けやき坂46から日向坂46改名発表で見せた齊藤京子の歓喜と柿崎芽実の困惑!始まりは長濱ねる!

日向坂46

けやき坂46から日向坂46への改名が発表されて一夜が明けました。

Twitterのトレンドも「日向坂46」「ひらがなけやき」「ひらがなからのおしらせ」など、けやき坂46に関するワードで埋め尽くされるほど影響力があり、日向坂46の注目度が伺えます。なかでも齊藤京子と柿崎芽実の2人の対照的な反応はファンの間でも話題になっていました。今回はこの2人の表情から心理状態を見ていきます。

日向坂46 齊藤京子が伝えるべきこと

今回の改名を一番喜んでいたのはshowroom配信に出演していたメンバーの中では間違いなく齊藤京子です、なぜこうも喜んでいたのか。その理由を自身のブログでこう語っています。

実はみなさんには一度も言わないようにしていていたのですが、私にとってのけやき坂46としての活動していく上で”必ず叶えたい夢3つ”というものが私の中ではずっとずっとありました。

1つは、私たちの冠番組ができること。

2つは、単独シングルデビューすること。

そして3つ目は新たな坂道に改名すること。

特に3つ目の改名は誰よりも何よりもどんなことよりもとにかく叶えたい夢でした。

でもこれは自分たちではどうすることもできなくてただただ妄想と祈るのみでした。
日向坂46 齊藤京子公式ブログより引用

と改名が念願の夢だったことを明かしています。

改名が夢であったことは何も悪くないし、素直に今回の改名はおめでとうと言ってあげたいのですが、これまで「けやき坂46」というグループを応援してきて「けやき坂46」という名前に愛着があったファンに対する配慮のある言葉があるとよかったですね。

なぜ改名したいと願っていたのか、その理由がほしいんです。

欅坂46の妹分という形のけやき坂46でいる限りはいつまで経っても欅坂46を超えることはできないと思っていたからなのか、今後飛躍していくために読みが同じグループのままでは厳しいと思っていたからなのか。どちらにしても改名できるぐらいに認められてからではないと達成できない目標だと思っていたはずなので、まだまだ先の話だと思っていたところに今回のサプライズ発表は驚いたことでしょう。

ずっと願ってきた夢なのだから「けやき坂46って名前がそんなに嫌なのか」といったような裏の意味を取る気はありません。でも、日向坂46がいま以上に大きなアイドルグループになっていこうと考えるなら書いていないことを汲み取る想像力のないやつの芽を摘んでおく心構えは持っておいたほうがいいと思います。

京子は、けやかけやひながな推しでもMCと会話が噛み合わないシーンが見られることがあります。相手が何を求めているか読み取れずに話が平行線になってしまうんです。もともとそういうタイプなので今回の件も悪意はないことは分かっているので特別に気にすることもないのですが、ちょっと気になった点でした。

日向坂46 柿崎芽実が見せた困惑

京子と違い泣きそうな表情を見せていたのは柿崎芽実です。

親友平手友梨奈との別れにショックを受けているという見方もありますが、実際のところ欅坂46とけやき坂46の接点は握手会ぐらいなので改名したから平手と会えないとはならないはずです。彼女もメンバーなのだからプライベートで会おうと思えば会えますからね。

あのとき泣きそうな表情をしていたのは単純に困惑していたからでしょう。人間は想像していない出来事が起こると頭が追いついていかず不安が襲ってきます。サプライズでの発表だったので京子のように喜ぶ者、めみちゃんのように戸惑う者、いろんな反応があって当然です。めみちゃんの反応には深い意味はないように思います。もちろん本人ではない以上、真相は本人しか分かりませんが気にすることはないんじゃないでしょうか。

すべての始まりは長濱ねるだった

けやき坂46は欅坂46の最終審査までいっていた長濱ねるが両親の反対により辞退せざるをえなくなってしまったことから始まっています。連日泣いてばかりいるねるの本気に心を打たれた両親が運営に話を持ち寄り特例で欅坂46に加入することになりました。

しかし、ただ特例で加入させたのでは角が立ちすぎると判断したのかねるは欅坂46のアンダーグループけやき坂46という扱いで、けやかけで一人だけ衣装が違うのはちょっと露骨でしたね。

その後、けやき坂46は新メンバーを募集。ねるは欅坂46とけやき坂46を兼任しながらがんばってくれました。そしてねるはけやき坂46の役目を終えて欅坂46専任として現在は活動しています。けやき坂46が日向坂46に改名して新たな坂道グループになるすべての始まりは、ねるの両親がアイドル活動を反対したところです。

もしかしたらねるがすんなり加入していても欅坂2期生オーディションがもっと早く行われていた可能性もありますが、欅坂46とは違うハッピーオーラ全開のアイドルグループではないでしょうし、今のメンバーも加入していないでしょう。そう思うと何がきっかけになってハッピーな方向に転ぶか分からないものですね。

まとめ

日向坂46への改名発表は喜びと戸惑いというメンバー個々によって様々なリアクションが見られました。まだまだ受け入れていくには時間がかかるかもしれませんが、少しずつ慣れていくんでしょうね。

横浜アリーナでの単独ライブ、シングルリリースと独立したグループになることによって欅坂46と比較されることも増えてくるでしょうが、そういったことも含めて日向坂46のメンバーなら乗り越えてくれると信じています。

日向坂46への改名おめでとう。がんばってなー(*^▽^*)

けやき坂46が日向坂46へ改名!3/27に単独シングルデビュー&横浜アリーナ公演も決定!

2019.02.11
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。