夏バテ対策はヨガで決まり!だるさ・食欲不振・冷え症にも効果あり

夏になるとだるい・眠れない・疲れるといった体調不良を訴える人が多くなります。

考えられる原因はいろいろあると思いますが
その中で自律神経の乱れによる体の不調というのが
原因となっているケースも多いようです。

そこで自律神経を整える方法としてヨガが注目されています。

最近ではフィットネスクラブやヨガ教室などで
ヨガができる場所も増えてきました。

ヨガと自律神経の関係も見ていきます。

なぜヨガで体調が良くなるのか

ヨガというと独特のポーズばかりが注目されますが
ヨガでもっとも意識されるのは「呼吸」です。

ヨガの基本は腹式呼吸なのでお腹が膨らんだり凹んだりするのを意識します。

この腹式呼吸を意識することでリラックスした状態を保ち
副交感神経を優位とさせることで
体調不良の原因とされる自律神経の乱れが改善されるのです。

自律神経の乱れはストレスも大きな要因とされており
仕事で緊張状態が続くと体がこわばり交感神経ばかりが働いてしまいバランスが悪くなるのです。

ヨガで腹式呼吸を中心とした深い呼吸をすることで
血行がよくなり基礎代謝の向上、冷え症の改善といった効果も期待できます。

ヨガで痩せるって本当?

ダイエットにも効果があると言われるヨガ。

本当にヨガにはダイエット効果があるのでしょうか。

脂肪を燃焼させる方法としては筋肉量を増やすことです。

筋肉量を増やすことで基礎代謝を向上させ
普通に生活していても自然と脂肪が燃焼される体になっていきます。

女性が筋トレを好まない理由として
ムキムキの体型になりたいというより
女性的な丸みのある体型を維持しながら痩せたいというのがあると思います

マシンを使ったトレーニングは主に外側の筋肉を鍛えるトレーニング。

ヨガのようなゆっくりとした動きで内側の筋肉を鍛えるトレーニングは
筋肉を大きくするトレーニングではないので
女性的な綺麗なスタイルを維持しながら鍛えるのに最適です。

内側の筋肉を鍛えるのって意外と難しいんです。

何かを持ち上げるにしても外側の大きな筋肉で持ち上げたほうが楽なので
意識をしていないと内側の筋肉って鍛えられない。

だからヨガのようなゆっくりとした動きで筋肉を意識しながらするトレーニングが重要になってきます。

体重が落ちることもそうですがスタイルを美しくする意味でもヨガはオススメです。

ヨガで骨盤矯正

自律神経や基礎代謝の向上以外にも体のゆがみを整える効果がヨガにはあります。

デスクワークが多い現代において1つの姿勢で長時間動かないことは
肩凝り、冷え症、腰痛などの症状に悩まされている方も多いはず。

ヨガはゆっくりとした動きがで体を伸ばしていくので
全身のストレッチ効果もあります。

いくら硬くなった体をほぐしても根本となる歪みが治っていないと解決にはなりません。

ヨガで体の歪みを整えることで慢性的な体の痛みからも解放されましょう。

まとめ

夏バテで体が疲れていると感じたときは
休養を取るのはもちろんのこと
ヨガを通じて体の内側から改善していく方法もあると覚えておいて損はないと思います。

もちろん規則正しい生活をして、しっかり食べるというのが基本です。

でも忙しい毎日を送っている人にはなかなか難しい。

そんなときに家でもできるヨガを1日10分でもやってみる。

それだけで体調は大きく改善すると思いますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。