【世界体操2018】谷川航のwikiや体操の経歴を紹介!うたばんに出演した動画も公開

体操

2018年10月29日に開幕する世界体操2018には内村航平、白井健三といった選手に混ざって谷川航選手が出場します。弟の谷川翔選手と比較されやすい選手ですが日本代表に選ばれるほどの実力者です。

そんな谷川航選手のwikiプロフィールや体操の経歴。過去にうたばんに出演した動画も公開します。

谷川航wikiプロフィール

名前:谷川航(たにがわ わたる)

生年月日:1996年07月23日

身長:160cm

体重:53kg

利き手:右

得意競技:ゆか、跳馬、平行棒

得意技:ブラニク

休日の過ごし方/マイブーム:寝ること

これまでに行った一番好きな国:日本 ごはんがおいしい

体操ファンにアピールするとしたら?:ブラニク(半分ひねる可能性あり)

弟はアジア大会2018にも出場した谷川翔選手です。兄弟で日本代表を争えるレベルであることもすごいですね。現在は体操の名門順天堂大学体操競技部に所属しています。

着地にはこだわりを持っていて谷川航選手がもっとも力をいれているところです。

今までは着地といえば内村航平選手でしたが、内村航平選手も谷川航選手が全種目で着地を決めたときには「もう着地の代名詞は僕じゃない」と言わしめたほとです。

端正なルックスもあって「着地王子」とも言われています。

160㎝と小柄ながらも体格の小ささを感じさせないパワフルな演技が持ち味です。

谷川航 体操の経歴

幼いころはショーン・コスギのアクション塾に通い体操の基礎を築きます。子どもの頃から弟の谷川翔選手と並んで天才兄弟と言われていた二人なので実績は十分です。

千葉県のサッカーの強豪校でも知られる市立船橋高校の3年生のときは日本一にも輝いています。常に2歳の年の離れた翔選手とは比較される存在でしたが、どちらも切磋琢磨しながらいいライバルといった感じです。

【主な大会成績】
第57回NHK杯体操 (2018年) 個人総合5位

第71回全日本体操種目別選手権 (2017年) ゆか2位 / 跳馬2位

第56回NHK杯体操 (2017年) 個人総合5位

第71回全日本体操個人総合選手権 (2017年) 個人総合4位

第70回全日本体操種目別選手権 (2016年) 跳馬優勝

第69回全日本体操種目別選手権 (2015年) ゆか2位 / 平行棒4位

第68回全日本体操種目別選手権 (2014年) ゆか3位

6月に行われた全日本種目別選手権は世界体操2018の最終選考会でした。

内村航平、白井健三といった選手が代表の座を獲得する中で、最後の大会で争うことになったのは谷川航選手と谷川翔選手の兄弟対決。

世界体操日本代表の座がかかっていることに加えて兄弟対決という独特の緊張感の中で着地を完璧に決めたのが谷川航選手。反面、ミスが目立ったのは弟の谷川翔選手。

明暗が分かれた二人の分かれ谷川航が世界選手権日本代表の座を獲得。谷川翔選手は惜しくも落選となりました。

過去にはうたばんに出演していたことも!

過去にはうたばんで嵐と共演していたこともあります。

演技をする前に声を出すのはショーン・コスギアクション塾らしさが出てますね。

ランドセルを背負いながらバク転するって相当やりにくいと思いますが、それでも簡単にやってしまうのだから天才谷川兄弟の名前はこの頃から有名だったわけです。

今になっては貴重なお宝映像となっています。

まとめ

普段は兄弟であることやイケメンであることが注目されやすい谷川航選手。でもそういった話題性だけじゃなく実績も十分の選手なんです。

世界体操2018でもメダルを狙って東京オリンピック2020でも姿を見たいと思います。

跳馬のブラニク(前方屈伸2回宙返り)という技は日本人では谷川航選手しかできない技で着地が難しいにも関わらず、全日本種目別選手権では完璧な着地を見せてくれました。

世界体操2018でも世界と渡り合う谷川航選手に注目です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。