【2018年7月】Googleアドセンス審査不合格連発から念願の合格通知!審査用ブログの例も公開

Googleアドセンス

2018年5月からアフィリエイトサイトの準備を始めて約2か月半に渡る長い戦いを経てようやく2018年の7月26日にGoogleアドセンス合格の通知をもらうことができました。

長かったぁ~(>_<)

もうGoogleアドセンスなんて一生合格できないんじゃないかと思った時期もあったので喜びも格別でした。現在Googleアドセンス合格に向けてがんばっている方も必ず合格できると信じてがんばってくださいね。

Googleアドセンス不合格を連発から合格通知を得るまでに具体的にどういった点に注意をしたのを含めてお話ししていきます。

審査用ブログ作成の際の注意点

もともと芸能系の記事のトレンドブログから始めようと思っていた自分としてはGoogleアドセンス審査用のブログの書き方を調べていたら「芸能系の記事はNG」と書いてあるサイトが多かったことにショックを受けました。

合格するまで芸能系の記事は書けないのか(´・ω・`)

ちょうどAKB48世界選抜総選挙が1か月後にあったので、AKB48世界選抜総選挙までにはGoogleアドセンスに合格して記事を公開できるようにしたいというのが当初の目標になりました。

最初の段階で審査用ブログ作成で注意した点は以下の通りです。

プライバシーポリシーの設置

プライバシーポリシーについては必須項目として多くの方が言っているのでこれは必須項目として自分のサイトにも作りました。とはいってもプライバシーポリシーの作成はどうやって作ったらいいか分からないと思うのでこちらのサイトを参考にしました。

記事を見ると完全にコピーしてしまう人がいるため記事の作成者の方がアカウント停止処分になってしまったと書いてあります。Googleアドセンスは警告なしに一発退場になるケースがあるので笑えない話です。こちらのサイトを参考にされる方は必ず自分用にカスタマイズして載せるようにしてください。

お問い合わせフォームの設置

お問い合わせフォームは権利関係などで削除の申し出をしたい人がいたときに窓口がないと申し出をすることができません。そのためこれも必須ということで設置しました。Wordpressで作ったのですがお問い合わせフォームやプライバシーポリシーのページは普通の記事として投稿するのではなく固定ページとして投稿しておくのがポイントでしょうか。

お問い合わせフォームの設置にはContact Form 7というプラグインを利用しました。

設置方法はこちらのサイトが分かりやすいと思います。

画像は使わない

これは迷いました。だって合格方法について記載されたサイトを見ても画像はOKと書いているサイトも結構あるんです。もちろん著作権に関係するようなものは絶対に使わないのは当然として、Twitterの埋め込みなら大丈夫とかほんと見解が分かれるところです。

でも迷うようならやめておいたほうがいいのかなと思って一番最初に投稿した段階では画像は使いませんでした。

文字数は1500文字以上

文字数についてもそれぞれ最低文字数に関する記載は違います。最低1000文字以上という人もいれば1500文字は必要という人もいるし、情報量を考えれば3,000文字は必要なんだという人もいます。もう調べれば調べるほど路頭に迷います(;^ω^)

そこで自分が参考にしていたサイトが1200文字といっていたので1200文字を基準として、どうしても書けないものについても1000文字は書くようにしました。できれば1500文字ぐらいあると記事としてはいいなという感覚ですね。

外部リンク内部リンクを貼らない

リンクについてもいろんな情報がありますが特に外部リンクについては貼らないほうが無難だと思います。

毎日更新する

3日に1回は更新するように言っているサイトも多いですが、とにかく早く合格したかったので記事数を増やすことも考えて毎日更新しました。

プロフィール作る

プロフィール欄も必要ということなのでサイドバーにプロフィールを設置。

記事数は10記事以上

10記事以上という人もいれば最低でも30記事は必要という人もいます。ただ自分の場合は参考にしているサイトが10記事以上でも大丈夫と書いてあったのでまずは10記事クリアしたところで申請。どうせ落ちるだろうから徐々に記事数を増やして30記事ぐらいになったらまた更新すればいいかと思ってまずは10記事で投稿しました。

いかがでしょうか。

だいたいどれもGoogleアドセンス関する記事に書いてあることだと思います。審査基準が明確になっていない以上はやれることは全部やっておくの無難かなと思った構成にしました。

さて結果はどうなる?

1回目の不合格通知⇒2回目の申請

約1週間程度するとGoogleアドセンスから不合格の通知がきました。まぁ記事数が足りないってことでしょということであまり不合格も想定の範囲内。ここからは再申請の際に気を付けたことを書いていきます。

再審査には2週間空ける必要があるのか

ここで再審査に申請する際に注意点として書かれているのが2週間ルール。すぐに申請してしまうと自動的に落とされてしまうので2週間は間を空けて申請しなければダメですよと書かれている記事を多数発見。

一方、2週間も空けずにすぐに申請をして合格したという方もいて、いったいどっちやねんていう感じです・・・

ただ2週間空けて、さらに審査結果が出るのに1週間かかるとして目標としていたAKB48世界選抜総選挙までの期間がかなり迫ってしまうことを考えると2週間も待ってられない。これはすぐに申請してみるほうに賭けてみようと思い翌日に申請してみました。

芸能系の記事はNGなのか

審査用ブログに芸能系の記事はNGというの結構見かける内容です。実は合格したらすぐに投稿できるように総選挙感レインの記事はストックが6個ありました。う~ん、審査用ブログではダメと書いてあるけど、実は参考にしているサイトでは芸能系も書いてOKとあって見解は分かれていました。

そこでどっちにしろ時間は限られていると思って芸能系の記事もプラスして記事数を増加させました。

記事数は24個

2回目の申請の際はAKB48世界選抜総選挙の芸能系の記事もプラスして24個なので実際に新規で書いた記事はそれほどなかった記憶があります。30記事がボーダーラインと判断していたので、まだちょっと少ないですが2回目の申請は24個でGO!

