欅坂46尾関梨香が芸能界特技王決定戦 TEPPEN2019で書道特待生の実力を見せる!

欅坂46

芸能界特技王決定戦 TEPPEN2019に欅坂46の尾関梨香が出演しました。書道では特待生の実績を誇る尾関梨香が芸能界の腕自慢の中に混ざってどこまでやれるのか、緊張感があるスタジオでの実践にどこまで対応できるのかに注目しながら見ていました。

欅坂46を詳しく知らない方のために簡単なプロフィールも含めて放送の内容を振り返ります。

欅坂46尾関梨香プロフィール

名前:尾関梨香(おぜきりか)

身長:156㎝

血液型:O型

星座:てんびん座

出身地:神奈川県

乃木坂46に次ぐ坂道グループとして結成された欅坂46の一期生。

欅坂46の冠番組『欅って、書けない?』の50メートル走で見せた変な走り方でグループ結成当初から強烈な印象を残しました。運動神経の悪さは欅坂46内で1、2を争うレベルでメンバーからは運動神経が悪いというより「とにかく変」と言われてしまうほど変な動きをしていることが印象的なメンバーです。

そんな尾関梨香も書道では特待生という輝かしい実績を持ち、その名に恥じない素晴らしい書を見せてくれます。今回芸能界特技王決定戦 TEPPEN2019に出ると聞いて「運動じゃなくて書道なら十分戦えるんじゃないか」と思ったほどです。勢いのある豪快な文字を見せてくれることを楽しみにしていました。

欅坂46尾関梨香が芸能界特技王決定戦 TEPPEN2019で書道特待生の実力を見せる!

今回の出演は以下のメンバーです。

【書道】
〈挑戦者〉
哀川翔、伊藤かずえ、丘みつ子、尾関梨香(欅坂46)、川村エミコ(たんぽぽ)、小柳ルミ子、坪倉由幸(我が家)

〈審査員〉
青柳美扇、青山浩之、中山佳子

書道の最高段位「特待生」の尾関ならこのメンバー相手に負けることはないでしょう。

と思って見ていたのですが、尾関が書いたであろう「謙虚」を見ると「あれ!これは尾関の良さが出てない(;^ω^)」と思ってなんか嫌な予感・・・

ちなみに謙虚は欅坂46の円陣でも言われている言葉で「謙虚、優しさ、絆、キラキラ輝け欅坂」と気合いを入れてからステージに出ていく欅坂46といえばこの言葉なんです。

謙虚の謙のすごさに対して、虚で迫力が一気に失われてしまっています。もちろん悪くはないのですが普段のうまさを知っているだけに尾関らしくない印象です。

まぁでも他の人の文字を見ても明らかに謙虚よりはヘタな人もいるので上位3位以内は堅いなと見ていました。

しかし、結果はまさかの最下位である7位でした。

嘘だろ( ゚Д゚)

と思わず固まってしまいました。

審査員の指摘はまさしくその通りでバランスの悪さは認めるところですが、謙の文字一つの美しさを見ても哀川翔の「大漁」やたんぽぽ川村の「結婚」よりは明らかに上でしょう。7位はさすがに低すぎます。

審査結果を聞いた尾関は自分でもうまく書けなかったという自覚があるように見えました。でもさすがに7位はないと思っていただろうし、特待生として出演しているだけに7位になるわけにはいかないっていう思いがあった中での最下位。

登場からずっと緊張して表情がこわばっていたところに結果を聞いて泣きそうな気持ちを必死にこらえているのが伝わってきます。けやかけでメンバー相関図のときに尾関がふーちゃん(齋藤冬優花)の話をしているときに泣き出したときのような表情でした。

それでも泣かずに受け止めていたのは偉かったなぁ。

TEPPEN出演が年始に告知されて特待生であることを知っているファンからの期待値も高かったと思うんです。収録では最下位を獲ってから放送日までの期間の尾関の心境を考えると複雑ですよね。周りの期待値が高いだけに最下位だったなんて恥ずかしい気分になるじゃないですか。

放送日までの期間に尾関がどういう思いでいたのかを考えるとファンである自分も複雑な心境になりました。

でもゴールデンタイムで視聴率の高い番組でソロ仕事をやれたわけですから出演できただけですごいことです。特技である書道で負けたことは本人が一番悔しいはずです。もう一度挑戦してぜひ次は1位を獲得してほしいと思っています。

緊張して疲れたでしょう。お疲れ様。よくがんばりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。