Wカップ日本代表の大迫勇也「大迫半端ないって」ってなに?SNSで話題沸騰

Wカップでコロンビアから2点目の決勝ゴールを決めた大迫勇也選手。

得点を決めたこと以外には会場で掲げられていた

「大迫半端ないって」

というフラッグがTVに映し出されたことから
SNS上では「大迫半端ないって」というワードが急上昇しています。




大迫勇也選手のプロフィール


生年月日:1990年5月18日(28歳)

出身地:鹿児島県加世田市(現南さつま市)

身長:183cm

体重:73kg

所属:ドイツ ヴェルダー・ブレーメン所属

日本時代は鹿島アントラーズに所属し2013年にはJリーグのベストイレブンにも選ばれています。

大迫半端ないって

大迫選手のキャッチフレーズのようになっている「大迫半端ないって」という言葉が生まれたのは
第87回全国高等学校サッカー選手権大会でのことです。

準々決勝の大迫選手が所属する鹿児島城西高校と滝川第二高校との一戦。

4試合連続2得点を成し遂げるなど大活躍を見せた大迫選手の活躍もあり
6-2で鹿児島城西高校が勝利することになります。

試合後の滝川第二キャプテンの中西隆裕選手が

「大迫半端ないって 後ろ向きのボールめっちゃトラップするもん。そんなんできひんやん普通」

とカメラの前で言ったことで「大迫半端ないって」という言葉が浸透するようになりました。

相手選手の大迫選手を称えながらも
敗戦してしまったチームの雰囲気を明るくするために
あえてとった行動にチームメイトも癒され
徐々にロッカールームは明るい雰囲気になっていきます。

その後、大迫選手本人に「大迫半端ないって」というフレーズについて聞くと

悪い気はしないですが、いい気もしないです(笑)

と複雑な心境を語りながらも、多くの人が覚えてくれるきっかけにしてほしいと前向きに受け止めている様子です。

「大迫半端ないって」

というフレーズは、高校時代から次元の違う活躍を見せる大迫選手の超高校級のプレーが生んだ言葉だったのです。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。