませんが、大きな音に敏感に反応してしまうというのが実証されてました。

射的上でも人一倍お届いていたし瓦割りの兄ちゃんが大きな声出したときも驚きすぎねw

リアクション芸人としての素養を感じる瞬間でした。

瓦割り 賀喜遥香

賀喜:買い物に行ったときに店員さんと喋れるようになりたい

という目標を叫んで瓦を割ってくれました。

賀喜ちゃんは声もイケボで柴田柚菜ちゃんの彼氏キャラも定着してきてますが、笑顔を見せたときのかわいさは抜群ですね。

瓦5枚割を成功された瞬間のさくちゃんの眼差しがかっこいい男子を見ているような眼になっていたの印象的でした。モテキャラはうらやましい(*´▽`*)

瓦割り 上村ひなの

ひなのはやっぱり持ってますね。

賀喜ちゃん、るんちゃんと成功して3人目も絶対に成功しなきゃいけない空気感が出ている中で割れないっていうね(笑)

狙ってやったわけではないと思いますが、結果的に一番笑いにつながったんだからひなのはすごいですよ。

運動神経は絶望的にないので今回のような企画でもバラエティ的な正解を今後も見せてくれそうです。

一番おいしいところを持っていくあたりはさすがです。

欅坂46『アンビバレント』

平手友梨奈


坂道テレビの『アンビバレント』は最高でしたね。

とにかく平手のダンスのキレが素晴らしかった。

直前のレコード大賞で体調が心配になるような顔色をしていたので、収録とはいえキレのあるダンスが見られてよかったです。

特にサビから始まるソロダンスからの動きは抜群で目にも気合いを感じたので、こういうときの平手の動きを見るとやっぱりセンターは平手だなと思ってしまいます。

森田ひかる

るんちゃんも鈴本ポジに入ってのアンビバレントを何度か見てきましたが、すでに安心して見ていられます。

しかも、今回の映像で見せた表情はかっこよかったですね。

曲の世界観に入り込んだような表情を見せてくれました。

鈴本のポジションを任されるのはプレッシャーもあると思いますが、まちがいなく成長を見せてくれているので今後もレベルアップを期待しています。

まとめ

坂道3グループをCMなしで90分放送してくれるという坂道オタクには神番組となった坂道テレビ。

普段見られないような組み合わせでのロケ、フルサイズの楽曲披露とさすが石原さんと思わせるようなオタク心理をしっかり捉えたいい番組でした。

拡大版がBSプレミアムで放送予定ということですが、う~ん見られない(´・ω・`)

NHKオンデマンドでの公開もあるのかな。有料でも見たくなってしまうようないい番組だったので拡大版も楽しみにしています(*^▽^*)

欅坂46

日本レコード大賞2019 欅坂46『黒い羊』日向坂46『ドレミソラシド』は大賞ならず!平手友梨奈の体調不良を心配する声も

2019.12.31
欅坂46

欅坂46「プレミアMelodiX!」で『アンビバレント』披露!センター平手友梨奈の1人側転と2018無気力ダンスを振り返る

2019.12.29
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。