埼玉県蕨市の宿場祭り2018の見どころは?日程・由来・ミス織姫についても紹介

祭り

埼玉県蕨市で毎年開催されるお祭りといえば夏は機祭り、秋は宿場祭りです。

旧中山道を通行止めにして行われるこのイベントは蕨市民にはおなじみのお祭りで、出店を中心とした機祭りとは違った魅力を見せてくれます。

気になる日程や見どころなど蕨の宿場祭りを紹介していきます。

蕨宿場祭りの由来は?

埼玉県蕨市って読めますか?「わらび」です。

地元の人間じゃないとなかなか読めない字ですね。

蕨という街は江戸時代に江戸日本橋から2番目の宿場町として栄え参勤交代の際の旅人などが利用してきました。宿場町というのはその名の通り宿であったり、馬の乗り継ぎなどに使われて発展してきた街ということです。

今では道路も整備されて当時の面影は薄れましたが、蕨市立歴史民俗資料館という資料館に行くと当時の様子を知ることができます。

そういった宿場町蕨の歴史を今に伝えるお祭りとして昭和59年から開催されているので今年で35回目になります。

蕨宿場祭りの日程

日程は毎年11月3日(祝)で2018年も11月3日に行われることがすでに決まっています。

開催期間:2018年11月3日(金・祝)

開催地 旧中山道(北町~中央5丁目)

昨年の来場者数:15万人

住所:埼玉県蕨市北町~中央5丁目

TEL 048-434-5601(蕨市観光協会)

料金:無料

アクセス(公共交通):JR蕨駅→徒歩12分

駐車場:なし

※最新の情報については
http://shukubamatsuri.com/
を確認してください。

蕨宿場祭りの見どころを紹介

それでは宿場祭りの見どころを紹介していきます。

ミス織姫

宿場祭りのメインイベントといえばなんといってもミス織姫のパレードです。

宿場祭りは江戸時代に宿場町として栄えた名残がある祭りですからこういった大名行列のようなパレードも見どころなんです。蕨が成人式発祥の地ということもあり平成31年に成人式を迎える蕨市在住及び蕨在勤の未婚の女性と対象にミス織姫を決めるんです。

☆☆☆☆☆ ミス織姫・ミス宿場小町応募方法 ☆☆☆☆☆

【応募資格】平成31年に成人式を迎える蕨市在住及び蕨に在勤の未婚の女性

【応募〆切】平成30年9月21日迄(〆切日迄の郵送到着有効)

【応募方法】応募用紙に所定事項をご記入の上、必ず写真(正面)を1枚添えて蕨市観光協会まで      ご郵送ください。(尚、写真はお返しできなねます)

【選考方法】面接選考会/日時:9月29日(土) 午後7時~9時
場所:蕨市文化ホールくるる(TEL.048-446-8311)

【  賞  】
ミス織姫 1名・・・・・・・・・・・・賞金10万円
ミス宿場小町 2名・・・・・・・・・・賞金2万円

【お問合せ】●蕨観光協会 TEL.048-434-5601(土・日曜休み)
〒335-0004 蕨市中央1-8-3
●宿場まつりパレード担当(須田 清久) 携帯.090-1544-6253

【織姫・小町かつら合わせ】10月6日(土)午後(*この日は必ずお集まりいただきます)
織姫と小町に選ばれた方のかつら合わせをおこないます。
出典:宿場祭り公式HP http://shukubamatsuri.com/?p=1181

蕨という小さな街に住んでいると近所の人がミス織姫に選ばれることもあって、どこからともなく〇〇さんところの娘さんが今年はミス織姫らしいという噂は聞こえてくるんです。

賞金10万円というのも魅力ですが、どちらかというと親が喜んでいる印象があります。

サンバパレード

織姫の道中パレードで古き良き日本の文化を味わった後はサンバパレードが始まります。振れ幅がすごいですね(笑)

毎年参加しているこのサンバチームは隣町戸田を本拠地に持つアレグリアという国内最大級の規模とパフォーマンスを見せてくれます。

宿場祭りのすごいところは江戸時代を思わせるパレードからリオのカーニバルを思わせるサンバパレードがわずかな時間で両方楽しめる点ですね。

蕨一中音楽部

蕨市立第一中学校は我が母校でもある中学校です。

毎年蕨市立第一中学校の音楽部がメインステージで合唱を聞かせてくれます。

一中の音楽部といえば全国的にも有名でNHKのコンクールに出場してテレビで見ることもあるぐらいです。

中学生のレベルとは思えないような素敵な歌声を聞くことができるので注目してみてください。

まとめ

蕨の宿場祭りを紹介してみました。

機祭りとは違った賑やかさと市民参加型イベントの多さが魅力の宿場祭りは11月3日に開催されます。

気候もちょうどいい季節なのでぜひ参加しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。