好きなことにお金を使ってみるとどうなるのか?

お金

経済的な問題って人生の中でも
かなり大きなウエイトを占めた問題ですね。

学校だったり、食費だったり、娯楽だったり
もうちょっとお金があれば人生変わったのに
なんて思うことだって一度や二度ではありません。

僕が今まで育ってきた環境は
極貧ていうほど貧しくはなかったですが
裕福といえるほど余裕がある家ではなく
一生懸命働いてなんとかやっている。

そんな家庭で育ってきました。

そのせいでしょうか。

なにか、お金というのはムダ使いしてはいけないもの。
使ったらなくなってしまうものといった感覚が強く植え付けられたいる気がします。

好きなことをしているとお金は増えるのか

僕の師匠でもある心屋仁之助もお金に関する本を出しています。

そこでは具体的にお金を増やす方法などではなく
どうあるべきか、どういう状態でいるべきか
といった心理的なあるべき状態について触れられています。

好きなことをしているとお金が増えるとか
論理的に説明するのが難しいことですが
心屋仁之助の説ではそれが答えのようです。

好きなことをしているとお金が増えるのであれば
そもそも自分の好きなこととはいったいなんなのか。
自分自身に問いかけてみます

高級な料理を食べる。

豪遊をする。

海外旅行に行く。

いろいろ考えてみたわけですが
どうもおもしろくない。

ここでいうお金を使うっていうのは
高いものを買うっていうことが主題ではなく
心がときめくものお金を使う。

楽しいと思えるものにお金を使うという意味です。

この定義で行くと僕はやっぱりアイドルを観に行くのが好きだなという結論に至りました。

連日のようにアイドルの現場に行ったり
何か所も強引に回しているときなどは
もう娯楽なのか修行なのか分からないぐらいです(笑)

無理して行きすぎて体調を悪くした時期もありましたが
お金のことをまったく考えず
好きなことに全力で使えた時間は
本当に楽しい時間でした。

それでも一応、家計簿をつけているので
破産するようなお金を使い方はしてないので
そこはご安心いただきたいのですが
不思議な感覚として好きなことに使っているときって
案外お金って減らないもんだなということです。

もちろんそのときは実家暮らしだったことや
仕事もして収入もあったからという
現実的な部分は理解したうえで
やっぱり想像よりも減らない感覚というのを味わうことができました。

このお金は思っていたよりもある
っていう感覚って結構大事!

この感覚が分かっただけでも大きな収穫だと思います。

お金がある! と気づくこと

僕は20代前半にお金に苦労した時期があって
お金が減っていくことへの恐怖心が人一倍あるタイプです。

だからお金が減っていくことが怖くて使うことできなかった。

そのおかげで貯金が貯まっていったという部分もあるのですが
将来の不安ばかり恐れていて今に使うことができないというのは
なんのためのお金なのか分からなくなってしまいます。

それが今では

お金がある

という感覚の中で生きているから
好きなことに使い
好きなものを食べることに使える。

そうすることで今が楽しくなります。

そしてさらに気づくのは

以前ほどアイドルの現場に行かなくてもよくなったこと。

もちろん今でも行っていますが
以前は現実逃避のために通っていたところもあったんですよ。

そう考えると、アイドル現場に行かなくても楽しく過ごせているのはいいことですね。

お金があると気づくことができた。

このお金があるという感覚を味わいながら
今後自分のお金に対する感覚がどのように変化していくのか。

自分自身を実験台としながら
変化があったときにまた書いていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。