欅坂46『黒い羊』MV考察Vol.7 長濱ねるが物語の意味を徹底解釈!みんな黒い羊だと思ってる

欅坂46

Billboard JAPAN HOT100 COUNTDOWNというラジオ番組にゲストとして欅坂46の長濱ねるが出演していました。なかでも『黒い羊』について語る部分は、長濱ねるなりの観点が凝縮されていておもしろかったです。

MVのねるなりの解釈が聞けたのでレポートします。

みんなが自分のことを黒い羊だと思っている

この曲が不思議だなと思ったのは、黒い羊って一人だけみんなから外れているって自分で思っているという曲を書いてるんですけど、欅坂のメンバーみんなが自分に共感したって言っていて、みんながそれぞれ黒い羊って思っているっていうのが不思議というか、難しいですけどおもしろいなぁじゃないけど、不思議なだなぁと思って。

世の中の人もいわゆる白い羊というか集団に属してがんばってらっしゃる方の中にも自分だけ疎外感を感じていたりだとか、そういう方に寄り添えるような曲になっているんじゃないかなと思って。

Billboard JAPAN HOT100 COUNTDOWNより引用

さすが才女長濱ねるだなと感じさせる解釈ですね。

『黒い羊』の世界観を考える上で基本的な部分でありながら核心を突いた論点だと思います。

欅坂46というアイドルグループだけじゃなく会社に勤めている方も含めて、人は一人では生きていくことはできないわけで社会的な関わりを断絶しようと思えば山奥に引きこもって自給自足生活をすることになってしまいます。さすがにそこまで思い切ったことをする人はごくわずかであることを考えると、社会と関わっていく中で人はなんらかの部分で自分を押し殺していて、本当は黒い羊であっても白い羊であることを求められてしまう。

しかもそれが集団で活動している欅坂46においてはみんな黒い羊に共感しているという事実。

一見すると大人数で助け合いながら寄り添っているように見えて、実はそれぞれに疎外感を抱えながら生きているということをねるなりの見方で「不思議」「おもしろい」という表現をしてくれました。

欅坂46の曲は一緒にダークな気持ちになって寄り添えるイメージ

欅坂46の曲のイメージについても語ってくれました。

欅坂の曲ってアイドルなんですけど笑顔キラキラで元気づけるっていうよりは、一緒にダークな気持ちになって一緒にしゃがみこんで寄り添うっていうイメージがすごく強くって。この曲もまさにそんな感じじゃないかなって思いますね。

Billboard JAPAN HOT100 COUNTDOWNより引用

『黒い羊』は特にダークな部分を全面に出した曲なので、一緒にダークな気持ちになって寄り添うというイメージにぴったりですね。もともと欅坂46の楽曲はメッセージ性が強い曲が多くて『サイレントマジョリティー』や『不協和音』に関しても強烈なメッセージを我々に投げつけてきました。

でも表題曲以外の曲もファンには根強い人気があって『エキセントリック』や『避雷針』といったダークさが色濃く出ている曲ほど刺さっている印象がありました。もともと欅坂46の楽曲が好きっていう時点で、どこかしらの欅坂46が表現するダークさに共感した方だと思うので、今回の『黒い羊』は表題曲しか知らない一般の方からすると新たな欅坂46の一面を見せることができる曲になっていると思います。

『黒い羊』MV長濱ねるの解釈

1階と2階と屋上とどんどん進んでいくんですけど、最初1階にメンバーがいてそれぞれがそれぞれの人間を演じていて、そのときに監督さんから説明があって、あなたはこういうことで絶望しているんだよというのがあって。みんな悩みを抱えているんです。

私は就職試験に敗れて、うまくいかないで絶望している女の子です。

私もいま大学2年生の代なので、まさに同世代のそういう悩みを抱えていて、1階の部分は平手演じる主人公が抱きしめにいって救おうとしていくんですけど、そんな簡単に心って開けないし、傷を負っていたり闇を抱えていたりすると簡単には開けないので、最初のほうは突き飛ばされたり突き返されたりしていくんです。

どんどん階段を上がって2階に行くんですけど、2階は平手の子供時代を思い出したりする描写があって、そこの横を通っていって、2階にもメンバーがいるんですけど2階ではちょっとずつぶつかり合うというか突き放されてもまた抱きしめに行って、お互いに痛みを分かち合いながらというか、ぶつかりあって傷つき合いながら分かりあろうとする部分を演じていて。

屋上に上がっていくんですけど、屋上ではみんなで抱き合って触れあうっていうのを表現をしているんです。
Billboard JAPAN HOT100 COUNTDOWNより引用

いろんな解釈ができるMVだけにあまり語りすぎないほうがいいのかなと前置きをしながらも、やっぱり頭のいい子なので自分なりに思うところがあったのでしょう。話し始めたら止まらなくなってましたね(笑)

ねるが演じたのは就職活動に失敗した女の子で、どう考えても初めての失敗じゃないです。何度受けても一向に内定がもえらないことからまるで自分の存在価値まで否定されてしまったかのような絶望感を感じます。けしておおげさに怒りを示すこともなく、ただ右手の紙を見つめカメラからフェイドアウトする瞬間にわずかに紙を握りしめています。

最初は平手の愛を受け入れることができずに突き放してしまうけど、徐々に痛みを分かち合いながらも少しずつ心を開き始めた黒い羊。そして屋上のシーンでは抱き合って愛を確かめ合う。

自分の考察記事でも同じようなことは書いてきましたが、ねるが語るとすごく分かりやすくて腑に落ちました。

まとめ

みんながそれぞれ抱えている黒い羊の部分に共感している楽曲です。白い羊の中にいても心のどこかに抱えている黒い羊の部分がこの曲によってえぐられてうずくのでしょう。

欅坂46のようなメンバー内の仲がいいグループでもそれぞれに黒い羊の部分を抱えているという現実に気づくあたりはやっぱりねるの頭の良さを感じた点でした。

今回はMVについてあまり知らない人に対して説明する感じでしたが、欅坂46に詳しいインタビュアーになったときにもっと深い話をしてくれるのではないかと思っています。別冊カドカワかブブカあたりで特集をお願いします(笑)

↓↓他の考察記事はこちら

欅坂46『黒い羊』MV考察Vol.6 小林由依がブログで解説!キャプテン菅井友香は白い羊?

2019.02.10

欅坂46『黒い羊』MV考察Vol.8 石森虹花が役柄解説!『Nobody』MV制作秘話も公開

2019.02.17
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。