欅坂46センター平手友梨奈の車椅子が話題に!大阪3rdアニバ集合写真は運営により削除!

欅坂46

4月4日~6日まで大阪で行われた欅坂46の3rdアニバーサリーライブはセンターの平手友梨奈や体調不良で握手会を休みがちだった鈴本美愉も参加してくれました。

2018年のアニバーサリーライブはセンター平手友梨奈不在のため楽曲ごとにセンターを代えて乗り越えてきたことを考えると2019年は無事に終わってくれたという印象があります。

しかし、ライブ後に公開された写真ではセンターの平手友梨奈が車椅子で写っています。この写真を巡ってSNSでは論争が巻き起こっています。

ケガを抱えながら乗り切った3rdアニバーサリーライブ

平手友梨奈のケガは今に始まったことではありません。昨年の12月に放送されたNHK『うたコン』で披露したアンビバレントは全く動きに精彩がなかった。

気分が乗らなかったのか、体調面で悪いところがあるのか、そんな心配をしたくなりました。

このときもSNSでは平手アンチがここぞとばかりに平手叩きに躍起になっていたわけですが、しばらくすると腰部の打撲・関節捻挫による仙腸関節不安定症に加え遠位橈尺関節痛と診断され活動休止を発表しました。年末の大型特番を控えている中での活動休止は平手本人も運営としても苦渋の決断だったことでしょう。

そんな中でも欅坂46は番組ごとにセンターを入れ替えながら乗り切ってくれました。

2019年になり新曲『黒い羊』のMV、Mステなどの生放送で平手友梨奈は復帰を果たしますが、衣装の隙間からテーピングが見えるなど体の状態は万全でないことが容易に想像できました。

それでも体の不調を訴えることなく歌番組、全国握手会でのミニライブ、今回のアニバーサリーライブなど欅坂46のセンターとして活動してくれました。

ケガの痛みはあるにしても休まず活動できているということは、ケガの状態はそこまで悪化していないのだろうと思っていたところに今回の車椅子での写真公開。

写真が公開された直後に写真は削除されているので写真をこのブログで公開することはしませんが、車椅子に乗るなんて普通じゃないことはたしかです。それだけ満身創痍の状態であることを知り、ファンは心配になると同時にそんな状態でもライブをがんばってくれた平手に感謝をしました。

平手アンチの発言でSNSではバトル勃発

この平手の車椅子写真がまた平手アンチに火をつけたようで、仮病だとか、ケガばかりでプロ意識がないとか、いろいろ言っています。

いったいどういう根拠を持って車椅子に乗っている人間に対してそのような発言をしているのでしょうか。

ケガを抱えながらがんばっているというストーリーが嫌いというのはその人の好みの問題ですが、ケガ人に対して罵声を浴びせるなどまともな神経の人間が発する言葉とは思えません。

たしかに平手信者と言われるファンは何かと平手の肩を持つ傾向にあることは認めますが、アンチの攻撃の矛先がファンに向いてるうちはまだいいと思っています。ただでさえ繊細な平手のことです。例えそれがごく少数のアンチの発言であっても彼女の心に突き刺さってしまうかもしれない。

そう思うと平手ファンは彼女を励ます存在であればいいと思っています。

だから平手ファンが平手信者と言われるぐらい甘やかすぐらいでいいんじゃないでしょうか。

ケガをして一番つらいのは平手自身です。ケガが治らないからプロ意識がないというのは全く見当違いな発言であることは間違いありません。

平手友梨奈が思う欅坂46への恩返し

平手アンチの発言は平手自身は全く気にする必要はないことは当然として、平手ファンの中にもケガをしながら活動を続ける平手のことを思って休養したほうがいいんじゃないかと感じている人はいます。

複雑なんですよね。

欅坂46のシングル曲全曲のセンターを任されてきた平手友梨奈以外のメンバーが欅坂46のセンターに立つというのは想像できません。世間的には欅坂46とはイコール平手友梨奈なんです。いくらレコード大賞、紅白歌合戦で小林がセンターで鬼気迫る表情でパフォーマンスをしたとしても、やはり欅坂46のセンターは平手友梨奈です。

憑依型とも称される平手のゾーンに入ったときのパフォーマンスはまるで精神と肉体を傷つけながら輝いてるようです。見る者の魂を揺さぶるパフォーマンスにファンは感動するわけですが、やはり消耗しやすい平手のことですから無理をしてほしくないと思う気持ちは分かります。

