【スリジエ】成瀬古都・姫乃さや・青葉桃花・野﨑ゆりかについて!スリジエの意味や事務所についても解説

スリジエ

9月9日パームス無料の部でスリジエを見てきました。組閣後はあまり行けていなかったのでチーム編成が変わっているスリジエ候補生を見るのも新鮮ですね。

今回注目したのは成瀬古都、姫乃さや、青葉桃花、野﨑ゆりかの4名です。この4人のレポートに加えてスリジエというグループ名の意味や所属事務所についても解説します。

スリジエの意味と所属事務所について

スリジエとはフランス語で「桜」を意味する言葉です。最初は随分言いづらい名前だなと思ったもんですが慣れるとそんなこともなくいい名前だなと思えるものです。

事務所は仮面女子と同じ事務所で、仮面女子には桜のどか、桜雪といった芸名に桜がついているタレントも存在することもあって桜が好きなんでしょうね。

仮面女子が仮面を被ることで個性を消して群れになって戦うことで強いインパクトを与えようとしているのに対して、まだスリジエという名前すら付く前のドリームプロジェクトに所属するDJ(ドリーム嬢)と呼ばれていたときに「次は乃木坂みたいな正統派アイドル路線でいくよ」と聞いたときは正直大丈夫なのかなと思っていました。

地上アイドルならまだしも地下アイドルで王道アイドル路線のど真ん中を今から行くのはむしろリスクが大きいのではないかと思ったからです。

でも、実際にスリジエが発足してデビューしてみると正統派でいくと言っただけあってかわいい子が揃っていて、これだけかわいい子が揃っていれば自然と人気は付いてくるだろうなと思えたことを覚えています。

スリジエ候補生オーシャン成瀬古都

スリジエ 成瀬古都

今日の無料の部で一番成長を感じることができたのはこっとんこと成瀬古都です。

DJのときから見ている子で注目している子であるというのを差し引いても明らかによくなっています。具体的にいうと「目線」です。

以前からすごく笑顔が印象的だなという印象が強かったんです。まさに満面の笑みといった表情を見せてくれます。

ただデビュー当初はパフォーマンスの面でけして悪いところはないんだけど特別にいいところを挙げようと考えると難しいという印象でした。きっとそこがスリジエ正規メンバーに昇格できなかった理由でしょう。

でも撮影会で話をしても話しやすいし、性格的にもいい子であることは分かっていたのでコツコツと努力を積み重ねていける子なんじゃないかなと思ってみていました。

そしたらまさしくその通りでダンスのキレが増したように見えたのが4月20日のワロップで行われたドリームがMORIMORI☆。

それまでも何度も撮っていたのでカメラの設定は間違っていなかったはずなのに、それまでのシャッタースピードではついていけないほどのキレを感じました。

そしてワロップから約半年が経った現在はダンスのキレをそのままに余裕を感じるようになって見ているこちらに安心感を与えてくれます。ダンス中に目線がいろんなところに動くんです。多くのファンと目線を合わせるだけの余裕があるんですね。

同じパフォーマンスをするにしても本人に余裕があるかどうかで見ている者に与える安心感はまったく違うものになります。

今はまだ候補生ですが、今のパフォーマンスを続けることができれば正規メンバーへの道は近いと思います。

スリジエ姫乃さや

スリジエ 姫乃さや

9月9日1部公演は9月3日に誕生日を迎えた姫乃さやの生誕祭でした。お誕生日おめでとうございます。

以前にもブログでお話しましたが彼女の初めての撮影会のときに撮影したことがあるんですよ。

普段はカメラを向ければ勝手にポーズを撮ってくれるモデルばかりを撮影している自分としては、どうやって指示を出したらいいものやら迷ってしまいます。そこらへんの女子高生連れてきましたみたいな感じだったし、ダンスもスポーツもやったことがないと聞いて大丈夫なのかなと心配してしまいました。

そのときのイメージがあったもんだからスリジエ正規メンバーに選ばれたときはビックリしたもんです。

ダンス未経験の中で正規メンバーに選ばれるんだからしっかりと努力ができる子なんだろうなと思ったのを覚えています。

初めて出会ってからもう1年が経ちました。

今もスリジエ正規メンバーとして活動してくれているのは嬉しいですね。特にダンスについては青葉桃花の横が立ち位置なのにダンスでは全然負けていない。けして最初からファンが多いタイプではなかったのに誰よりもエゴサをして、ラジオ番組のツイートをして、独自の色を出していった姫乃さやは人気が出ないと悩んでいるアイドルの見本になれる存在です。

