東池袋52の意味やCDの購入方法を紹介!イベントでの物販はどうなっている?

サンシャイン

東池袋52というアイドルグループをご存知でしょうか。

過去にも記事にしたことがあるアイドルグループなんですが、通常のアイドルグループとは違うのでCDの購入方法やイベントでの物販がどのようになっているのか気になっていました。

そこで今回はCDの購入方法から物販がどのようになっているのかなどをご紹介します。

東池袋52の意味

東池袋52とは、株式会社クレディセゾンとその関係会社によって構成されたアイドルグループです。本社が東池袋にあるサンシャイン60の52階にあることから東池袋52(ひがしいけぶくろふぃふてぃつー)と名付けられました。

【あわせて読みたい】

普段はセゾングループで働くOLさんとして普通に働いているので、仕事が終わってから練習をする日々。北海道から九州まで全国にメンバーがいるため全体練習がなかなかできないので基本は個人練習が主だといいます。

アイドルイベント@JAMでは横浜アリーナの舞台に立つなど全国各地のイベントに登場しているパフォーマンスを披露してくれました。会社の広報活動の一環としてアイドル活動があるため一般のアイドルとは違った活動方針ですが、制作陣は一流の人を揃えておりクオリティもバカにできないものがあります。

欅坂46の『二人セゾン』のアンサーソング『わたしセゾン』を勝って作ってしまうあたりがおもしろいですね。

東池袋52 CDの購入方法

東池袋52はデビュー曲『わたしセゾン』に始まり『なつセゾン』『あきセゾン』『雪セゾン』そして新曲『愛セゾン』とデビューから1年程度しか経っていませんが、すでに5曲を持っています。仕事の合間に練習するとなるとダンスも覚えるのは大変だったと思います。

そんな彼女たちのCDを購入する方法はクレディセゾンの永久不滅ポイントで購入することができます。つまり、CDショップには流通していないっていうことです。CDやグッズを購入するためには永久不滅ポイントを貯める必要があります。

この永久不滅ポイントですが、その名の通り永久不滅なので有効期限を気にする必要がないためポイントが期限切れで失効してしまうことがないというのはいいですね。生活費の支払いや家族が貯めたポイントも合算することが可能です。

ポイントは1,000円の買い物ごとに1Pつきます。この1Pは5円相当分として利用可能なので還元率にすると0.5%ということになります。還元率1%が基準となるクレジットカード業界においては特別に高い還元率を誇っているわけではありませんが、有効期限がないのでゆっくりと貯めることができます。

東池袋52のシングルCDが100P、4曲が収録されたALL Seasons Best「人生楽しい人の勝ち」は200Pで購入が可能です。その他、ペンライトが500P、ポスター缶バッジが400Pとなっています。

永久不滅ポイントを効率的に貯める方法

CDを永久不滅ポイントで購入できることは分かりました。しかし、もう少し効率よくポイントを貯めることはできないのでしょうか。

期間限定キャンペーンを利用する

永久不滅ポイントの期間限定キャンペーンはよく行われています。うまくキャンペーンを利用するのはポイントを効率的に貯めるためには不可欠です。

東池袋52が参加した2017年の@JAMではカードに入会するとメンバーのサイン入りCDが抽選で当たるものや、2018年の@JAMでは先着15名にアルバムとオリジナルクオカードをプレゼントしていました。

そもそも今回のこの話って東池袋52のグッズを購入するために効率よくポイントを貯めようって話なので、イベントに行っていてカードを作ってもいいというなら作ったほうがいいですね。正直、カードの入会ってめんどうじゃないですか。手続きに時間もかかるし、カードはあまり作りたくないと思うかもしれません。でも、めんどうだからこそ手続きをする人がいなくてグッズに価値があるんですよ。プレミアにどれだけ価値を感じるかはヲタク的な発想ですね(笑)

セゾンカードの有効活用

セゾンカードといってもウォルマートセゾンカード、PARCOカード、JMBローソンPontaカードVisaなどいろいろな種類があります。

例えば、ウォルマートセゾンカードを利用すれば西友・LIVIN・サニーでの買い物が毎日3%OFFになります。もちろん買い物をすればポイントも付くのでポイントと合算すれば3.5%もお得ということになります。

普段の買い物を西友で行っている人は東池袋52抜きに考えても必ず作っておくべきカードではないでしょうか。

その他にもPARCOカードはPARCOでの買い物が5%オフ、ローソンカードはPontaポイントが同時に貯まるカードです。

どのカードが一番お得になるのかはそれぞれの生活スタイルによって変わってくると思います。場合によっては年会費があるカードのほうが優待もあってお得と感じるかもしれません。いろんなカードを調べてみるのもおもしろいですよ。

イベントでの物販

アイドルといえば物販(特典会)も楽しみの一つです。東池袋52のメンバーと接触することはできるのでしょうか。

答えはNOです。

イベントによってはカードの入会受付をメンバーがやってくれるケースもありますが、メンバーを指名して行うことはできません。それに毎回カードを作ることはできないので基本はないと思っておきましょう。

ここらへんの考え方は運営方針にもよるんでしょうね。CDを永久不滅ポイントでしか購入できないように設定しているように東池袋52の使命はセゾンカードの入会者を増やすことと、セゾンカードで買い物をしてくれる人を増やすことです。握手会やチェキでの売り上げアップは求めていないわけです。

たしかに最近のアイドルのトレンドが接触型アイドルが中心なので、アイドルとの距離感が近いことは当然のように感じてしまうわけですが、当然そこにはどんな人が来るか分からないリスク、暴言を吐かれるリスク、危害を加えられるリスクが存在します。

専業アイドルであればそれも仕事の一環として割り切りも必要としても兼業アイドルにどこまでアイドルらしさを求めるのかは難しいところです。

というように、東池袋52には接触機会がないことに理解を示した上で、自分なりの考え方を述べると永久不滅ポイント縛りにしてしまうのはもったいないなと思うんです。

もちろん運営としてはセゾンカードで買い物をしてほしいから東池袋52を作ったんだという気持ちは分かりますよ。でも永久不滅ポイントでしか買えないのはやはりハードルが高いです。セゾンカードの会員限定イベントとかを作ってカードを持っている人をファンクラブ会員と同じ扱いにして、CDやグッズはイベント会場で買えるようにしてもいいんじゃないでしょうか。

チェキや握手会に関しては、どこまで彼女たちにアイドルを求めるのかによっても変わってくるので難しいところですが、意外とやってみたら楽しいかもしれないし、たまにはやってみてもいいと思うんですよ。

会話をして親近感が湧いてくると自然とファンになって、セゾンカードに入会したいと思うのがファン心理というものです。現場でも買えるグッズがある。さらに入会すると会員限定グッズも買えるとかでも十分入会してくれる可能性はあります。

まとめ

今回は物販についてまとめてみました。

特殊な形態をとっている東池袋52だけにイベントの特典会がどのようになっているのかは気になるところでした。

まだまだ東池袋52については分かっていないところもあるので分かり次第まとめていきたいと思います。

【東池袋52の関連記事はこちら】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。