Q-pitch海老原みきが9月15日で卒業

えび

Q-pitchの海老原みきが9月15日のライブをもって卒業します。2016年10月から始まったQ-pitchの初期メンバーとして活動してくれた海老原みきを写真で振り返りたいと思います。

あがいんちゃ東北

デビュー直後に渋谷の宮下公園で行われたイベントです。雨上がりだったので足元が悪くて大変でしたね。

たぶんこの画像も自分のスマホで撮影したはずなんだけど、あまり記憶にないので他人のだったらごめんなさい(;^ω^)

このときからダンスも歌もそれなりにこなせていました。特別欠点もないバランス型っていう印象でした。

ただこの日はあやせの誕生日祝いをするのにバタバタしていてそれどころじゃなかったんですよw

Q-pitch浴衣撮影会

ここらへんからTIF2017出演決定やアルバム発売でQ-pitch全体が明るくなってきたころですね。

笑顔が印象的な海老原みきですが浴衣撮影会で見せた表情はかわいい感じに仕上がっていて好きです。

肉フェス

Q-pitchの中でも独特のキャラを見せてくれたのが海老原みき。

曲中もMCも遊んでいて目が離せなくなります。

Q-pitch海老原みきが卒業

さて画像を整理しながら過去を振り返ってみると、Q-pitchの中でもバラエティ担当としてがんばってくれていたことを思い出しました。常に自由な動きをしているので危なっかしい感じなんですよね。

これは春に3名が卒業した時にも言ったんですが、卒業を発表してから実際に卒業の日を迎えるまでの期間に何を感じてますか?ってことです。

普段なかなかライブに来てくれない人も会いに来てくれたり、シングルの撮影会をやればすぐに埋まるし、メンバーやスタッフも優しくしてくれるし、実はアイドルをやっていて一番楽しいのは辞める直前なんじゃないかと思うんです。

みんなが自分のことをこんなにも愛してくれていたんだと今さらながら気づいて、アイドルを辞めると決めたこともちょっと後悔しているかもしれません。

アイドルって華やかな世界でありながらレッスンも大変で苦しいことも多いじゃないですか。でもそういう苦しみを乗り越えながら前に進んでいるときって成長の過程なんです。逆に勢いがついてきて周りの態度が変わってきたらそれは坂道を転げ落ちてるのかもしれない。

辞める直前にみんながかけてくれた言葉は実はずっとみんなが胸に秘めていた言葉で、辞めるって決める前からずっとみんなから愛されていたってことです。

普段の生活の中で愛されていると実感できることってなかなかなくて、自分の周りはいつも的だらけと思ってしまいがちなのでぜひみんなかたの温かいメッセージを常に忘れずに生きていってほしいなと思います。

ほんじゃ卒業ライブがんばっておいで(*^▽^*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。