落ちサビを任せる曲もできたり徐々に結果もついてくるようになりました。これからもがんばってくださいね。

スリジエ青葉桃花

青葉桃花

9月7日に誕生日を迎えたようですね。おめでとうございます。

知り合いのLINEグループでは「なんで誕生日当日なのにパームスいないんですか?」って言われちゃいましたよ(;^ω^)今は仕事大変なときで帰ってきたらすぐ寝ちゃう日々なので申し訳ない。ちゃんと生誕祭は行きますよ。

青葉桃花を初めて見たのはドリームがMORIMORI☆です。

それまでのドリモリ参戦で山本あこ、朝日奈えみ、野﨑ゆりかの3人の誰を推そうか迷っていたんですが、青葉桃花との出会いでこの子だなと決めました。

見た感じ青学とか、上智とかいいところの女子大生って言われても違和感ないのに、このときの番組企画で漢字を書くコーナーがあったんですが全然書けない(笑)

なんかそのギャップがいいなと思ったんです。どこで好きになるか分からないものですね。

顔は美人でスタイルもいい。撮影会で話した感じでは性格も素直でアイドルとしての能力は抜群で乃木坂や欅坂にいてもおかしくない子だなっていうぐらいなのになかなかファンに気づかれていない様子でした。

というのも、動画を作ったり撮影した写真をアップすると他のメンバーに比べて圧倒的にいいねの数が少ないんです。なぜだろうと考えたときにブログには今日食べた食べ物をアップするのに、アイドルに対する思いとか、自分の趣味とか、青葉桃花はどんな人物なのかが分からない内容が多かったんです。

そこは本人にちゃんと伝えて、実際にブログも修正してくれたらすぐに個人ブログを持てるようになりました。それぐらい押さえるところさえしっかり押さえればファンが付く子だなと思っていたのでよかったです。

ダンス経験者ということもあってスリジエの中ではかっこいいダンスを見せてくれるタイプですね。今はセンターに山本あこちゃん、上手側に花咲ヒアラちゃんと幼い子がいて、下手側には青葉桃花と姫乃さやというスリジエの中では大人メンがいるというコントラストも見どころです。

青葉桃花の撮影会もまた行きたいですね。忘れられないうちにまた行くつもりです。

スリジエ野﨑ゆりか

スリジエ 野﨑ゆりか

スリジエ候補生から正規メンバーに昇格した野﨑ゆりかもDJのときにドリモリで見たメンバーです。

THEお嬢様といった感じで雰囲気からして育ちの良さが出ています。まさに正統派アイドルグループスリジエらしい子といった感じです。デビューの時点で正規メンバー確定だと思っていたらまさかの候補生。

この子が正規メンバーになれないとなるとダンスが課題ってことなのかなと思っていたらデビューLIVEでやっぱりダンスが課題だとはっかり分かりました(笑)本人もそのことを自覚していたようでダンスにはかなり苦しんだようです。

まぁダンスは経験を積むことで自然とうまくなっていくの心配していなかったわけですが、アイドルって想像よりも過酷な職業だと思うので続けることができるのかというほうが心配でした。お嬢様なイメージの子にアイドルが続けられるのだろうかということです。

でもその心配は無用でしたね。

得意の字のうまさを活かした動画をデビュー当初から続けてくれています。

1回2回やる子はいくらでもいます。しかし、多くの子が飽きちゃうんですよ。だから、ファンにそのイメージが浸透しない。ブレイクした芸人も多くが自分自身が飽きた半年後ぐらいにブレイクが来たといいます。それぐらい自分の感覚とファンに浸透するときの感覚にはズレがあるということです。

想像していた以上に地道に続けられる子で、ダンスも今ぐらいまで踊ることができれば正規メンバーじゃないほうがおかしいぐらいポテンシャルの高い子です。

今日の無料の部でも楽しそうな表情を見せてくれました。まだ後列で歌割りも少ないですが今までと同じように諦めず続けていってほしいですね。

まとめ

デビュー前から見ているだけについつい昔話が多くなってしまいました。1年前と比べて成長しているのは当然としても1年前を知っているだけに成長を感じることができて嬉しくなります。

無料の部が終わってからは秋葉原の駅前でチラシを配る姿も見られました。

11月23日のZeppダイバーシティワンマンもあと2か月ちょっとです。体調に気をつけて追い込みをがんばってください。今も変わらず応援してますよ(*^▽^*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。