日向坂46渡邉美穂wikiプロフィール!ソロ写真集発売や料理上手でお弁当を作っている理由も紹介

日向坂46

日向坂46は2019年春にけやき坂46から改名して日向坂46として生まれ変わりました。

けやき坂46としては唯一ソロ写真集を発売したのは渡邉美穂です。2期生でありながらすでに日向坂46の中心メンバーとして存在感を示している彼女のプロフィールや魅力を今回はまとめていきます。

運動神経がよく、頭もいい、仲間想いで、根性もある。そんな渡邉美穂を語っていきましょう。

日向坂46渡邉美穂プロフィール

生年月日:2000年2月24日

星座:うお座

身長:158cm

出身地:埼玉県

血液型:A型

趣味:映画鑑賞

特技:バスケットボール(県大会出場経験あり)、ウクレレ、なぞかけ

キャッチフレーズ:埼玉が生んだ怒涛の起爆剤

自分の好きなところ:立ち直りが早い

自分の嫌いなところ:物忘れが激しい

前世:台湾のマフィア

料理:ほぼ毎日お弁当を作っている

けやき坂46で写真集を発売した唯一のメンバー

けやき坂46のメンバーの中で最初に写真集を発売することになったのは2期生の渡邉美穂でした。けやき坂46が日向坂46に改名をしたことで、けやき坂46名義で写真集を発売した唯一のメンバーということになります。

写真集発売の話が美穂に知らされたのは2018年8月4日と言っているのでTIFの翌日ですね。

確定したのは「9月の終わりにあった京都の握手会の帰り」と美穂は言ってますが、スケジュールを確認すると9月に京都の握手会はなく、8月26日にあった京都の個別握手会のことを指しているのだと思います。

けやき坂46で写真集を発売する最初のメンバーが渡邉美穂と聞いたときは驚きました。

なぜなら、渡邉美穂は1期生でもセンター経験者でもなかったからです。

これが2期生の中でも圧倒的な人気を誇るメンバーで売上が期待できるからといった明確な理由が分かるメンバーであれば納得なのですが、実際のところ美穂がけやき坂46において抜けた人気があるわけではありません。

順番でいえば1期生から選ばれるところを運営はあえて美穂で行こうと考えた理由は、彼女の人間性が影響を与えていると思っています。

運営にひいきされていると言われるとき一般的にはネガティブなイメージとして使われることが多いわけですが、芸能界に平等なんてないと思うんです。実力があるからタレントより偉い人に気に入られたほうが売れてしまう世界です。

普通でいえば1期生でいくところを、運営が美穂でいこうと思いたくなるだけの魅力があったからです。

デビューシングル『キュン』のヒット祈願駅伝で1期生柿崎芽実と箱根の峠越えにチャレンジした際のコメントでこのように語っています。

「もしメンバーが立ち止まっていたり、くじけそうになっていたら肩を持って背中を押して一緒にゴールまで歩みを進めていきたいです。」

という強い意志を感じるコメントをしてくれました。

体力に自信があってよかっただけで普通は終わってしまうところを、体力に自信がないメンバーの分まで私が引っ張っていかなきゃいけないんだというところまで発想できているところがすごい。

仲間を思う気持ち、得意なメンバーは苦手なメンバーを助けてあげるものという気持ち。

自分のことだけでいっぱいいっぱいになってしまいがちのところをちゃんと他人のことも思いやることができている。こういうメンバーってあまり表では目立って評価されにくいですが、運営としては美穂の人柄への感謝の気持ちをなんらかの気持ちでお返ししてあげたいという気持ちがあったのではないでしょうか。

なぜ渡邉美穂がけやき坂46の写真集発売第一号なのか。

その明確な答えは明かされていませんが、美穂の人柄を見ていると運営から美穂に対するプレゼントだったと考えてもおかしくないと思っています。

渡邉美穂は勉強もできて頭いい?

ひらがな推し時代にあった学力テスト企画では全体の6位と本来の美穂期待値からすれば上位5人には入りたいところでしたが頭の良さは示した学力テストとなりました。

出身高校と言われている学校は埼玉県内でも有名な偏差値上位校です。自分の同級生もその学校から慶応大学に進学しているので学校名を明かさずとも頭のいい学校であることは伝わるかと思います。

学力だけではなく美穂の頭の良さを感じさせるのはバラエティ番組です。

例えば、『日向坂で会いましょう』ではMC春日の撮影会企画では美穂が「どうしてあんなことをしたんですか?」とスキャンダルの渦中にある春日をいじり始めます。5m走企画ではクッションを春日の走路に置いて妨害をすることを最初に始めたのは美穂です。

これは単純に悪ノリではあるのですが、常にアグレッシブにMCに絡んでいくというのは簡単なことではありません。

ラジオ番組に出演しては質問を投げかけるとすぐにレスが返ってきます。これは頭の回転が速い証拠です。

バスケで培った勝負根性、他人を思いやる優しさ、空気を読む頭の良さ。

アイドル性だけではなく人間性の面でも素晴らしい子です。

ただ相手に求められることが分かるからこそ元気なイメージを演じることに疲れてしまったといいます。それこそ卒業も頭をよぎったと言っているので、精神的にもかなり追い込まれていた時期だったようですが、そんな時間も乗り越えた先に写真集の発売であったり、CDデビューを迎えることができたわけです。

こうやって美穂の人間力を見ていくと周囲からの評価が高いのも納得です。

渡邉美穂は料理上手!高3からお弁当を作っていた

番組の企画でデコ弁を披露して料理の腕も高いことを見せた美穂。

料理がうまいのは高校3年生のときの1年間はお母さんにお弁当を作ってもらうのを止めて、自分で作っていたといいます。自分で作り始めた理由はこれから生きていく上で料理はできたほうがいいと思ったからということですが、今は料理が楽しくてしょうがないと語ってくれています。

バスケ漬けの高校時代だったことを考えると朝練もあったと思うんです。それでも自分の将来を考えて自分でお弁当を作ることを選ぶ美穂って本当にすごいですね。

料理に関しては得意料理といったものはなく、レシピがあればなんでも作れてしまうというのだから料理の才能を感じます。作るのが好きな料理という意味ではハンバーグということで豆腐を入れてヘルシーにしたりしてカロリーも気にして作っているようです。

ちなみに将来のことを考えてお弁当を作るようになったというのは本人が語っていた言葉なので疑うつもりはないですが、朝練に間に合うように起きて家を出るとなったら相当朝早くに起きてお弁当を作らなくちゃいけないのでお母さんに気を遣ったのかもしれません。

「お母さんに悪いから」というよりも「自分の将来のために」といったほうがお母さんとしてもポジティブに受け取れるじゃないですか。

だから、料理がうまいってだけじゃなくて高校のときから自分でお弁当を作っていたというエピソードからは美穂のお母さんに対する優しさも感じることができます。

まとめ

こうやって見ていくと美穂が注目されるのは運営にひいきされてるとかそんな問題じゃなく必然であることが分かります。ヒット祈願企画のような体力的に厳しい企画になると、よりいっそう美穂の人間性が周りのメンバーの支えになっていることが伝わってくるんです。

まだまだ書ききれないことはいっぱいあります。

続きはまた違う記事に書いていきますね。

日向坂46

日向坂46『日向坂で会いましょう』齊藤京子カップラーメンをプロデュース!河田陽菜はパンダと同棲

2019.05.28
日向坂46

日向坂46『日向坂で会いましょう』春日奢り企画後半戦!東村芽依の運動神経と松田好花のやさしさ

2019.05.21
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。