【アジア大会2018】柔道井上康生監督の奥さん東原亜希のブログが話題!年齢や母の写真を掲げたエピソードも紹介

柔道

アジア大会2018の柔道日本代表監督は井上康生監督が務めています。2012年ロンドンオリンピックのときに代表監督だった篠原信一監督が惨敗を喫したことの責任をとって退任した後任監督として現在も指揮をとっています。

もしかすると女性の中にはタレントの東原亜希さんの夫というイメージのほうが強いかもしれません。そんな奥さんである東原亜希さん関することや同期の有名人、シドニーオリンピックで母の写真を掲げたエピソードまでお伝えしていきます。

井上康生監督のプロフィール

 

View this post on Instagram

 

本日、全日本柔道男子 井上康生監督の講演会に大学時代の後輩と共に参加させて頂きました! 尊敬する柔道家の話は一つ一つの言葉が心に響き、一流の柔道家はやはり人間力も一流なのだと、こういう指導者になりたいと痛感した時間となりました。 1人の柔道家として、僅かばかりでも日本の柔道界に貢献出来ればと改めて思います。 帰りに後輩と浦和で一杯、結局柔道の話で盛り上がりました。 http://s.ekiten.jp/shop_7015743/ http://www.egaodou.net/kamigusa/sp/ #笑顔道 #柔道 #柔道部 #東北大学 #全日本柔道 #井上康生監督 #浦和 #上井草 #上井草スポーツセンター #スポーツセンター #骨盤矯正 #骨格矯正 #交通事故治療

Kosei Takahashiさん(@t.kosei.917)がシェアした投稿 –

名前:井上康生(いのうえ こうせい)

生年月日:1978年5月15日(40歳)

身長:183cm

出身:宮崎県

妻:東原亜希

現役時代の所属:綜合警備保障(ALSOK)

出身高校:東海大相模高校

出身大学:東海大学

井上康生監督といえば現役時代は伝家の宝刀内股でシドニーオリンピック100キロ級で金メダルを獲ったことは柔道ファンだけでなく日本人の記憶にもまだまだ刻まれていることでしょう。シドニーオリンピックのときは圧倒的な強さでした。

2004年のアテネではシドニーのときほどの輝きを見せることはできなかったのは意外だったのも覚えています。金メダル確実だと思っていましたからね。それを思うと谷亮子や野村忠宏の3連覇って本当にすごい記録です。

2005年以降は大胸筋腱断裂という大けがを負ってしまいケガとの戦いになりました。

現役時代を知っているだけに現在も監督として姿を見られることを嬉しく思います。

奥さん東原亜希のブログはデスノートと話題


井上康生監督の奥さんはタレントの東原亜希さんです。結婚した当初は美女と野獣なんて言われていましたが井上康生監督は金メダリストで柔道界では偉大な人物だったのでむしろ金メダリストと結婚できることがすごいことだろと思っていました(笑)

そんな東原亜希さんのブログは実は別名デスノートと呼ばれていることを知っていますでしょうか。

デスノートとはマンガのタイトルにもなったノートに名前を書かれると亡くなってしまうというあれです。東原亜希さんはいわゆる下げまんで、とにかく関わった人に軒並み不幸なことが起こってしまうんです。

象徴的なのは競馬の番組に出演してときに毎回レースの予想をするんですがとにかく本命にした馬が来ない。38連敗というギネス級の記録もあるので相当なものです。まだレースに負けるぐらいならいいにしても馬が故障するケースもあり、疫病神のような扱いを受けていました。

それを思うと東原亜希さんを奥さんに持ちながらリオオリンピックで金メダリストを量産した井上康生監督の手腕がどれだけすごかったか分かるでしょう。

母の遺影を掲げたシドニーオリンピック

シドニーオリンピックで金メダルを獲得したときの表彰台で母親の遺影を掲げたのを記憶している人も多いのではないでしょうか。

母かず子さんは井上康生監督が21歳(東海大3年)の99年6月にくも膜下出血で亡くなりました。シドニーオリンピックが2000年夏ですから母かず子さんは金メダルを獲得する姿を見ることなく他界してしまったことになります。

でも当時の井上康生監督は母かず子さんのために絶対にシドニーオリンピックで金メダルを獲得するんだという強い思いがあったことも事実で、黒帯のには母の名前が刺繍されていたほどです。
当時の井上康生監督の強さは圧倒的だったことはたしかですが、アテネオリンピックで惨敗してしまった姿を見るとなおさらシドニーオリンピックは母親の見えざる力があっての金メダルだったのではないかと思えてしまいます。それほど単純に実力だけで語ることができない実力があった金メダルでした。

井上康生監督の年齢は40歳!同期の有名人を紹介

1978年5月生まれの井上康生監督と同期の有名人を紹介します。

浜崎あゆみ

浜崎あゆみさんを知らない人はいないでしょう。この世代の最強メンバーです。

DAIGO

北川景子さんの夫でもあるDAIGOさん。個性では世代トップクラスです。

スキマスイッチ

スキマスイッチの大橋卓弥さんと常田真太郎さん。浜崎あゆみさんといいミュージシャンも豊富ですね。

DA PUMP・ISSA

最近ではUSAで再ブレイクしているDA PUMPのISSAさん。やはりこの世代は濃いです。

まとめ

現役時代も金メダリストに輝き監督としてもリオオリンピックで金メダリストを量産するなどその手腕も評価されている井上康生監督。

東京オリンピック2020に向けてもアジア大会ではしっかりと結果を残したいと思っているはずです。世界を制するためにはまずはアジアからです。8月29日から始まったアジア大会2018の日本柔道の活躍にも注目しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。