信用できる人の特徴は3つある!信用できる人を見分けるときにも使える心理術

日頃、心理に関するものやアイドルに関する記事を書いていますが
そのときにいつも思っているのは
自分の思いがしっかり相手に届いているのかな
ということです。

記事を書いているときは名前こそ出さないものの
特定の誰かをイメージして書いています。

その人に自分の心に自分の記事が届いているのか。
やっぱり書き手としては一番気になるところです。

相手に届く記事にするためには、信用してもらえているかどうかです。

同じことを言われるにしても見ず知らずの人に言われるのと信用できる人に言われるのでは大きく変わってきます。

今回は信用できる人になるための3つの条件を書いていきます。

1.正直であること

めっちゃ基本的なことなんですけど
嘘をつかない、思ったことを正直に書くってことは
とにかく重要です。

これ当たり前に感じる方も多いと思うんですが
特定の誰を意識して書くということは
自分が書いた記事をその相手が読むことを前提にしているわけです。

そうするとどうしても記事の内容が媚びてしまう。

嘘とまではいかなくても甘い記事ばかりになってしまうと
あの人はなんでも褒めてばかりの人だから
と思われてしまっては信用されないですよ。

基本は相手のいいところを記事にしていますが
事実と異なることを記事にはしないように心がけています。

2.けして攻撃しない

自分に対して攻撃的な人と
味方になってくれる人と比べたときに
どっちに心を開こうと思いますか。

当然、自分の味方をしてくれる人でしょう。

でも、親だったり好きな人だったり
距離が近い人であるほど
黙っていらないことも多いはず。

ここで言っているのは
絶対に叱ってはいけない
ということではないんです。

大事なのは
言い方!

攻撃したいのではなく、
愛が伝わるように言う。

そこを意識するだけで相手の受け取り方は大きく変わってきます。

3.好きです

私はあなたのこと好きなんです。

この気持ちをしっかり伝えているか
ってめっちゃ大事。

たまにめんどくさいこと言っても
結局はあなたのことが好きなんです
っていう好意がしっかり伝わっているのといないのでは
まったく受け取り方が違ってきます。

大好きな彼氏に言われる言葉と
新橋の飲み屋のおっちゃんに言われるのでは
受け取り方が全然違うでしょ(当然かw)

まとめ

信用される人の条件て振り返ってみると
すごく当たり前のことを当たり前にやっている人だったりします。

とはいえ、関係性が深い間柄であるほど黙っていられないのが心情というもの。

そんな冷静でいられなくなったときにこそ読んでほしいんです。

この3つの条件さえ満たしているのなら
きっと思いは届くはず。

ていうか、満たしてるのに伝わらないってときは
しょうがないな
と割り切るしかないですね。

受け取り方はこっちでコントロールできないので
結果を気にしすぎるとろくなことがありません。
相性もあるので合う合わないはどうしてもあるんです。

最後は割り切りも重要ですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。