2018年に平手がお休みした理由はケガもありましたが、精神的にもかなりパニックになっていたことが一番の要因でしょう。欅坂46での活動を離れて映画『響』の撮影を経て、欅坂46に戻ってきた理由を雑誌のインタビューでこのように語っています。

平手:欅坂に恩返しをしなくちゃ、ちゃんとお礼をしなくちゃ終われないって思ったから。だから、ほんとに今があると思うんですけど。

それだけ欅坂に借りがあるという感覚が強いんだね。

平手:うん、それはあります。

『ROCKIN’ON JAPAN 4月号』より引用

2018年夏に平手友梨奈は帰ってきました。

それまで精神的に不安定さを見せていただけにもしかしたらもう戻って来ないかもしれないと思っていたので本当によく戻ってきてくれました。

ただ全国ツアーに関しては納得のできるものを提供できていないことに苦しむことになります。でもせっかく来てくれたファンのことを思えばステージに立たないことも後悔する。

そんな葛藤を抱えながらも平手はステージに立つことを選択しました。

休養期間がなければ平手は満足できないステージには立たないことを選択していたかもしれません。それでもステージに立つことを選択したのは、それこそが欅坂に対する恩返しになると思ったから。

2019年の平手はケガが治る前に『黒い羊』で復活して、全国握手会やアニバーサリーライブも出ているのは欅坂に対する恩返しの想いの表れではないでしょうか。

車椅子に乗らなければいけない状態で出演することはアイドルとしての寿命を削るようで、無理をしてほしくないと思う気持ちもあるんですけどね。でも平手が覚悟を持って「絶対に出る」って言われたら自分が運営だったら止めることはできないと思います。

平手友梨奈は尾崎豊みたいだ!と言われることがあります。

尾崎豊は若くして亡くなってしまい伝説となりました。ふと尾崎豊が50歳60歳になったときに『15の夜』を歌っていることを想像すると、やっぱりしっくり来ない気がします。

同じように欅坂46の平手友梨奈にも今の彼女にしか表現できないものがあるはずです。先々のことよりも今を生きたいと平手が願うならファンは心配するよりも応援してあげることこそが平手の想いに応えることになるのだと思います。

まとめ

武道館ライブもライブビューイングも外れて大阪公演を見ることができなかったのが本当につらい(´・ω・`)

平手のパフォーマンスを見られるなんて今後何回あるのか分からないわけで、お願いだからチケット当たってくれと祈っております。

平手もがんばってほしいけど無理をしすぎてほしくない気持ちもあって複雑ですけどステージに立つのであればファンは応援するのみです。

ファンは平手友梨奈を応援してるってことだけは伝えたいですね。体をしっかり休めてまた元気な姿を見せてください。

欅坂46『黒い羊』MV考察Vol.11平手友梨奈が市川染五郎との対談で振付の意味を解説!

2019.03.23

欅坂46『黒い羊』坂道テレビでのフルコーラス振付考察!平手友梨奈から小林由依に渡される彼岸花

2019.03.24
スポンサーリンク
スポンサーリンク

9 件のコメント

  • 記事ありがとうございます。ライブビューで初めてライブ見てきました。
    てちファン歴1年なので、偉そうな事は言えませんが、
    メンバーに見せる笑顔を客席には絶対見せない、てちのポリシー?
    自分は味方だと思っているファンには正直悲しい。
    まったりさんがブログを辞めたし、欅ファンは入れ替わりが進んでいるのかな、と思っています。子どもに中身が同じCDを10枚も買わせるような商売が正しいとはどうしても思えないし、
    まとめサイトは吐き気がするような吹き溜まり。
    それでも、子を思う親の気持ちで、てちセンターの欅を愛してます。
    はやけんさんのブログ、欅の記事が少なくなってきた気がして、
    記事をいつも楽しみにしてます。

    • ライブビューイングで見ることができたんですね。
      おめでとうございます。
      こちらはライブビューイングも外れました(´・ω・`)
      現場のチケットが外れるのはしょうがないとしてもライブビューイング外れるってショックすぎる(´・ω・`)

      >>メンバーに魅せる笑顔を客席に絶対見せない、てちのポリシー?

