松井珠理奈がMステで復帰!「太った?」「珠理奈おかえり」などTwitterでは様々な声が!

SKE48の松井珠理奈さんが9月7日放送のミュージックステーションで長期休養後、初のテレビ出演を果たしました。

昨日のSKE48劇場での挨拶、そして今日のTV出演とながらく待っていたAKB48世界選抜総選挙1位の松井珠理奈さんをセンターに据えて「センチメンタルトレイン」を見ることができました。

そんな松井珠理奈さん復帰に関してのSNS上の声も含めてまとめていきます。

SKE48松井珠理奈プロフィール

ニックネーム:じゅりな

生年月日:1997年3月8日

血液型:B型

出身地:愛知県

身長:163cm

キャッチフレーズ:1、2、3、4、ご一緒に、6、7、8、9、じゅりな~!

AKB48世界選抜総選挙2018で見事1位を獲得したのがSKE48の松井珠理奈さんです。

3連覇を果たしたHKT48の指原莉乃さんが辞退をした今年の総選挙は地元ナゴヤドームでの開催であることもあり、絶対に負けられない戦いでした。

公式ガイドブックもセンターにSKE48の松井珠理奈さんを据えているので期待値はもっとも高いことが分かります。

AKB48総選挙公式ガイドブック2018 (講談社 MOOK) [ AKB48グループ ]

価格:1,399円
(2018/9/7 20:19時点)
感想(3件)

その脇を固めるのはHKT48の宮脇咲良さんとNGT48荻野由佳さんです。

地元名古屋で負けるわけにはいかないと意気込む松井珠理奈さんに宮脇咲良さんと荻野由佳さんがどこまで対抗することができるのかに注目されました。しかし、開票をしてみると松井珠理奈さんの圧勝でしたね。

それだけでに2位に同じくSKE48の須田亜香里さんがランクインするあたりはさすが名古屋の人は本気で応援しようとすると気合いの入れ方が違うなと思わせる結果となりました。

悲願の総選挙1位獲得。いよいよ松井珠理奈さんの時代が来た!と思った矢先に休養宣言に厳しい声があったのも事実です。

松井珠理奈復帰への反応は「太った?」「珠理奈おかえり」

約3か月ぶりに松井珠理奈さんが公の舞台に現れました。総選挙1位を獲得して以降では初の登場です。

久しぶりの松井珠理奈さんの登場に劇場内だけでなくTwitterでも「#珠理奈おかえり」というツイートを多く見かけることになります。総選挙後の長期休養やHKT48宮脇咲良さんへの発言などもあり、やたらと叩かれていたことが多いんです。人気者の宿命といえばそれまでですが、体調不良で休んでいる人に対してTwitterのリプで誹謗中傷する人の気が知れません。

攻撃的な反応は全体の中ではわずかな割合であったとしても印象に残ってしまうものです。

それでも復帰した彼女を待っていたファンは多くて、総選挙1位を獲ったのだからそれだけ支持されていたんだということを自信にしてほしいと思っています。

めざましTVでも映像が流れていましたが「少しふっくらした様子」と軽部さんが言ってました。もともと細すぎるぐらいなので少し太ったと思われるぐらいのほうが健康的ですね。

松井珠理奈センターの『センチメンタルトレイン』

ミュージックステーションでの復帰の映像を見ることができました。

タモリさんに「珠理奈どう?」と聞かれて「今までで一番緊張しています。タモリさん助けてください。」と甘える姿を見て、少しホッとしました。

というのも、松井珠理奈さんの本来の姿って篠田麻里子さんと一緒にいたときに見せたような人懐っこい甘えん坊なんです。人を頼って、肩の力を抜いて、自分らしくいたほうが松井珠理奈さんらしいのに、気持ちが人一番強くて負けず嫌いな性格なだけに自分のキャパ以上にがんばってしまう。

でもそれは無理をしているだけだから定期的に限界が来てしまう。だからお休みしなければいけなくなってしまうんです。負けず嫌いで気持ちの強さこそが松井珠理奈さんの長所でもあるので紙一重のところではあるんですが、緊張していますと言えたってことは無理やり強い自分を演じる必要はないって思えているってことなので大丈夫そうだなと思えたわけです。

実際に曲が始まると結構緊張しているのが伝わってきました。

やっぱりいつも見ている松井珠理奈さんと比べると表情が硬いし、緊張感しているの分かります。曲の中盤ぐらいから少しずつ楽しめているのが分かって、いつもの感じを取り戻していった感じです。

休み明け一発目がミュージックステーションという生放送番組というのも大変ですね。

ダンスのキレとか、存在感とか、欲をいえばまだまだ物足りない部分はいっぱいあります。それでもまずは復帰できたということが大切です。これから仕事の量もセーブしながらがんばっていってほしいと思います。

総選挙で1位を獲得することは批判される覚悟をすることだ

総選挙1位を獲得した松井珠理奈さんは鼻くそがついていたとか話題になりましたが、アンチっていうのは粗探しに必死なんだなと違った意味で関心してしまいました。あれぐらい誰だってあるだろって話です。

そして直後の長期休養でアンチの批判はよりいっそう激化することになります。選挙後の会見で宮脇咲良さんに対して「もっとしっかりやってくれないと終わっちゃうよ。」と伝えたことを明かしたことで火がついてしまったというのもあると思います。

松井珠理奈さん本人としては激を飛ばしたつもりでもパワハラが叫ばれる昨今において批判的に見ることなんていくらでもできます。超体育会系といわれたSKE48初期の頃を経験している松井珠理奈さんからすると宮脇咲良さんの姿に物足りなさを感じるところもあったんでしょう。たしかにあのタイミングでの発言としては不用意だなと思う面もありますが、総選挙1位を獲得したのにやたらと叩かれているなという印象はありました。

松井珠理奈さんのTwitterのコメント欄を見ると一定の割合で誹謗中傷コメントが表れます。

そうやって誹謗中傷をする人というのはアイドルに対しては何を言っても許されると思っているのでしょうか。少なくとも体調不良でお休みにしている人に対して罵倒するなど考えられません。思うところがあったとしても言い方があるはずです。

つまり、そういった相手を思いやる配慮がない人だから誹謗中傷をコメント欄に入れてしまうわけで、そんな人の発言に一喜一憂しているほうがバカバカしいと思った方がよさそうです。

今回の松井珠理奈さん復帰後のツイートを見ていると多くの喜びのツイートを目にすることができました。みんな復帰を待っていたんです。1位になるっていうことは批判される覚悟をすることです。

それだけ影響力のある人間になったんだと捉えて少しずつ本格復帰に向けて慣らしていってほしいですね。

【あわせて読みたい】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。