日向坂46『日向坂で会いましょう』センター小坂菜緒のブログにより野球部発足!加藤史帆と東村芽依のホームラン争いに注目

日向坂46

8月18日放送の日向坂46『日向坂で会いましょう』はオードリー若林が推している小坂菜緒が野球を知りたいということで日向坂野球部が発足。

加藤史帆が2打席連続ホームラン打ったり、高本彩花、佐々木久美がホームランを打つなど想像以上に野球への適性を見せている日向坂メンバーだけに今回の野球部発足は本当に楽しみにしていました。

さっそく野球部企画を見ていきましょう。

小坂菜緒はあだち充作品が大好き!野球に詳しくなりたいとブログで発信

今回の野球部結成はこさかながブログで野球を詳しくなりたいと発信→こさかなひいきの若林が即採用→野球部結成という流れで番組は作られていますが、実際は富田の特技企画が予想外に盛り上がったのを受けて始球式を目指して野球企画をやろうというのは制作陣の頭にはあったと思います。

だからこさかなのブログ発信というのは後付けな気もしますが、何にせよ野球を詳しくなりたいと発信したことで番組でも取り上げてもらえるというのはすごいこと。やりたいと思うことを明確にして発信していくことの大切さを感じます。

僕もタッチ、H2世代なのでこさかなと共通の話題があると思うと嬉しいですね。

こさかなは甲子園も見ているというし、本当に野球が好きなことがブログでも伝わってきます。

ちなみにひでーなと思ったのはかとしが「井口がブログに『野球やりたい』って書いたらやりますか?」って自分のブログじゃなくて井口を比較対象にしてるところね(笑)

まぁたしかにかとしより井口の方が分かりやすい比較対象だけど(;^_^A

しかし、たまたまスタジオにおたけがいなかったからいいようなもので、小坂のブログしか読んでない発言は修羅場の予感・・・

ホームラン競争で打力チェック

ティーバッティングで打力チェック。

スコアボードに書かれている190327という数字は日向坂46のデビュー日になっています。

上村ひなの

ホームベースをバッターボックスと間違えるひなの・・・すげぇシュールな画です。

いくら野球を知らないとはいえバッターボックスぐらい分かりそうなもんですけどね(;^_^A

バットを2本使うという発想も野球経験者の自分にはなかったので、知らない人の発想力ってすごいなと妙に感心してしまいました。

ティーバッティングが始まると運動神経皆無のひなのにしてはちゃんとバットに当たっていたし、あと少しでフェンスオーバーというところまで飛んでいるので上出来じゃないでしょうか。

かとし、おたけ、久美の3連発を見てるから感覚おかしくなってるだけで、一般女子ってだいたいあんなもんです。

宮田愛萌

続いて愛萌。

こういう体育系企画で愛萌がピックアップされるのもなんか不思議な感じ。

ぶりっ子といえば柿崎芽実ちゃんだったわけですが、卒業してしまったので唯一のぶりっ子担当として愛萌にはがんばってほしいものです。

愛萌はぶりっ子というよりセクシー担当になっていくのかな。今後の展開に注目ですね。

バッティングが始まるとまさかの野球盤打法。

『ドレミソラシド』のホームラン企画で丹生ちゃんが球筋のラインにバットを置いといたら打てるんじゃないかなみたいな発言をしていて、愛萌も頭の良さが裏目に出たパターンかなと思ったんです。ボールが来るラインにバットを出しておいたら打てると思ったみたいな。

でも素振りの段階から野球盤打法だったので、どうやらあれしかできないようです。

腕を伸ばすとバットの操作性が悪くなるからなるべくバットは体から離さないというのはバッティングの基本なんですが、とりあえずバットに当たってるからいいのかな。

佐々木美玲

またしても運動神経がいいタイプではない美玲。

ですが、意外にも2球連続でホームラン。これは量産体制か!と思ったら3球目以降からは4球連続で空振り。

2球目までは頭の位置がズレずにその場で回転してたのに3球目からホームランを狙いすぎたのか頭の位置が下がってしまったので当たらなくなってしまったんですね。

美玲本人は最初はいいのにだんだん悪くなると言っていましたが、頭で考え始めるとおかしくなるタイプな気がするのでセンスはあると思うんですよ。2球ホームランにするのは女の子ではすごいですからね。

東村芽依

めいちゃんは野球経験ないのは見れば分かりますが、運動神経抜群だけあってスイングスピードが相当速い!

打球のスピードもかなり速いのでホームラン6本という成績もうなづけます。

足が速くて長打力もあるタイプだから1番バッターとかになったら相手チームは嫌だろうなぁ。坂本や山田の1番みたいな感じですね。

未経験であのスイングスピードが出せる身体能力の高さを出せるのだからちょっと練習したら絶対うまくなるタイプ。

加藤史帆

最後を締めくくるのは日向坂のスラッガー加藤史帆。

かとしは普通にいいスイングで下手したら自分よりいいスイングしてるんじゃないかと思ってしまいます(;^_^A

バットの出し方もしっかりしているので打球の角度もホームランバッターの軌道になっています。

以前の特技企画で2打席連続ホームランを打ったときは上半身で打っているイメージが強かったですが、今回は全身で振っている印象があります。中盤は少し狙いすぎて力んだ印象ですが、終盤は量産体制に入って7本でホームラン王を獲得。

やっぱり筋力が全然ないのに50メートルを7.6で走ってしまうってそれはもう運動神経の良さですよ。もう少し鍛えて技術的にも練習したら今からでもいい選手になりそう。なんかちょっともったいない感じがしちゃいますね。

プロ野球クイズ

プロ野球クイズは、宇野・金森・達川・門田っていつの時代だよ(笑)

キン肉マン並みに時代錯誤なクイズ大会でした(;^_^A

今回のクイズは正解で映像が使えないのは痛かったですね。宇野のは映像で見てなんぼだし、金森はデッドボール当たるシーンを見たかった。達川もデッドボールを当たったフリするやつはメンバーが見ても笑えたはずです。

門田がブーマーに破壊されたやつは昭和58年生まれの自分の世代でも分かる。めっちゃ笑ったやつですが、メンバーの驚く表情も見えられておもしろかったです。

映像使えるなら下柳が激怒するやつ見せてあげたかったなぁ。あれなんか最高なのに。

まとめ

来週の予告を見るとリードからの帰塁の練習してますよね。

全然始球式に関係ないだろってやつ(笑)

ああいう深夜番組の悪ノリみたいな感じで今後も続けてほしいと思います。来週はいよいよピッチングの練習に入るようなので、久美とおたけがどんなピッチングを見せてくれるか楽しみにしています。

この収録時点ではまだ始球式の仕事は決まってなかったようですが、きっと練習の成果を見せてくれるでしょう。

【TIF2019】日向坂46が『ドレミソラシド』『キツネ』フルサイズを初披露!センター小坂菜緒は熱中症の疑いも

2019.08.07

7/21日向坂46『キュン』握手会レポート 加藤史帆・佐々木美玲・松田好花・河田陽菜・宮田愛萌

2019.07.21
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。