      笑顔を見せないのはなんでしょうね。
      かなり緊張するタイプなので人前だと本来の自分を表現できないっていうのはあると思います。

      >>欅ファンは入れ替わりが進んでいるのかな、と思っています。

      アイドル業界は常にファンの入れ替わりがありますね。
      通常はアイドルファンの奪い合いなのですが、欅坂46においてはそれまでアイドルファンでなかった人もファンにしている点はすごいと思います。

      >>子どもに中身が同じCDを10枚も買わせるような商売が正しいとはどうしても思えないし、
      同じCDを複数枚買うって自分はもう慣れましたけどたしかに普通じゃないですね(;^ω^)
      職場でCD配ってると欅坂の内部関係者と間違われます(笑)

      >>はやけんさんのブログ、欅の記事が少なくなってきた気がして、記事をいつも楽しみにしてます。

      めっちゃ痛いところを突いてくるじゃないですか(;^ω^)
      バレてるなぁ(笑)

      いつも読んでいただいてるようでありがとうございます。
      また欅坂46の記事を書けるようにがんばりますね。

      • いつも欅の記事を楽しく興味深く読ませていただいております!
        私も映画『響』を観て、平手→欅坂、と視野が拡がりました。
        平手さんは欅坂に恩返ししたいと言っていますが、私は、平手さんを知るきっかけをつくってくれた映画『響』を製作してくれた人たちにいつか恩返ししたいと思っています。

        さて、今回のライブビューイングについて、ご存知かと思いますが、老婆心ながら、、、
        前売は完売していましたが、当日4/6(土)の深夜0時から、全国のライブビューイング会場の映画館WEBサイトで(残りの?)座席予約が開始され、残席僅かの劇場もありましたが、販売開始時点では、完売の劇場は少なく、TOTOシネマズ新宿などでは1/4くらいが空席で、拍子抜けするくらい簡単に座席予約が出来ました。。
        (前売の完売はなんだったんだろう?前売が完売したので、急遽、ライブビューイングを上映する映画館を増やしたのでしょうか)
        私はたまたま土曜日に映画を観ようと当日0時過ぎにTOHOシネマズ六本木のWEBサイトにアクセスしたら、まだ席が数十席空いていて、前から2列目ほぼ中央の席を予約することが出来、ラッキーでした。(ファン歴極浅なのにすみません…)
        今後また欅坂のライブビューイングが行われる際に、同様のことがあるかもと思い、書かせていただきました。

        ライブですが、笑わないてち、にしては、にっこりしている場面もけっこうあって、その都度、カメラがアップで表情を追うのですが、その顔が映るたびに大阪フェスティバルホールもライブビューイング会場も「おぉー」とどよめくのがおかしかったです。
        ほんの少しにっこりとするだけで、何万人もの人たちをどよめかせられるのは、日本ではてちだけではないでしょうか。
        不協和音もガラスを割れも避雷針も黒い羊もなく、二人セゾンやW-KEYAKIZAKAの詩の鮮やかな色合いのライブで、こういうトーンの欅坂もてちもとってもいいな、と思いました。
        シンクロニシティを歌うてちがびっくりするほど生き生きしていたのが印象的で、てちはもっといろいろな曲のカバーやほかのアーティストたちとコラボレーションしていくのがいいように思いました。まだ17歳なんですから、一つの世界観に止まらずに、ソロ活動もいいし(角を曲がるは音源化されないのかしら)、映画出演もいいし、ユニット活動でもいいし、彼女の溢れる才能と魅力をもっともっと伸ばしていってほしいと願っています。

        これからもどんどん欅坂の記事を書いてくださいね!楽しみにしています。

        あ、今回のライブではねるもすごくよくて、ねるが卒業したら欅坂は一体どうなってしまうんだろう、とかなり不安になりました。。
        5月の武道館では、『夕日1/3』を3人で歌って締めてほしいものです。

        • おおー!いつも読んでくれているんですね。
          ありがとうございますヽ(^o^)丿

          映画『響』最高ですよ。あんなに一人の役者が存在感を発揮し続ける映画を初めて見ました。
          触れたらケガをしそうな感じと動物と戯れるかわいさのギャップは反則すぎます。

          先月は出費がかさんでしまったこともあってまだBlu-rayボックス買えてないので早く買えるようにがんばります。

          そしてなんですか、そのライブビューイング情報は・・・
          めっちゃショックだったんだから空いてるなら言ってよ(笑)
          先行であきらめちゃいけないという教訓にしておきます。

          欅坂46が笑わないアイドルと言われるのは平手が笑わないからというのもあると思います。
          メンバーのように心から信用できる人以外には容易に心を開かないのは自分の打たれ弱さを知っているから。

          でも逆にその笑わない感じがあるから笑顔にときめくっていうのもあるので、そこも含めて平手らしさってことでしょう。
          ライブ中も結構笑っていたという現場の情報もありがとうございます。

