7/15 からふるBOXオープン記念に萌えこれ学園登場

萌えこれ学園

Q-pitchのグリナード永山でのイベントの後は埼玉県西川口でからふるBOXというライブハウスで行われるイベントです。昨年まで蕨に住んでいて最寄り駅は西川口だったので長年西川口を見てきましたがアイドルが使うライブハウスなんてあっただろうか??と思ったら、まだオープンはこれからということです。

このイベントには萌えこれ学園が出演していたので過去の記憶と比較しながら振り返っていきたいと思います。

からふるBOX

まず萌えこれ学園の話に入る前にグランドオープンからふるBOXについてのレポートです。

アクセス

西川口駅西口のロータリー正面の道を進むと左手に松屋が見えてきて、もうちょっと進むと左手側に入口が見えてきます。

特に看板とかはなかったので場所をすでに知っている人ではないと最初は戸惑うかもしれません。

エレベーター

エレベーターは定員は大人3人程度といったところ。空いている時間帯であればまったく問題はないのですが、推しているグループが出演する直前入ろうとするとエレベーター待ちにイライラするかもしれません。余裕を持って入るほうがいいですね。

サイズ

秋葉原のTwinBoXぐらいでしょうか。それほど大きくはないことはたしかです。
問題はサイズよりもステージの高さですね。

観客エリアとステージとの高さがそんなにないので後ろのほうからだとアイドルの顔が見えないケースがあります。本当は30㎝ぐらい上げてほしいところですが内装を変えるのはいきなりはできないと思うので、推してるグループになったら積極的に前で見ることをオススメします。

物販

ずっと4階のステージエリアにいたので3階の詳細は分からないのですがスリジエの子供組が3階で並行物販を行っていました。

終演後物販の混雑ぶりをみると、もう何組か並行物販させておくか、3階4階で分けるかにしないと完全にキャパをオーバーしている印象でした。

まとめ

プレオープンでいろいろと課題が出てきたんじゃないでしょうか。最初は慣れるまで運営するほうも大変だと思いますが、いいイベントを開催してもらえることを期待しています。

萌えこれ学園とは

萌えこれ学園を簡単に紹介すると現在、先生1人と生徒11人合わせて12人で本気で武道館単独公演を目指しているアイドルグループです。

萌えこれ学園
出典:當銘菜々Twitter(@tome_naana7) 

2018年3月のマイナビBLITZ赤坂での公演で見事動員目標を達成し次回は中野サンプラザでの公演を予定しています。

もともと他現場で一緒だったヲタク仲間に誘われて観に行ったご縁もあって知ったんですが、今年に入って僕自身があまりヲタク活動をする余裕がなかったもので随分久しぶりになってしまいました。期間が空いた分、どういった成長が見られるのか楽しみにしていたライブでもあります。

萌えこれ学園注目メンバー

ステージにメンバー全員が入りきらないこともあって2グループに分かれての登場となりました。今回見たメンバーの中から注目したメンバーをお知らせします。

三浦千鶴

三浦千鶴さんよくなりましたね。3月の赤坂のときもよかったと書いた気がしますが、それは赤坂という舞台だから特別気合いが入っているのかなと思っていました。

最初に初台DOORSで定期公演を見たときにはまだ新メンバー感があったんですよ。それからすでに半年以上経っているとはいえステージ上での顔つきが変わっています。赤坂というハードルを乗り越えるにあたって精神的に大人になったのかもしれません。

ダンスもうまい子で、かっこいい表現は得意だと思います。ルックス的のもかわいい子だと思うので今後も注目していきたい子だなと感じました。

佐々木千咲子

僕のスリジエの推しメンである青葉桃花と撮ってくるあたり分かってますねw

歌唱力に定評がある子という印象があって歌のうまさについては萌えこれのファンであれば誰もがその実力は知るところですが、そこまでうまく歌えるならもっと突き抜けてほしいなと思ったんです。

実際にアイドルの中でも歌がうまい子っていっぱいいるじゃないですか。それこそまねきケチャの藤川千愛であり、放課後プリンセスの舞花なんかは歌い始めた瞬間に聞き入ってしまうほど別格のレベルにあります。

この領域を目指せるアイドルは限られていて努力だけでなく才能によるものが大きいはずです。

佐々木千咲子はその限られたアイドルの一人だと思っていました。

そして久しぶり聞いたら以前よりもさらにうまくなりましたね。

歌い方に迷いがなくなった印象です。激しい楽曲のほうがあまり深く考えすぎず結果的にうまく歌えるタイプかもしれません。

あとちょっと痩せた??