2回目の不合格通知⇒3回目の申請

3日ほど経ってまたしても不合格通知が来ました。やっぱり芸能系の記事はダメなのか・・・

そこで芸能系の記事を一度削除して、また無難なお役立ち記事を量産します。ただでさえドメインが弱くてアクセスが集まらないのにこんな記事誰が読むんだ・・と思いながらも審査用ブログなんだからしょうがないですね。

記事数は30個

芸能系の記事を消して25個にしているので新規の記事を増やして投稿。期限のことを考えるとこれがラストチャンスと思って投稿しました。芸能系の記事はないし記事は30記事を超えたし大丈夫でしょ。ということで3回目の申請。

3回目の不合格通知⇒4回目の申請

またしても3日後に不合格通知。30記事を超えたはずなのになんでや・・・

もう何が正解で何が間違いなのか分からなくなってきました。具体的にダメなところを言ってくれたら分かるのにGoogleはダメなところを指摘してくれないのがきついですね。

記事数は62個

もうAKB48世界選抜総選挙には間に合わないことは分かったので焦る気持ちはなくなりました。とにかく合格させてくれ・・・となると問題は2週間空けてないってことですよね。やっぱり2週間空けることは必要ってことか。ということで、ここからは2週間期間を空けて申請することにしました。

その間もドメインを強くするためにはアクセス数と記事のボリュームが必要となるのでほぼ毎日更新。2週間の期間があったのですでに記事数は62個になっていました。30がボーダーと思っていたところに62ですから記事ボリュームについては問題ないはずです。

画像をつけてみた

画像はダメというサイトを遵守してきたわけですが、むしろ画像を使った方が見やすいから画像はフリー画像であれば使っていくべきという内容を見てアイキャッチ画像を挿入。芸能系の記事に関しては直接貼るのではなく埋め込みで使うようにしました。

4回目の不合格通知⇒5回目の申請

ぴったり2週間の期間を取って再申請したところ申請から2時間で不合格通知が( ;∀;)

絶対に審査してないだろっていう早さに泣きました。

どうやら2週間ぴったりだと機械的に落とされている可能性があると見て、今度は18日の間を空けて再申請。

記事数は92個

もう92個ですよ。不合格のまま100超えそう・・・

5回目の不合格通知⇒6回目の申請

そして十分な間を空けて再申請したにも関わらず申請後2時間で不合格。

もう分からん。まったく分からん(# ゚Д゚)

何をどうしたらええねん。

これはもうこのサイトでいくらやっても機械的に落とされるなと判断して、審査用のブログを新規で立ち上げ直すことにしました。

有料ドメインを取得してSeesaaブログで新規立ち上げ直し。ここまできて振り出しってせつなすぎる。

合格した審査用ブログを調査

審査用ブログは役に立つブログを推奨していますが、いったい役に立つブログとはなんやねん。ということで具体的に審査用ブログで合格したサイトを調べてみるとこちらのサイトが見つかりました。

グルメサイトですね。なるほどグルメサイトって無難な感じがします。なによりGoogleがおすすめする特化サイトでもあります。そこで自分もグルメサイトを作ってみました。記事数を10記事にして投稿。設定方法も参考にしたサイトの通りに設定して6回目の申請。

念願の合格通知

申請してからもほぼ毎日更新を続けました。何より申請してから結果が来るまでに時間がかかっていることが逆にちゃんと見てくれている感じがして安心しました。

そして審査用ブログを作ったことでWordpressのブログのほうが好きなように書けるようになったことも精神的に落ち着く要因でした。

忍者アドマックス

審査用ブログを別に作ったことでWordpressにも広告が貼れることに気づきます。それが忍者アドマックス。

Googleアドセンスと違い単価こそ低いものの審査なく始められるのが魅力でした。なんせWordpressの記事数は審査用ブログの審査結果を待っているうちに100を超えてしまったので、100記事に広告を貼っておくだけでも価値はあると思いました。

合格通知

Googleアドセンス
審査用ブログを10記事で投稿して、記事数が17記事になったところで念願の合格通知が来ましたー!!いやーほんとうれしかったです(*^▽^*)

サイトを立ち上げてから2か月半、Googleアドセンスに挑戦してから2か月の戦いの末ようやくの合格通知でした。

まとめ

最終的に見ると最初から芸能系の記事を書かなければよかったとか、審査用ブログは別にしておけばよかったとか思うところはありますが、これも結果論ていうことです。

この記事をお読みいただいている方でとにかく早く合格したい方は審査用ブログを別に作って特化ブログを作ることをおすすめします。ただアドセンスの審査は複数アカウントで同時申請することはできないので一回の審査は1つのブログずつということになります。1つのサイトで2週間も待っている暇があるならもう1つのブログで記事を追加して再度申請してしまうのも手ですね。

Googleアドセンスの審査は明確な基準がないため解説サイトでもそれぞれの合格体験に基づいて違うことを言っています。当然自分も正解は分かりませんが、参考にさせていただいたブログと今回合格をもらったサイトを参考にしてマネしてみるのも合格の近道になると思いますよ。

諦めなければ合格できることが分かったので現在審査中の方も諦めずにがんばってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

心屋認定心理カウンセラーのハヤケンです。 アイドルの心理を研究しているうちに心理カウンセラーになってしまいました。現在はアイドルの記事を中心にブログを書いています。 執筆の依頼はお問い合わせフォームからお願いします。