          不協和音やガラスを割れ!は動きが激しいので平手の体の状態を考慮しての判断かもしれません。
          最新曲の『黒い羊』や定番曲がないのはちょっと寂しい気もしますが、
          予想を裏切るセトリというのも攻めてきたなと思いました。
          そしてシンクロニシティは見たかった・・・

          ねるちゃんは本当に残念よね。
          2019年の活躍次第ではレコード大賞も見えるところまで来ているし
          親の反対を押し切って上京した子が辞めるとは思っていませんでした。

          ねるが平手よりも先に卒業するのだから誰が卒業するかなんてわからないものです。

          武道館公演は現在オフィシャル先行待ちです。頼むから当たってくれ(´・ω・`)

  • 他の方のコメントも読めるようになってびっくりです。ごめんなさい。仕組みを理解していなくて。てちの情報を探しているとどうしてもまとめサイトに導かれて見たくないものをみてしまうので、こんな形で誠実なファンの意見や情報に触れられて嬉しいです。
    ユーチューブでアンチを煽る記事をあげてる爬虫類の部長と課長は同じ人なのでしょうか。
    元々はファンだったようですが。でも今回ばかりは
    知らせてくれてありがとうと言いたいです。
    てちがやっていたミルミルのCM、わずか半年で、いきものがかりに変更だとか。
    何か契約違反でもあったのでしょうか?
    欅のメンバーが楽天の応援ガールに就任したから?
    好きと嫌いの脳の回路は近いといいます。すごく好きだったのに、
    別れる時は大嫌い。ファンの心理もそういうところがありそうですよね。
    てちを少しでも長く見ていたい。
    彼女のためになるならば、CDだって結局、何枚も買ってしまうんです。
    ハヤケンさんの欅の記事、楽しみにしてます!!

    • そもそもそんなにコメントが付くブログじゃないっていうのと
      コメントが付いてもスパムがめっちゃ多いので承認制にしてるんですよ。

      YouTubeに関しては見てないので分からないです。
      自分もアンチの発言は好きじゃないので見ないようにしてるんです。
      ただ情報源としてTwitterは見てますが否定的な人のアカウントはフォロー外しちゃいますね。

      ミルミルに関してはCMを平手に変えてから売上あがったようなので単純に契約満了じゃないでしょうか。

      ファンは嫌いになったり興味がなくなったのであれば黙って去るべきだと思っています。
      好きだから攻撃してしまうというのは僕には全く理解できません。
      僕はファンでいる限り欅坂46を応援する記事しか書かないつもりです。

      読んでいただけていると分かると励みになります。
      またコメントお待ちしています(゚Д゚)ノ

      • ミルミルについては、、、2月21日放送の東京FM『SCHOOL OF LOCK !』で、
        同局が出版したムック本(SCHOOL OF LOCK ! DAYS4)に掲載されている写真
        の中で、てち自身が一番好きなのは、局内のヤクルトの自販機で買った
        ミルミル飲んでる写真!と言っていましたので、
        https://www.tfm.co.jp/lock/girls/index.php?catid=117&page=5
        おっしゃる通り、CMは単純に契約が終わっただけのことかと思われます。。
        当日の放送を生で聴いていましたが、「ミルミルー!」と笑いながら元気よく
        答えていたので、まったく他意もないかと。

        てちと接する機会の98%はスクール・オブ・ロックなので、たまにテレビで
        笑わない平手を観ると、逆にちょっとびつくりしちゃうんですよね(笑)。

        • 楓さん!
          情報ありがとうございます。
          私もSOLを心の支えに生きてます。
          てちがミルミルの事話していたのも今年に入ってからだし、C M 以降ヤクルトレディに宅配をお願いしてたのでショック大なんです。
          楓さん、響からのファンなんですねー。なんだか素敵です!
          ハヤケンさんと楓さんのフラットな意見を見ると
          アンチオタを気にし過ぎて、自分がアンチオタみたいな言動をしないよう気をつけようと
          思いました。ありがとうございまーす。

          • てちはCMが終わっても「ミルミルってなんかかわいいー」って、
            変わらず好きでいると思うので、
            これからも宅配やめずに飲みましょう(^_^)。私も飲んでます。
            あ、お茶漬もですね。
            欅坂はマザーシップ、SOLはマイホームタウン。
            平手さんにとって、心の拠り所があるのは、私たちにも嬉しいことですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。