少しだけ細くなってスタイルがよくなった印象ですがどうでしょうか。夏場の体力を消耗する時期なだけにしっかり食べて体調管理だけは気をつけてほしいです。

奥原澄香

後半グループでよく見えたのは奥原澄香さんです。

最初に見たときの印象は、とにかく笑顔に人柄が表れている子だなということです。

きっと性格のいい子で、ファンもそういう彼女を好きになるんだろうなというのが表情がから伝わってきます。ただステージ上でのパフォーマンス面ではけして悪くはないものの特別に強い印象は残っていなかったんです。

しかしこの日は歌唱力やダンスといった技術力というより何か彼女の中で自信が持てる何かがあったんじゃないかなと思えるほど自信を感じたんです。

こういうのをアイドルとしての輝きというのかもしれません。そしてあいかわらずの素敵な笑顔は見ている者の心を掴んで放しません。

當銘菜々

7月15日は當銘菜々さんの誕生日当日だったんですね。お誕生日おめでとうございます。

當銘さんはいい意味で変わらないなぁという印象です。

いつ見ても誰よりも元気にステージ上で踊ってくれます。初めて見たときに「この子がセンターだよね?」と分かったほど明るいエネルギーで萌えこれ学園を引っ張っています。

センターはグループの象徴であると考えている自分としては當銘さんを通して萌えこれを見てしまうので、これだけパワフルなセンターを見せられると萌えこれってすごいなと感心して見ていました。

生誕祭も17日ということで体調を整えて万全にして明日を迎えてほしいですね。

まとめ

いいライブをありがとうございました。
TIFを賭けた戦いも終盤になってきて大変な時期だとは思いますが、残りわずかなのでがんばってくださいね。

職場も初台から近いので定期も行きたいなと思いながら結構時間が経ってしまいました(;^_^A

初台はステージも高くて見やすい場所なのでなんとかタイミングを見てまた行きたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2 件のコメント

  • ブログ、ありがとうございます。
    大変嬉しく、また参考になりました、

    2018/07/15の終演後物販時間において、混雑などで不快な思いをさせてしまい、大変申し訳なく思っております。済みませんでした。

    実はプレオープンの現状で今まで最多の120名様…想定以上に物販スペースが混んでしまい、急遽3Fも解放し対応しよう指示を出しました。
    しかし、体調不良の方が出てしまい3Fで横になっており、パーテーションを使ってもダメだろうなで断念致しました。

    とは言え、できる限り混雑を緩和させようとステージにスリジエ様物販を移動し、各物販テーブルを広く&壁寄りに配置し直し、多少は良くなったかなという状況にまではしました。

    今後ですが、ステージエリアのある4Fの上である5F(一部屋上)に事務所を作っている最中であり、かんせいすれば休養などは事務所で可能になる予定です。
    3Fスペース並びに気象や気候にもよりますが屋上スペースも物販可能エリアになり得ます。

    LIVE中でもあの混みようなのだから、各演者様の物販となるとテーブルが出るし並び列も出てくる=更に混雑する…この読みが甘く、対応が後手に回ってしまった感は否めません。

    またその他にも今後の課題となる点が出て来ました。それらも含め全てが今後への教訓であり活かし解決して行かねば意味がないと思います。
    そしてより一層皆様と共に気持ちよく楽しんで頂ける「からふるBOX」に育てて行きたいと考えております。

    具体的で大変貴重なご意見、ご指摘、叱咤激励に感謝致します。また是非「からふるBOX」にいらして頂き、忌憚のないお話をお聞かせ願えれば幸いです。
    この度はありがとうございました。

    • コメントありがとうございます。

      動員もすごかったですから運営も大変だったと思います。今回いろいろな課題が見えてきたのはプレオープンとしてはよかったのではないでしょうか。

      3階が使えなかった理由はそういうことだったんですね。なぜ使わないのか不思議に思っていました。

      オープン以降もアイドルのライブが数多く見られることを楽しみにしています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。