欅坂46NHK紅白歌合戦2019で『不協和音』を披露!憑依した平手友梨奈が見せた不気味な笑みと覚悟

欅坂46

2019年12月31日の紅白歌合戦に欅坂46が出演し『不協和音』を披露しました。

この楽曲は2年前の紅白歌合戦でも披露した曲で、内村さんとのコラボを行った曲です。

しかし、曲が始まる前からメンバーの体調が思わしくなく、曲が終わると同時に倒れてしまうメンバーが出るなど完璧なパフォーマンスとは言えないものでした。

そんな2年前の想いをセンター平手友梨奈で雪辱しようという意味もあるのか2019年に欅坂46が披露する曲も『不協和音』となり、期待と不安が入り混じったような複雑な心境でファンは見ていました。

2019年紅白歌合戦 欅坂46『不協和音』

レコード大賞での平手友梨奈の表情

2019年の秋以降の平手はかつての無気力に見えるような表情でも、ケガで体が思うようにいかない動きでもない。

表情も動きもいいときの平手そのもので安心して見ていることができました。

それが30日のレコード大賞のステージでは明らかに顔色が悪いのが見てとれます。

以前だと調子が悪いとパフォーマンスまでクオリティを下げてしまったのですが、なんとかパフォーマンスのクオリティを下げずにやりきったのだから大人になりましたね。

レコード大賞は乗り切った。

でも紅白歌合戦は翌日です。体調が1日で回復するとも思えず、また2年前のようにステージで倒れてしまうのではないか。

ファンの不安は募るばかりでした。

この1曲に命を懸ける覚悟を見た『不協和音』

前日の表情を見ていたので、まずは平手が出られるのかを心配しました。

曲が始まって平手の存在を確認して第一段階クリア。

次はどこまでクオリティを保てるのか。気持ちをどこまで作りこめているのかに注目しました。

拳を突き出し、平手の視線がカメラに向いたときの表情で完全に憑依していることが分かり、メンタルも問題ないことを確認。

この段階でものすごいパフォーマンスになることは確定なのでゾクソクします。

ただまだ不安は消えなくて、憑依しているときは冒頭からアクセル全開なので最後まで体力が持つのか心配になります。憑依しているときの平手というのは、変身している状態なので通常の『不協和音』とは比べ物にならないほどエネルギー消耗が激しいのです。

その眼力の強さと全力のパフォーマンスを見ていると、まるで紅白の『不協和音』が成功するのであれば命までも惜しくないと思わせるような覚悟を感じました。

欅坂46や平手友梨奈を知らない頃にこういった話を聞いてもピンとこなかったんです。

でも今なら分かります。

平手友梨奈は1曲に命を懸けているんです。

それぐらい全身全霊で挑んでいる。

僕は嫌だ

『不協和音』といえば「僕は嫌だ」というフレーズがお馴染みです。

長濱ねるが担当していたところは田村保乃が担当。

フルサイズの場合は平手が2回担当しますが紅白はテレビサイズのため1回のみとなっています。

憑依した平手はどんな「僕は嫌だ」を聞かせてくれるのか注目していると、まるで泣き叫ぶように「僕は嫌だ」と言っていました。

東京ドーム公演2日目で見たときは、感情を爆発させるタイプではなく感情を押し殺している部分も含まれている「僕は嫌だ」に聞こえたんです。

それは平手が大人になるにつれて「大人=悪」と言えるほど単純な構図ではないことも分かってきたと思うんです。大人たちの言ってることは分かるよ、それでも僕はどうしても嫌なんだっていう感じかなと解釈していました。

人生経験を積むことで「僕は嫌だ」の解釈が変わっていくことは不思議なことではありません。

しかし、紅白では感情が爆発していた。

この変化はいろいろ考えてみたんですが、結局あそこまで爆発してる答えは本人に聞いてみないと分からないなと思ったんです。しかも、絶対に平手は当時の感情を覚えていないので真相は誰も分かりません。

ここはもう考察するよりもそれぞれが感じるだけでいいと思います。

注目するべきは不気味な笑みではなく気持ち

紅白歌合戦の『不協和音』で一番分かりやすく注目されたのは平手が途中で笑っていたことでしょう。

欅共和国2017で『不協和音』を披露したときにも見せた表情です。明らかに普段の平手友梨奈の表情ではなく、平手友梨奈の肉体に誰かが憑依しているかのような不気味な表情です。

平手推しの自分でさえ恐怖心を覚えるのだから一般の方が見たらなおさらでしょう。

ですが、このブログを読んでいただいている方にぜひ感じてほしいのは、ここまで憑依させて感情を作ってしまうと肉体が耐えきれず2年前のように倒れてしまうリスクが高いことが分かっていながらも全力で表現しているということです。

表現がどこまで適切か分かりませんが、片道燃料で命と引き換えに表現しているぐらいの感覚なんです。曲が終わってからのことを考えていたらあの表現はできないんです。

だから、曲が終わったときに倒れてスタッフに運ばれていったというのは当然の成り行きです。ですから、「運ばれていった」という言葉だけで必要以上に心配する必要はないのかなと思っています。

余力を残してあの表現はできないんですよ。

ファンとしては複雑なところで、憑依した平手のパフォーマンスを見てみたいという欲求と平手が壊れてしまうんじゃないかという不安がありました。

あんな凄まじいパフォーマンスを見せてくれたのだから欅坂46のメンバーには感謝しかありません。ただ代償は大きいはずです。

過呼吸状態であることも想像できるのでしばらくの安静と「僕」の世界に引きずりこまれた平手が戻ってくるには休養が必要だと思っています。

それが数日で回復すればいいのですが、そこらへんの回復状態は本人しか分からないので9thに影響を与えなければいいなと危惧しています。

まとめ

たった1曲だけで人の心をこんなに動かすパフォーマンスができる欅坂46って本当にすごいなと思います。

2018年に見せた小林由依の『ガラスを割れ!』も素晴らしい仕上がりでした。

ですが、やはり今日の『不協和音』を見せられてしまったら誰が何と言おうと欅坂46のセンターは平手友梨奈以外に考えられません。

平手に関しては体調が整うまでお休みしてもらって、また元気な姿を見せてほしいですね。

2019年の最後にすごいものを見せてくれました。

平手友梨奈は私たちの誇りです。

欅坂46

NHK『坂道テレビ』第2弾 乃木坂46・欅坂46・日向坂46が出演『アンビバレント』で平手友梨奈がキレのあるダンスを披露

2019.12.31
欅坂46

日本レコード大賞2019 欅坂46『黒い羊』日向坂46『ドレミソラシド』は大賞ならず!平手友梨奈の体調不良を心配する声も

2019.12.31
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。