【G1クライマックス】棚橋弘至VSオカダカズチカ Aブロック優勝者決定戦

プロレス

新日本プロレス夏の祭典G1クライマックスもいよいよ大詰めになってきました。Aブロックでは棚橋弘至が1敗でトップ。続いてオカダカズチカとなるわけですが、オカダカズチカが決勝に進むためには棚橋弘至戦に勝利が絶対条件。そういった中での試合となりました。

序盤は棚橋弘至のペース

IWGPのタイトルマッチで棚橋弘至とオカダカズチカは直接対決をしています。そのときの印象はオカダカズチカの圧勝といった感じでオカダカズチカの強さと棚橋弘至の状態の悪さが印象的でした。

動きのキレが悪い棚橋弘至というのはエースとして見てきたファンとしてもあまり見たくはないもので何か棚橋弘至時代の終わりを感じた瞬間でもあります。春のNew Japanカップでも優勝できていないし、引退とまではいかなくてもベルトを狙う一線級からは除外されたようでせつなくもありました。

腕の状態、ヒザの状態も悪いようでハイフライフローをやるたびにヒザを抑える姿は痛々しくもあります。

しかし、今回のG1クライマックスでのオカダカズチカとの一戦は序盤から動きがよかった。

双方の技の読み合いでしっかりと決まった技こそ少ないもののしっかりオカダカズチカのスピードについていけているという印象があり、さすがトップで勝ち上がってきただけはあるなという期待が持てる流れです。

徐々にオカダカズチカペースに!

当然オカダカズチカも黙ってはいません。

スピード感のあるエルボーからDDTで一瞬にしてペースを戻します。ここがオカダカズチカのすごいところでもっていかれそうなペースを一つの技で強引に戻すことができるのはすごいですね。

棚橋弘至に低空ドロップキックをもらってペースを戻されそうになってもジョンウーで帳消しにする。こういうシーンを見てしまうとやっぱり最後はオカダカズチカなのかなと思ってしまいます。その後、トップロープからのミサイルキックで流れを掴むとツームストンで仕上げ・・・と思いきや逆にツームストンをくらってしまいます。

ちょっと前までの棚橋弘至ならここでツームストンくらって負けていてもおかしくない流れでした。でも今回はツームストンとレインメーカーだけはくわないと決めていたような反応だったので今大会への思いは想像以上のものを感じます。

再び流れは棚橋弘至

棚橋弘至の気迫がすごかったですね。エルボーの打ち合いでも勝ち、場外へのドロップキックでオカダカズチカに大ダメージ。そして場外へのハイフライフローですよ。しかもクリーンヒット!今回に限った技ではないですがオカダカズチカを苦しめていることは間違いありません。

そしてエプロンからロープをまたがせてのドラゴンスクリュー3連発からのテキサスクローバーホールド!

テキサスクローバーホールドって足4の字みたいな形でのエビ固めですがヒザへのダメージはあるんでしょうか。背中から腰にかけてのダメージが大きいような印象があるんですが。ちょっと気になったところです。

かなり体重も落ちていたのでこれはオカダカズチカも厳しい展開です。そして棚橋弘至が足を持ち替えてのスタイルズクラッシュ!

ここで決められなかったのはある意味、棚橋弘至としても苦しいですね。

通常だと決めるべきところで決められないとすぐにオカダカズチカペースになってくるところですが、ツイスト&シャウト3連発など追い打ちをかけてくるところが今回の棚橋弘至は違いました。

さらに勝機を見た棚橋弘至はハイフライアタックを狙うもオカダカズチカにドロップキックをくらい迎撃されてしまいます。

オカダカズチカはハイフライアタックをドロップキックで迎撃するのは結構狙っているタイプなので嫌な予感はありました。

時間切れが迫ってきた

制限時間が迫ってくる中でオカダカズチカとしてはもうレインメーカーしかないってところで、それだけはくらわないと意地を見せる棚橋弘至の姿はよかったですね。

かわしながらもドラゴンスープレックスを決めたり、引き分けでもいいのにハイフライフローを繰り出したり最後まで勝つことにこだわってくれたのはさすがエースです。

結果的に時間切れになってしまいましたが、いい試合を見せてくれたので文句はありません。

夢の続きはまだ終わっていないと語る棚橋弘至がまだまだ健在であることを見せつけてくれる一戦となりました。優勝決定戦は飯伏幸太との戦いになります。ここまできたら優勝してほしいな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。